無料ブログはココログ

競艇ネット投票会員申し込み

2007年3月12日 (月)

日本競艇の魅力 再発見 2007ネット競艇日記(3/12)

自分が日頃ギャンブルとして、楽しんでいる競艇。

世界に類を見ない我が国固有のギャンブルスポーツと言われている競艇。

それはまさに水上のプロアスリートとしての競艇選手達の、スポーツ頭脳に支えられた技と度胸と一瞬の判断力が織り成す水上の格闘技。

その素晴らしさを再発見してみたいと思います。

--------------------------------

その為にはまずアマチュアを含めた世界のモーターボートレースの構造を見ておくことが必要と考えます。既にご存知の方も多いとは思いますがもう一度復習しておきたいと思います。

◎世界のモーターボートレース統括機関

世界の上部機関として、国連のユニセフに属する国際モーターボート連盟(UIM)があります。

その下に各国の代表機関が位置します。

我が国の場合財団法人マリンスポーツ財団(MSF)が日本代表機関であり、その下部機関の各マリンスポーツ連盟等と共に、レースイベントや各種マリンスポーツ事業を運営されているという構造になっています。(注 プロのギャンブルスポーツ・競艇は独自の存在)

◎レーシングボートの艇体

①ハイドロプレーン 舟底がフラットなのが特徴で、主に湖や河川など水面が穏やかな場所でのレースにむいている艇体といえます。

②カタマラン(双胴艇) 艇体が双胴であることにより、ハイドロプレーンよりも耐波性・旋回性能に優れているといえます。ただ底の構造により水面の指向性は異なります。

③ランナバウト 舟底がV字型。いわゆる艦船に普通に採用されている底の構造を持った艇体です。海を征服しようという、人類の英知が生んだ艇体だけに水面の状態に左右されにくく、当然外洋レースもこなせることになります。

④オフショア 大型のレース艇で、艇体としては双胴のカタマランタイプとランナバウトタイプに大別できます。主に風波のある外洋レース向きの艇体であるといえます。

◎スタート方式

①ジェッティスタート スタートピットからスタート合図(レッドからグリーンへ、スタートランプの点灯が移る)を見て一斉にスタートする方式。

②ローリングスタート 待機水面に集まったレースボートをベースボートがスタートラインへ誘導。スタートフラッグの合図で一斉にスタート。

◎レースコース

①サーキットレース 

1周1500mのサーキットコースを使用。規定された周回数を走りゴール順位を競う。日本国内で最大のフォーミュラークラスF3000クラスの場合30周前後を周回する(但し会場により異なる。)

②耐久レース

サーキットコースを使用。規定された時間内(30分以上)に走行した周回数を競う。オフショアクラスやVクラスでは外洋に出るラフなコースが設定される事が多い。オフショアクラスでは1周10Km前後のコースを45分から60分走行して周回数を競うのがスタンダード。

③スピードトライアルレース

1Kmの直線コースを1艇ずつ走行。タイムを計測して速度を競います。

---------------------------------

ここで日本のアマチュアパワーボートレースの映像を見てみましょう。色々探してみたのですが、まとまった映像としては財団法人マリンスポーツ財団の公式サイト(左下・競技会・パワーボートレース)から見てください。迫力ある映像が見れます。あと茨城県潮来市の観光案内サイト道の駅 いたこにUPされているパワーボートイベントの模様はこちら。毎年やってるのかな。潮来に行くことがあったら是非見たいっすね。

---------------------------------

こうした世界の様々なアマチュアモーターボートレースの魅力もさることながら、世界のモーターボートレースの中で競艇を見直してみると、

①基準タイムまでの1秒以内にスタートラインを通過しなければならない、フライングスタート方式という極めて特異な難易度の高いスタート方式が採用されている事(モータースポーツの1部では採用)。

②1周600mという極めて直線距離の短いコースで行われているため旋回技術・能力・旋回スピード・旋回後の艇の取り回しが極めて重要なポイントを占める。

③コースそのものが、人工的に区切られているため、極めて狭い水域でレースがとり行われる。勝負を分ける旋回はターンマーク付近の狭い空間に6艇が殺到する。そこで他艇との激突を避けながら、自艇に有利なコースを1瞬で選択し、艇を向けなければならない。

④使用するモーターや艇は抽選で決められ、各競艇場の整備士の支援はあるものの、その整備や調整は限定された条件の中で、基本的に選手自身で行なわなければならない。F1のように優秀なスタッフが自分だけの為に支援をしてくれる訳ではない。

また持ちペラ制度の下、ペラの開拓選定が興味を高める。

⑤完全な静水面ではない競艇場で、ハイドロプレーンという底がフラットで極めて制御しにくい艇体をMAX約時速80Kmで操りながら、アットいう間にやってくるターンマークに対処しつつ、勝負を争わなければならない。江戸川競艇場などは完全な自然水面といっても過言ではない訳で、そこでハイドロプレーンを操る技術は極めて高度なものが要求されている。

こうして見てくると、競艇選手はプロの整備士の能力と水上のプロアスリートとしての能力の同時並存という特殊な能力を要求されているわけで、世界のモーターボートレーサーを代表する存在だといえると思います。

選手がそうした能力を厳しいルールの下で、スタートそしてターンマークの1瞬の攻防に賭ける日本の競艇

これはある意味武道の心を失わない技術立国日本を代表する、そして世界に一つしかない特徴を持った、水上のモータースポーツであると言っても過言ではないと思います。

また2003年以降だけでも故木村厚子選手・故中島康孝選手・故坂谷真史選手と、3名の尊い殉職者を出している競艇。

選手も真剣である以上、少なくとも競艇を愛するファンの一人である自分は競艇選手に敬意を表し、真剣に競艇を楽しみたいと思います。

競艇は当たった・外れたで楽しむのは本当にもったいない。

選手の心理や作戦を推理し、好きな選手の成長や挑戦を応援しながら、お金を賭けてディープにドラマを楽しめる、我が国固有の敬愛すべきギャンブルスポーツだと思います。

もっと深く競艇を楽しみたいですね。

---------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

すんません。応援お願いします。下の青いのポチッとお願いします。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine

2007年2月15日 (木)

私を競艇場に連れてって の巻き 競艇ブログ 2007年ネット競艇日記

私を競艇場に連れてって。の巻き

-------------------------------

「ねぇ今日どこ遊びにいく?ワタシラの行くところ最近ちょっとマンネリ化してない?」

「おぉそやなぁ。たまにはモータースポーツでも見に行くか。」

「わぁ。あんたモータスポーツなんか興味あったん?何?何?何?おもしろそう。楽しそぉ。」

「あたぼーよ。男の子はみんなモータースポーツ興味あるに決まってまんがね。よっしゃ水上のモータースポーツThe 競艇でも行くか?○×競艇場へいこう。」

「うん。行くいく。私を競艇場へ連れてってー。」

「おっしゃぁ。」

--------------------------------

競艇なんか・おっさんの博打・やと思ってるそこの君ぃ。

競艇は水上のモータースポーツ。水上のF1や。遅れとるぞ君ぃ。

世界中で水上のモータースポーツに注目してるカップル多いの君知らんなぁぁ。YOU TUBEにUPされてるけど、スエーデンや&もちUSでも注目されてるみたいやで。

そして我が日本国は水上のF1先進国や。日本は武士道の国。確かにパワー任せのレースはしていない。しかし同じ土俵の上で技と度胸とスポーツ頭脳に支えられたレースを見せてくれる。君の家の近くにもあるやろ競艇コロシアム。

USみたいに湖岸の野ッ原で見ないで済むように設備バッチリ整えて出迎えてくれる訳よ。水上のモータースポーツをこんな整った環境で観戦できるの、わが国が一番やと思う。近くにない人はネットで全国好きな競艇場へ行けるしね。

デートするなら競艇場。食事するなら競艇場。二人でエキサイトするなら競艇場や。自宅で二人でネット競艇もええやん。

-------------------------------

競艇なんか興味なかった君ぃぃ。可愛いい彼女に「私を競艇場へ連れてって」と言われた時の対応策としてこれ見とこ。

戸田競艇場さんがオフィシャルページの初心者コーナーでUP続けてくれてる、競艇ウェブバラエティムービー。初めての方には必見やよ。「私を競艇場へ連れてって」という題かどうかは知らんけど。

-------------------------------

次に二人でデートする場合の予算もシュミレーションしとこ。 

入場料 2人で200円

投資予算 2人で3600円

昼食&飲み物予算 2人で2000円もありゃ十分。

計5800円

二人で映画見るとすると約3600円やろ。で楽しめるのは約1時間45分から2時間。競艇の場合欲さえかかへんかったら、これで12レース十分楽しめる。1Rから始めると時間にして約6時間楽しめちゃう。キラキラ光る水面みながらエンジンの爆音聞き、キャーキャー騒いで楽しめる。費用対効果は最高レベルやね。

-------------------------------

しかもしかも高配当がゲット出来れば、夜は高級レストランでグルメ三昧かぁぁ?

あんまり大きな声では言えんけど、高配当GETする1番ええ方法はやな。

君の彼女がメッチヤ可愛い子やとするやん。

その子に2マークの所で、オッズ上人気のない男性選手に向かって、展示の時から叫んでもらう訳よ。「○△さーん。がんばってぇえ。いつも応援してまーぁす。」みたいに。(注 これ競馬やったら通用せえへん攻略法やからね。相手お馬さんやし。)

言うとくけど君は隠れとかなあかんよ。(後ろから背後霊みたいに顔出したり、横から肩に手をかけたりは厳禁やで。)

で○△選手と彼女。目と目があったりなんかすると、やっぱ選手もやる気倍増。やるしかねぇやろ。で思わぬ高配当が、みたいな可能性も出てくる。

人気ない選手が女性選手の場合はやな。君の出番や。君のイケメンを最大限活用する訳やな。「○○さぁーん。君のレースが見たくて今日も来たよ。がんばってぇ。」(注 相手はフルフェイスのメット被ってるから大きな声で頼むな。)

とファンも選手のモチベーション高める戦略を駆使して楽しむわけや。

この攻略法は人間くさいけど、結構利くのでバカにせんように。

----------------------------------

しかも最初から投資3600円の限定予算で楽しんじゃえば何のリスクもなく楽しめる。

今すぐそこにある水上のモータースポーツ。君の演出次第で興奮と感動を呼ぶ水上のF1。最高のデートスポットじゃんか。行かない手はないよね。

今度の休みは彼女と一緒にLET‘S GO TO KYOTEIや。

競艇場で待ってるね。

(誰が待ってんねん??? 愛と希望が待っとる訳よ。)

--------------------------------

お手数をおかけしますが、上記攻略法が利くかもしれないと思う方は下の青いのをポチットお願いします。

また「そんな攻略法利くわけないやろ。バカかこいつは。」と思われる方も下の青いのポチッとお願いいたします。すんませんです。

■Art.Kaede~フリー素材■

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine

2007年2月14日 (水)

競艇ブログ 2007ネット競艇日記 日本競艇頑張れ

やっぱボートレース好きなファンは世界中におるね。これからちょっと僕のヒーローのレースの合間に世界のボートレース事情を調べてみようと思います。

いつか世界競艇選手権なんか開かれたらメッチャ面白いで。

2×××年

モントリオール国際ボートレース場

世界中のファンが注目する中、賞金1000万ドルをかけた決勝戦。6名の選ばれし戦士が登場いたします。

1号艇は水上の武士道・日本の競艇を代表して日本競艇賞金王・峰竜太選手。モーターはSUZUKI360。ペラは三菱重工業。

2号艇はアメリカンボートレース代表 JJウイットモア選手。モーターはHONDA360。ペラはレイセオン。

3号艇は-------みたいにね。

競輪がオリンピック種目になってるんやから日本競艇の国際化(韓国では既にやってるけど)も夢やないと思う。そしたら世界中のボートレースファンのマネーが集まるかも。

--------------------------------

ここで競艇ファンとして一言、言いたいことがあります。競艇を愛する競艇ファンには発言権があるはずや。

最近の競艇場、お客さんを増やさんと色んなイベントやっておられる。

お笑いタレント呼んだり、アイドルの可愛い子ちゃん呼んだり。

それはそれでいいと思う。しかし主従で考えるとそういう試みはあくまで従のはずや。では翻って主であるはずの競艇・ボートレースの魅力を引き出し、迫力を伝える努力を積極的にされているのだろうか??

生の迫力や緊張を伝える最大の武器は映像のはず。ところが今の競艇放送のライブ映像って、順位や着順を伝えるためのインフォメーション映像になってるような気がする。

これは競艇場に行っても同じだと思う。お客さんは競艇場を走り回って見てるわけじゃないので、広い水面を見てる位置は同じ。マルチ画面では基本的に斜め上からの映像しか写さない。目の前の1マークや2マークの攻防は迫力満点なのにね。

例えて言うなら松井対松坂の対決を100m上空からずっと撮り続けてるようなもんではないでしょうか。野球をもしこんな撮り方してたら誰も魅力を感じないようになると思う。

しかし競艇もCMでは迫力ある映像を録ってる訳で、まさに取り組み方の問題のはず。

毎日全レースをライブで放送してるのに、こんな撮り方してたら勿体ないと思います。

「競艇ってこんな迫力あるんや。F1みたいでおもしろいやん。バイクレースよりおもしろいやん。」「しかもギャンブルとしても楽しいやん。」

見てる人にこのように思ってもらわないとファンは増えていかないのではないでしょうか。

一般戦でも平和島競艇場さんのように、勝利者インタビューくらいは見せて欲しい。選手に対しすごく親しみがわく。

確かに技術的にあるいは編集上も難しい課題だし、賭けの結果を一早く知りたいというもう一つのニーズもあり調整が難しいのは理解できます。

しかしもっとアップ映像や水平方向からの映像を多用して欲しい。スタート6艇が前方から突進してくる映像は絶対映すべきだと思います。

競艇はモータースポーツ。水上の格闘技。そして対戦相手に対しマナーを守らねばならない水上の武士道なんだから。

それ本来が持っている魅力そのものをもっと伝えて欲しい。

まずモータースポーツとしての魅力を伝えることに努力を傾注して欲しいと思います。

ここでYOU TUBEにUPされてたボートレースはスポーツやっちゅう映像を見てください。

F1レースカーVSバイクVSパワーボートの対決。場所はロンドンシティ空港。サポートするのはHONDAの技術陣。少し長いけど迫力ある映像を見てみて。

--------------------------------

競艇を愛する僕は、競艇はモータースポーツやと思います。だからこそギャンブルとしての魅力もある。

同じように思う競艇ファンの皆様、競艇に少しでも興味ある皆様もお手数ですが、下の青いのをポチッとお願いします。

■Art.Kaede~フリー素材■

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine