無料ブログはココログ

競艇ネット投票会員申し込み

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

浜名湖 福島勇樹選手Vol-4(7.31)

浜名湖競艇場 福島テレビピーチアタック 第4日

3日終了で得点率8.33(第5位)。

優出ボーダー8.00想定で、今日2走14点が必要な福島勇樹選手。優出まであと一押し。

8R 予 選  電話投票締切予定14:39

1 4083福島勇樹27茨城52A1 261122      12
2 3052原田正己44徳島52B1 2 S66        3
3 2905尾崎和彦53奈良57B1 6 364        3
4 3121占部彰二45福岡50A1 5 3236       5
5 3496赤坂  等39群馬52B1 2 4611      12
6 3256三角哲男40千葉51A1 133112      11

進入は125・643

スリット覗いて揺さぶりをかけたのは5号艇赤坂等選手。1号艇福島選手は差しにくる5号艇を牽制しながらの先マイに出ます。しかしその瞬間6号艇三角哲男選手の捲くり差しが、向き直った福島選手の内を抉ります。

この捲くり差しが決まり、三角選手が福島選手を抑え先頭に踊り出ます。バック中間で6-1体制。

3番手争いは混戦ムードもホーム直線で、4号艇占部彰二選手がリードを奪います。

結果 3連単 6-1-4 38.1倍 2連単 6-1 11.1倍

My choice ここは1-6か6-1が超高確率のレース。で4・5付けの4点張り、モバイル投票でゲット。福島選手には悪いけど、予算を分散し裏も買っときました。

12R 予選記者選抜  電話投票締切予定16:42

1 1485加藤峻二65埼玉51A1 213334       4
2 3496赤坂  等39群馬52B1 2 4611       8
3 4069山本修一27岡山53A2 33221        9
4 4095福来  剛26東京51A1 332426       6
5 3858織田  猛34佐賀54A2 312 13       7
6 4083福島勇樹27茨城52A1 261122       8

1走目2着に終わり、ここは3着条件か。

展示では枠なり。3対3。

しかし本番福島選手がスーパーピット離れから2コース奪取。進入は1632・45。

レースはインの加藤峻二選手がコンマ26と遅れながら、ターンマークを先マイ。

しかし無理な体勢からの先マイを、19スタートから間髪を入れず福島選手が差して攻め、一気に差し抜け先頭に踊り出ます。

2番手は内から2番差しで伸ばす3号艇山本修一選手。バック中間で6-3体制。3番手は先マイ流れながらも踏みとどまった1号艇加藤選手が取り切り。

結果 3連単 6-3-1 71.4倍 2連単 6-3 36.5倍

やってまいました。モバイル3-6ー1・4の2点に絞りながら裏買わず。痛い痛すぎる。でもここは福島選手のスーパーピット離れを予測できなかった自分が悪かった。

しかしこのレース、強烈なピット離れから2コース差しきっての1着優出。お見事でありました。現時点では確定得点がわからんけど、今日の2着1着でひょつとして2番手で優出したかも。

浜名湖競艇場 福島テレビピーチアタック 最終日

全体の出走予定はこちら

福島選手は予選最終レースの炎の1着で、得点率2位で優出。久しぶりの優勝へ向けあと1走。立ちはだかるのは、得点率トップの1号艇三角哲男選手。

12R 優勝戦  電話投票締切予定16:42

1 3256三角哲男40千葉51A1 7.44 13311211      
2 4083福島勇樹27茨城52A1 6.71 26112221      
3 3853岩崎正哉34福岡55A1 7.49 32221115      
4 3572安田政彦35兵庫51A1 7.47 24511122      
5 2372石川正美58愛知50A2 5.91 11143151      
6 3409三好  一38福井54A2 5.80 2 222215

この優勝戦は1号艇三角選手が圧倒的な人気を集めるよな。

でも今日の炎の1着に見られる福島選手の優勝を目指す執念に賭けてみる。

勝てるチャンスは、外から1号艇三角選手に襲い掛かってくる攻防の隙に差しきる、というシナリオが確率高そう。

今日の12Rで再学習したけども、このレースでは3着絞れんし、8点も買うのはイヤなアホなんでこのレースは裏無しで。

2-1流し4点モバイル投票(予算は1点15枚から5枚で調整し、気配見ながら40枚を配分)。

明日のレース。福島選手が最近あと一歩届かない優勝戦での壁を突き破れるか大注目であります。あと1走。燃えろ!福島勇樹選手。

--------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

浜名湖競艇場オフィシャルページはこちら

浜名湖 佐藤旭選手Vol-4(7.31)

浜名湖競艇場 福島テレビピーチアタック 第4日(予選最終日)

得点率制の今節浜名湖。

全コース対応型・戦闘機にリニューアル中の佐藤選手。今節は内からのレースにも果敢にトライし結果を出している。

3日目終了で得点率16位。優出は無理だけど、選抜戦に登場できるように今日も積極的なレースを展開して欲しい。

4R 予 選  電話投票締切予定12:41

1 4265村上祐次22神奈54B1 544 14       
2 4273佐藤  旭25静岡50B1 6 4124      10
3 2910片山  晃51岡山50A2 324 32       7
4 2500富田  章56福岡52A2 15444        9
5 4023柴田友和29福岡51B1 422 S1       
6 1485加藤峻二65埼玉51A1 213334      12

進入は1236・45

レースはスタート30と後手を踏んだ1号艇村上祐次選手に対して、佐藤選手が捲くり、6号艇加藤峻二選手が捲くり差しで攻め込む。

しかし佐藤選手の2コース捲くりはハンドル甘く(ゴメンナ)、4コースから鋭く捲くり差しハンドルを入れた6号艇加藤選手がバック中間で艇団をリード。

佐藤選手はスタートで加藤選手にチョイ先行され、また1マークでハンドル負けしたものの、2番手位置はきちんと確保。6-2態勢が有利に。

3番手争いは1マーク内から差し込んだ5号艇柴田友和選手が、3号艇片山晃選手を2周1マークで振り切りリードを広げます。

結果 3連単 6-2-5 44.8倍 2連単 6-2 11.6倍

My choice 2連単 2-6 10ポイント前売り投票。マイナス10(残310.4ポイント)

ここは3日目の安田政彦選手との対戦のVTRを見ているようだった。内水域から捲くったときのハンドルの鋭さを身に付けていく過程なんやろね。でも両レースとも外へ流れるのは極力防ぎ、2番手位置は確実に確保した。

10R 予選特賞  電話投票締切予定15:40

1 2372石川正美58愛知50A2 111431       6
2 3853岩崎正哉34福岡55A1 322211       7
3 3866木山誠一32岡山54A2 14343        1
4 2785水野  要52兵庫53A1 26512        5
5 4273佐藤  旭25静岡50B1 6 4124       4
6 3069長谷川清46愛知57B1 5 564        2

このレースでは、佐藤選手に対する予想の大勢は×印or無印。外からの飛び道具炸裂させて連に絡み予想を覆せるか。ここが魅力の佐藤選手。

でもこれからは何処からでも、何でも出来る魅力を発揮するはず。

進入は123・456

レースはインの石川正美選手がターンマークを先マイ。差しに出た2号艇岩崎正哉選手は向き直った直後にキャピり気味。佐藤選手はスタート遅れるも、ひるむことなく2号艇の内に捲くり差し。この捲くり差しは引き波の翻弄にも負けず逃げる石川選手を追う好位置に出ます。

ホーム水面では外に佐藤、中に水野、内に木山の3艇が艇を並べる激しい2着争いが展開。

2周1マーク佐藤選手は外から躊躇なく強ツケマイに出て僅差でリードを奪い、2周2マーク手前直線では、激しく後を追う歴戦の水野・木山両選手を締め込み2マーク先に回る事に成功しリードを広げます。2周ホームで1-5体制。

3番手争いは3周1マーク先に回る4号艇水野選手を、3号艇木山選手が強ツケマイを放ち沈めます。

結果 3連単 1-5-3 178.8倍 2連単 1-5 32.9倍

My choice 前売りパス。モバイルではメッチヤありがとうっす。

このレースは脅威の58歳石川正美選手の逃げきりも凄みがあった。また2・3着争いもホント面白かった。浜名湖解説の柴田稔さんも佐藤旭選手の成長を賞賛。

スタート遅れながらひるまず捲くり差し。2周1マークの強ツケマイ。2周バックでのうまい締め込み。何でも出来る佐藤旭選手の前に歴戦のツワモノもたじたじのレースとなりました。

こういうレースがどんどん展開されたら、いやでも競艇一般戦の人気は上がってくるはず。

リニューアルしながら結果を出せている佐藤選手。今期まだ1着が少ないけど(42走3本)、必ずバシバシ頭取れる日が来る事を信じて頑張れ佐藤選手。

浜名湖競艇場 福島テレビピーチアタック 最終日

全体の出走予定はこちら

優出はならなかったけど、今日の2着2本で見事選抜戦に選出された佐藤選手。

最終日は2走。第4R3号艇・第11R選抜戦4号艇の配分です。

4R 一般戦  電話投票締切予定12:41

1 4122安東幸治25福岡54B1 5.03 1 452433    10
2 4006小野勇作29佐賀50A2 5.93 1 66363      7
3 4273佐藤  旭25静岡50B1 4.89 6 412422    11
4 3496赤坂  等39群馬52B1 4.63 2 461154    10
5 2500富田  章56福岡52A2 6.08 15444 53     8
6 2785水野  要52兵庫53A1 6.14 26512 14     8

11R 選抜戦  電話投票締切予定16:11

1 3107平岡重典43大阪52A1 6.34 34132 14     7
2 3866木山誠一32岡山54A2 6.13 14343 23     6
3 1485加藤峻二65埼玉51A1 6.03 21333413     8
4 4273佐藤  旭25静岡50B1 4.89 6 412422     4
5 2910片山  晃51岡山50A2 5.46 324 3244     7
6 3524小林大輔38神奈49B1 4.49 26133 46     6

明日は11R選抜戦に前売り投票。

明日こそ今期4勝目を挙げて今節を気持ちよく締めくくって欲しい。

今日の強ツケマイの入り具合見てたら、1マークも強ツケマイ攻撃でいけばええやんと思う単純な発想でいってみよ。

強ツケマイが決まると勝手に仮定すると、1号艇は沈む可能性が大。それなら木山選手には生き残ってもらって4-2-3 4-2-5 に各5ポイント前売り投票。(残300.4ポイント)。

今節はポイント制で厳しかったけど、選抜戦に選ばれたということは準優進出なみの成績は残せたということやと思う。コース取りや戦法も含めて、自己への挑戦を続ける佐藤旭選手。今後の成長に注目であります。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

浜名湖競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月30日 (月)

浜名湖 福島勇樹選手 第3日(7.30)

浜名湖競艇場 福島テレビピーチアタック 第3日

今節初日ドリーム戦1号艇に指名された福島勇樹選手。初日はドリームで加藤峻二選手に捲くられ6着に沈む悔しい結果。

しかし2日目は目の覚めるような捲くり差し2発で連勝し、初日ドリームの憂さを晴らしました。今節は5日間の得点制、この連勝で福島選手は第3位につけ優出へ前進。

福島選手の2日目までの戦績

初日

○第5R2号艇 進入6コース 2着 (ST25) 

レース結果はこちら

○第12R1号艇 進入1コース 6着 (ST17) 

レース結果はこちら

第2日

○第4R3号艇 進入3コース 1着 (ST10) 捲くり差し

レース結果はこちら

○第10R4号艇 進入6コース 1着 (ST13) 捲くり差し

レース結果はこちら

------------------------

第3日

1R 予 選  電話投票締切予定11:24 進入固定

1 2736三根恵助55佐賀54B1 245          8
2 3588新藤哲三34静岡56A2 5515         
3 3425中谷有希40東京53B1 445          9
4 3858織田  猛34佐賀54A2 312         12
5 4083福島勇樹27茨城52A1 2611         9
6 4310横家翔一23岐阜54B1 365          5

レースは4コースからコンマ12トップスタートの織田猛選手が、内3艇のスタート後手を確実に捉え、捲くり一発で片をつけます。福島選手は織田選手の外を2段捲くり気味に攻め、2番手追走安全圏。3番手は内から残した2号艇新藤哲三選手。バック後半で4-5-2の体制が優位になりそのままゴール。

結果 3連単 4-5-2 9.9倍 2連単 4-5 2.7倍

このレースは人気3者で決着。福島選手も優出へ向けて、手堅くポイントを上積み。

9R 予 選  電話投票締切予定15:09

1 4069山本修一27岡山53A2 3322         
2 4083福島勇樹27茨城52A1 2611         1
3 2500富田  章56福岡52A2 1544         
4 2851米田順一54大阪53B1 356          3
5 3425中谷有希40東京53B1 445          1
6 2372石川正美58愛知50A2 1114        12

進入は126・345

スタートはイン山本修一選手が09トップスタートからターンマークを先マイ。6号艇石川正美選手が捲くり、2号艇福島勇樹選手が差しで攻め込みますが、攻めきれず1号艇山本選手がイン戦押しきり態勢。2番手は差した2号艇福島選手がリード。3番手は石川選手が取りきり1-2-6体制のまま決着。

結果 3連単 1-2-6 5.1倍 2連単 1-2 2.6倍

ここも人気3者で決着。福島選手もここは無理な攻めを選択せず、差して2番手を確保し、着実にポイントUPを図ったレースとなりました。

これで3日終了で、2・6・1・1・2・2着。得点率は8.33で5位。優出へ向けてあと一踏ん張りが必要です。

----------------------------

浜名湖競艇場 福島テレビピーチアタック 第4日(予選最終日)

全体の出走予定はこちら

----------------------------

福島選手は第8R1号艇第12R6号艇の配分。

8R 予 選  電話投票締切予定14:39

1 4083福島勇樹27茨城52A1 261122      12
2 3052原田正己44徳島52B1 2 S66        3
3 2905尾崎和彦53奈良57B1 6 364        3
4 3121占部彰二45福岡50A1 5 3236       5
5 3496赤坂  等39群馬52B1 2 4611      12
6 3256三角哲男40千葉51A1 133112      11

12R 予選記者選抜  電話投票締切予定16:42

1 1485加藤峻二65埼玉51A1 213334       4
2 3496赤坂  等39群馬52B1 2 4611       8
3 4069山本修一27岡山53A2 33221        9
4 4095福来  剛26東京51A1 332426       6
5 3858織田  猛34佐賀54A2 312 13       7
6 4083福島勇樹27茨城52A1 261122       8

明日は第8Rですね。ここでイン戦押し切らないと予選突破は流動的になってしまう。福島選手が頭取ると決め込むと投票目はやっぱ1-6やな。

1-6-5 1-6-4 へドカッっといってみるかな。

福島選手明日は第8Rはきっちり逃げて、第12Rは展開をつく捲くり差しで予選上位突破を目指してください。

-----------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

浜名湖競艇場オフィシャルページはこちら

浜名湖 佐藤旭選手 第3日(7・30)

浜名湖競艇場 福島テレビピーチアタック 第3日

ここまで2日間の佐藤旭選手の戦いぶりを振り返っておきます。今節は5日間得点制。厳しい優出システムのシリーズで、佐藤選手がどこまで進出できるか注目です。

初日 

○ 第5R3号艇 6着 進入3コース(ST37)

レース結果lはこちら

第2日 

○ 第1R進入固定6号艇 4着 (ST38)

レース結果はこちら

○ 第5R1号艇 1着 進入2コース (ST07)

レース結果はこちら。このレース結局インを5号艇に奪われるも、差して1着奪取。このレースは、いわゆる専門家筋の予想では、佐藤選手は1号艇配分ながら無印。

しかしスタート負けせず07発進から根性で差しきって、地元ファンの期待を裏切らなかった。

第3日

4R 予 選  電話投票締切予定12:41

1 4006小野勇作29佐賀50A2 1 66         8
2 4273佐藤  旭25静岡50B1 6 41        12
3 2190岩下太男60佐賀50B1 1 45         
4 2198森  實  59徳島51B1 661         10
5 2905尾崎和彦53奈良57B1 6 36         
6 3572安田政彦35兵庫51A1 2451        10

浜名湖実況アナに「アウト一辺倒からオールマイティに」と紹介された佐藤旭選手。そうなのだ。内を克服していくことがA級への近道。華麗なる変身を目指して頑張って欲しい。

進入は123・645

レースはスタート31と遅れた1号艇小野勇作選手を、2号艇佐藤選手が捲くり、6号艇安田政彦選手が捲くり差しで攻める1マーク。この攻めは6号艇安田選手の、捲くり差しハンドルが勝りバック中間で先頭へ。佐藤選手も捲くりは外へ流れるも、安田選手を追う2番手に喰いつくことに成功。

2マークも2番手位置を守りきりホーム直線で6-2-1体制。

結果 3連単 6-2-1 10.2倍 2連単 6-2 5.4倍

ここは人気の3者で決着。佐藤選手も小野選手を押さえこんで2着奪取。ええ感じになってきたやん。

12R 予選記者選抜  電話投票締切予定16:42

1 2372石川正美58愛知50A2 1114         9
2 3577向所浩二34兵庫52A1 1536         7
3 3858織田  猛34佐賀54A2 312          1
4 4273佐藤  旭25静岡50B1 6 41         4
5 3121占部彰二45福岡50A1 5 32         6
6 3409三好  一38福井54A2 2 22         5

今節は得点率制。上位選手も緊張感溢れる勝負をしてくるはず。佐藤選手が、ここで3連単に絡めるようになると、相撲でいう地力が高上しつつあると見ていいのでしょう。

進入は1234・56

佐藤選手はカドを選択せず、スローの4コース。差しに狙いを絞ったのか。

レースはインの石川正美選手がスタート後手を踏むも、ベテランの円熟の技でターンマーク先まいからイン戦押しきり。後続は捲くり差した6号艇三好一選手。僅差で内3号艇織田猛選手・外2号艇向所浩二選手。

2マークで3号艇を先に回して差しきった6号艇三好選手が2番手リード。3番手は3号艇織田選手がリードを広げホーム直線で1-6-3の体制。

佐藤選手は1マーク差しにいくも、引き波の上をすべるように外へ流れ5番手位置。3周バックでは機力に悩む向所選手を捉え、3周2マークで逆転4着に入るのが精一杯。

結果 3連単 1-6-3 36.1倍 2連単 1-6 18.4倍

これで6・4・1・2・4着。予選突破は厳しい情勢だが明日のレースも華麗なる変身目指してベストを尽くして欲しい。

--------------------------

浜名湖競艇場 福島テレビピーチアタック 第4日

全体の出走予定はこちら

--------------------------

佐藤選手は第4R2号艇・第10R5号艇の配分。

4R 予 選  電話投票締切予定12:41

1 4265村上祐次22神奈54B1 544 14       
2 4273佐藤  旭25静岡50B1 6 4124      10
3 2910片山  晃51岡山50A2 324 32       7
4 2500富田  章56福岡52A2 15444        9
5 4023柴田友和29福岡51B1 422 S1       
6 1485加藤峻二65埼玉51A1 213334      12

10R 予選特賞  電話投票締切予定15:40

1 2372石川正美58愛知50A2 111431       6
2 3853岩崎正哉34福岡55A1 322211       7
3 3866木山誠一32岡山54A2 14343        1
4 2785水野  要52兵庫53A1 26512        5
5 4273佐藤  旭25静岡50B1 6 4124       4
6 3069長谷川清46愛知57B1 5 564        2

明日は第4Rに前売り投票。

今節内寄りからのレースを積極的に進める佐藤選手の2勝目に期待。相手は大先輩の加藤峻二選手に絞って。

2連単2-6 10ポイント前売り投票。(残310.4ポイント)。

ここは進入も不確定だが、内コースを死守して自分に挑戦して欲しい。今期の4勝目を必死で取りにいって欲しい。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

浜名湖競艇場オフィシャルページはこちら

宮島 峰竜太選手 優勝戦

初登場の宮島で本体整備も見事成功させ、準優を1着突破した峰竜太選手。

昇龍決戦の名前どおり、今年3回目の優勝を飾ることができるか。しかし攻めねばならないライバルもきわめて強力。

12R 優勝戦  電話投票締切予定16:27

1 4205山口  剛24広島52A1 7.00  2 11231111   
2 4108吉村正明27山口50A1 7.47  311 131611   
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28  14421 5121   
4 4239竹田辰也23山口51B1 5.32  2 14261 12   
5 4136江夏  満26福岡53A1 6.55  16122 4542   
6 4260中越博紀23愛媛51A2 5.12  4 33233222   

人気はモーターを完全に仕上げ、完璧なレースを展開する1号艇山口剛選手が集めます。しかもダービー勝負駈け。専門予想も山口選手を頭に指名する予想が大勢を占める情勢。直前のオッズは2連単でいうと1-2が2.8倍1-3が4.0倍前後。

峰竜太選手がこの大方の予測を覆して優勝することが出来るのか。出来たらすごい事やと思う。集中して一瞬のチャンスを掴まえろ峰竜太。

進入は枠なり。3VS3。

レースは1号艇山口剛選手がコンマ07トップスタートから先マイ。それに対しダービー勝負駈け(2着条件)の2号艇吉村正明選手が差し、峰選手は1・2号艇の狭い艇間を狙い捲くり差しで攻め込みます。

しかしこの捲くり差しは残念なことに2号艇吉村選手と接触後退。吉村選手の差しも届かず。1マークの攻防を凌ぎきった1号艇山口選手がバック直線でイン戦押しきり態勢に持ち込みます。

2番手は差して追走する2号艇吉村選手が優位も、接触ロスの隙に最内差し伸びる5号艇江夏選手と外回した4号艇竹田辰也選手が僅差で追走。

峰選手は2号艇との接触が響き4から5番手位置。

しかし2マーク5号艇が内から2番手先にターンマークを回ります。それを差して追わんとする2号艇吉村選手は、5号艇の引き波を越えた直後舳先を大きく浮かせ、バウンドしながら後退。その間に2番手は5号艇江夏選手がリードを広げ安全圏。ホーム直線で1-5体制。

3番手はホーム中間で4号艇竹田辰也選手が追走する峰選手に対し4から5艇身リードを奪います。

しかしここから1マーク展開不運に泣く峰選手が粘りの逆襲。2周2マークで鋭いターンを決め、先行する4号艇を2周ホーム直線で捉えると、3周1マークで内先に回り逆転。3周2マークでも先に回り、4号艇の差しを凌ぎきって3着入線。

結果 3連単 1-5-3 22.8倍 2連単 1-5 5.8倍

My choice 3-1-2 5ポイント 3-2-1 5ポイント前売り投票。マイナス10(残320.4ポイント)

峰選手はインの山口選手に対してスタートで後手を踏み(15)、また吉村選手が差しにいき、外からの捲くり差しに出て吉村艇と接触したのが痛かった。

残念な結果になったけどしょうがない。むしろ一旦遅れをとった不利な位置からよく追い上げて3着に喰い込んだと思う。初登場の宮島優勝戦での健闘に拍手です。

山口剛選手はリーグ戦V2そして嬉しい地元水面の初V。更にダービー出場権を確保し見事ファンの圧倒的な人気に応えました。優勝本当におめでとうございます。

峰選手今年V3の挑戦は次節に持ち越し。次節は唐津競艇場(8月8日から13日)に登場予定。地元唐津の水面で大暴れして欲しいものです。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

宮島競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月29日 (日)

宮島 峰竜太選手Vol-5

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 第5日

シリーズ3日目の本体整備が功を奏し好成績で予選を突破。初登場の宮島で1号艇を手に臨む今日の準優勝戦。

スタート遅れたときはチョイびびったけど勝負強さが光った。

その前に準優2回乗りの1走目(第5R6号艇)は5コースから捲くり差した竹田辰也選手に連動し2着入線。アウト2艇のワンツーで高配当(3単122.9倍・2単34.7倍)を叩き出しました。

いよいよ準優勝戦。

10R 準優勝戦  電話投票締切予定15:27

1 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28  14421 51     5
2 4239竹田辰也23山口51B1 5.32  2 14261      5
3 4144石塚久也25埼玉53A1 6.37  532 3314     6
4 4119泥谷一毅26大阪56A2 5.78  3125154      3
5 4163山崎裕司25広島53B1 4.52  462 2 14     3
6 4107吉村茂樹27栃木55B1 4.83  4 23423      4

進入は泥谷一毅選手もカド狙いに徹したか、展示から波乱なし。

本番進入も枠なり。3対3.

スタートな峰選手が立ち遅れ(21・07・12・14・20・18)、スリット通過時は2号艇竹田辰也選手が覗き、チョイびびりが入りましたが、スリット通過後強力に伸び返した峰選手が先マイ。

それに対し3号艇石塚久也選手が外から捲くり、2号艇竹田選手が内から差し、5号艇山崎裕司選手が1・2号艇の間を捲くり差しで攻め込む1マーク情勢。更に内からは4号艇泥谷選手と6号艇吉村茂樹選手もタイミング良く差し込んできます。

しかしここは気力機力とも充実の峰選手が、他艇の攻撃を凌ぎきって逃げ態勢に持ち込みます。

2番手以下は大混戦ムード。バック後半では3号艇石塚選手がリード。内に占位した4・6号艇が続いて優位。

しかし2マーク、外から先に回らんとする3号艇に4号艇が内から圧力を掛け、それに幻惑されたか3号艇は旋回直後に振込み転覆失格。その間に外から十分回りしろを取って内を切り込んだ2号艇竹田選手が2番手を奪還することに成功。ホーム直線で1-2体制有利。2周1マークでもリードを守りきります。

3番手争いは4.6号艇の激闘となるも2周2マーク転覆艇を避けての旋回で、内優位な位置を占めた6号艇が3番手をとりきります。

結果 3連単 1-2-6 37倍 2連単 1-2 3.4倍

My choice 1-2-3 5 1-2-5 5 マイナス10(残330.4ポイント)

峰選手スタートは遅れるも強力に伸び返し、1マークでも他艇の攻撃を冷静に交わしながら先マイを決め、見事逃げ切り。勝負強い峰竜太でありました。

明日はいよいよ決勝戦。厳島昇龍決戦。峰選手が今年3回目のVなるか注目です。

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 最終日

全体の出走予定はこちら

峰選手は優勝戦3号艇での登場。

12R 優勝戦  電話投票締切予定16:27

1 4205山口  剛24広島52A1 7.00  2 11231111   
2 4108吉村正明27山口50A1 7.47  311 131611   
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28  14421 5121   
4 4239竹田辰也23山口51B1 5.32  2 14261 12   
5 4136江夏  満26福岡53A1 6.55  16122 4542   
6 4260中越博紀23愛媛51A2 5.12  4 33233222

まさに昇龍決戦にふさわしいメンバー。人気はここまで完璧なレース振りの地元山口剛選手が中心となって推移することになる。

内枠3者は機力的にほぼ互角ムードとしても、峰選手は枠的には分が悪い。峰選手が山口選手や吉村正明選手に、勝てるチャンスはあるか。

内3者の争いになると仮定して、峰選手が勝つチャンスは。

(注 外3選手が飛んできたら、わけわからんようになるからあきらるのじゃ。想像力乏しいの。一回やってみるかな。本命はこの8点・穴はこの12点みたいな。

3コースから踏み込んで捲くりきり自力でねじ伏せる。

2号艇の吉村正明選手が捲くりで攻め、空いた内から差し抜ける。

どちらかというと後者の可能性のほうが、リアルな気がする。

明日は3-1-2 5ポイント 3-2-1 5ポイント前売り投票。(残320.4ポイント)

宮島勝負の神は誰に昇龍の栄冠を与えんとされるのか。楽しみな優勝戦であります。

-------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

宮島競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月28日 (土)

宮島 峰竜太選手 Vol-4

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 第4日

予選最終日の2走、峰選手は予選突破ほぼ確実のレース。しかし予選上位突破のためには手を緩めるわけにはいかない。

5R 予 選  電話投票締切予定13:07

1 4223平井誉志25石川55B2 3.29  4 361        8
2 4207松下一也24静岡54B1 5.13  216 51       9
3 4115今川直樹26福岡51B1 4.19  244 6        2
4 4209藤田竜弘24静岡57A2 5.73  153455       
5 4128川口貴久27東京55B1 4.97  S 523        1
6 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28  14421       10

進入は123・456

スタートはインの平井誉志郎選手が41と凹み、3号艇今川直樹選手が捲くり、4号艇藤田竜弘選手と5号艇川口貴久選手が相次いで捲くり差してターンマークに殺到。

6号艇峰選手も13トップスタートから捲くり差しに出ますが、タイミング悪く遅れてターンマークに取り付いた1・2号艇に進路を塞がれます。

レースはバック中間で捲くり差しが突き抜けた4号艇藤田選手が艇団をリード。2番手争いは3・5号艇の争いとなるも、2マークで5号艇川口選手がリードを奪い、ホーム直線で4-5の体制。3番手は2号艇松下一也選手がエース機の威力で逆転確保。

峰選手は1マークの展開不利が最後まで響き5着。なお峰選手はこのレースでボート破損。

結果 3連単 4-5-2 202.2倍 2連単 4-5 60倍

My choice パス。

10R 特 賞  電話投票締切予定15:27

1 4311岡村  仁23大阪54B1 4.93  2 4322       7
2 4103山崎善庸28東京51B1 5.13  1 1636       4
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28  14421        5
4 4113木村浩士26群馬54A1 5.24  313156       
5 4121富永修一25福岡49B1 4.71  332 44       6
6 4119泥谷一毅26大阪56A2 5.78  312515

ここは展示進入から不穏な雰囲気。展示では1号艇岡村仁選手が5コースに追いやられてしまいます。

本番では岡村選手がインを守るも6号艇泥谷一毅選手の早めの回りこみでかなり深い進入。峰選手は4号艇木村浩士選手にも内に入られ、進入は16・24・35。

レースは中凹みの態勢になり、16トップスタートでスリットを通過した峰選手にとって絶好の捲くりチャンス。間髪をいれず外を攻めた峰選手の捲くりが決まり、バック中間で艇団をリード。追走は大外から峰選手の捲くりに追随し捲くり差した5号艇富永修一選手。

バック中間で早くも3-5体制。3番手争いはホーム直線で6号艇泥谷一毅選手が4号艇木村浩士選手を捉えますが、2周1マークで4号艇木村選手がリードを広げます。岡村選手は1マークで峰選手の捲くりを迎撃に出たのが裏目に出て後落。6着に終わります。

結果 3連単 3-5-4 138倍 2連単 3-5 22.3倍

My choice 3-1-4 5ポイント 3-1-6 5ポイント前売り投票。

このレースはセンターがスリット凹んだ好機を、見事捲くりきって3勝目。これで予選を上位突破準優勝戦10R1号艇を手中に収めました。

-------------------------

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 第5日

全体の出走予定はこちら

-------------------------

峰選手は準優勝戦10R1号艇の配分。(準優2回乗り、1走目は第5R6号艇)

10R 準優勝戦  電話投票締切予定15:27

1 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28  14421 51     5
2 4239竹田辰也23山口51B1 5.32  2 14261      5
3 4144石塚久也25埼玉53A1 6.37  532 3314     6
4 4119泥谷一毅26大阪56A2 5.78  3125154      3
5 4163山崎裕司25広島53B1 4.52  462 2 14     3
6 4107吉村茂樹27栃木55B1 4.83  4 23423      4

ここも前付けに動く艇があるだろうが、峰選手としてはインを防衛して逃げ切るのみ。

1-2-3 5ポイント 1-2-5 5ポイント前売り投票。(残330.4ポイント)

明日は今年3度目の優勝を手にするために、絶対に乗り越えなければならないレース。集中力をMAXにして、逃げ切って欲しい。

---------------------------

桐生オーシャンは魚谷選手・江口選手を除いて、常連のビッグネームが姿を消した、SG優勝戦としてはある意味フレッシュな優勝戦。植木通彦選手の引退といい、艇界に地殻変動が起きつつあるのだろうか。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

宮島競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月27日 (金)

宮島 新鋭リーグ 峰竜太選手Vol-3

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 第3日

昨日本体を割るというコメントを残しエンジン整備に着手した峰選手。本日は正念場の1走。リング3本交換で望みます。

11R 特 選  電話投票締切予定15:56

1 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28 41.38 1442         
2 4256渡辺浩司23福岡51A2 5.66 38.38 222          5
3 4107吉村茂樹27栃木55B1 4.83 25.00 4 23         4
4 4205山口  剛24広島52A1 7.00 51.22 2 11         7
5 4209藤田竜弘24静岡57A2 5.73 40.71 1534         8
6 4239竹田辰也23山口51B1 5.32 40.80 2 14         6

ここは競艇専門家サイドも、峰VS山口との予想が多かったレース。自分もそういう想定で見ていました。

進入は1243・56

スタートは峰選手が若干遅れるも(19・21・13/11・11・12)、本体整備が功を奏したか伸び返して、ターンマークを根性の先マイ。

レースは何とか先マイした峰選手に対し、3号艇吉村茂樹選手が外から捲くり、2号艇渡辺浩司選手が差し、4号艇山口剛選手が1・2号艇の間を捲くり差して襲い掛かります。

しかし4号艇山口選手の捲くり差しは2号艇をすり抜けようとした時に2号艇と接触、推力をロスし後退。その間に峰選手がイン戦踏みとどまり一歩リード。

2番手争いは外3号艇内2号艇の争いに最内から伸びてくる5号艇藤田竜弘選手の3つ巴の激闘。山口選手は艇を外へ持ち出し態勢の挽回を図るチャンスを窺います。

ホーム直線では峰選手がリードを広げ、2番手は2マークで混戦抜け出した3号艇吉村選手2号艇渡辺選手の争いに。

4号艇山口選手は遅れをとるも4番手位置から虎視眈々と2艇の巴戦を見つめます。

2周1マークでは3号艇吉村選手が2番手リードを広げ、3番手も2号艇渡辺選手が取りきったかに見えました。

しかしあきらめず3番手浮上のチャンスを狙う4号艇山口選手は3周1マーク内小回り急旋回で2号艇を捉え、3周バックで舳先をかけることに成功。3周2マーク2号艇を外へ牽制しながら内有利に3番手先マイを決め逆転で3着確保。

結果 3連単 1-3-4 44.3倍 2連単 1-3 14.7倍

My choice 1-4-2 5ポイント 4-1-2 5ポイント前売り投票。マイナス10(残350.4ポイント)

ここはエンジン整備を成功させた峰選手が、正念場のイン戦を見事押し切り、予選上位突破へ向けて一歩前進のレースとなりました。また対抗人気を集めた4号艇山口選手も1マークの展開不利を挽回し3着を奪回する粘りのレースを見せた。

------------------------------

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 第4日

全体の出走予定はこちら

------------------------------

峰選手は第5R6号艇・第10R3号艇の配分。

5R 予 選  電話投票締切予定13:07

1 4223平井誉志25石川55B2 3.29  4 361        8
2 4207松下一也24静岡54B1 5.13  216 51       9
3 4115今川直樹26福岡51B1 4.19  244 6        2
4 4209藤田竜弘24静岡57A2 5.73  153455       
5 4128川口貴久27東京55B1 4.97  S 523        1
6 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28  14421       10

10R 特 賞  電話投票締切予定15:27

1 4311岡村  仁23大阪54B1 4.93  2 4322       7
2 4103山崎善庸28東京51B1 5.13  1 1636       4
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28  14421        5
4 4113木村浩士26群馬54A1 5.24  313156       
5 4121富永修一25福岡49B1 4.71  332 44       6
6 4119泥谷一毅26大阪56A2 5.78  312515

明日は95期対決第2弾 峰竜太VS岡村仁の第10Rに前売り投票。

舟券当てる上では、こういう楽しみ方は予断が入るんで避けたほうがええかもね

2005前期選手手帳に95期卒業記念優勝戦(平成16年9月24日)の表彰台に立つ、岡村仁(優勝)峰竜太(2着)西野翔太(3着)の初々しい写真が掲載されている。3人とも坊主頭で可愛い印象やな。

実戦突入後の出世競争では、峰選手がいち早くG1の厳しい洗礼にも晒され、またSG笹川賞の出場も果たし、一歩二歩リードしている状況。

しかしこの表彰式で「いつかは競艇の王様になる自分です。見守ってください。」と度胸よく言い放った岡村仁選手の巻き返しや、95期生の今後の活躍にも注目していきたい。(このときの4着は西村美智子、5着は山口裕太、6着は山田哲也)

このレースでは峰選手は4コース戦の可能性が大。今節の2勝は2コース差し・イン逃げとまだ捲くり差しての勝利がないが、ここは捲くり差して頭を取って欲しい。

3-1-4 5ポイント 3-1-6 5ポイント前売り投票(残340.4ポイント)

--------------------------

桐生オーシャンでは松井繁選手が今日の前半戦はイン戦1着をとるも、後半戦では6号艇配分で6コースからなす術なく敗れ4本目の6着。

SGでも松井選手がこんな成績をとるのは見たことが無い。

オーシャンが終われば、今年残るSGはあと5つ。王者松井繁選手にとって、どんなドラマが待っているのだろうか。

-------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

宮島競艇場オフィシャルページはこちら

浜名湖 佐藤旭選手 前検

明日28日より佐藤旭選手が浜名湖福島テレビビーチアタックに出場。

このシリーズでは佐藤旭選手のみならず、初日ドリーム1号艇に指名された福島勇樹選手のレースにも注目していきたい。そろそろ優勝といきましょう。

モーター抽選結果はこちら

前検タイムランキングはこちら

福島勇樹選手はモーター14号機(25%)ボート34番(26.3%)

前検タイムは6.71(25位)

佐藤旭選手はモーター25号機(33.3%)ボート74番(23.9%)

前検タイムは6.72(26位)

二人とも微妙な抽選結果であります。

--------------------------

浜名湖 福島テレビビーチアタック 初日

全体の出走予定はこちら

--------------------------

福島選手と佐藤選手、いきなりの対戦であります。

5R 予 選  電話投票締切予定13:09

1 3858織田  猛34佐賀54A2 5.87 46.67             11
2 4265村上祐次22神奈54B1 3.44 16.67              1
3 4273佐藤  旭25静岡50B1 4.89 26.51               
4 2823平野勇志54愛知53B1 3.37  7.41              8
5 3866木山誠一32岡山54A2 6.13 40.95              9
6 4083福島勇樹27茨城52A1 6.71 49.29             12

12R ドリーム戦  電話投票締切予定16:42

1 4083福島勇樹27茨城52A1 6.71 49.29              5
2 3572安田政彦35兵庫51A1 7.47 58.73              4
3 3853岩崎正哉34福岡55A1 7.49 63.24              7
4 1485加藤峻二65埼玉51A1 6.03 40.00              6
5 3256三角哲男40千葉51A1 7.44 62.71              8
6 3577向所浩二34兵庫52A1 6.40 41.72              9

野中文恵さんの舟券スーパーはこちら

今節は勝負所で実験日記ポイント使用。明日はまだまだ様子見でいく。

F休み明け2節連続で準優の壁に泣く佐藤旭選手。

そして優勝戦であと一歩届かない福島勇樹選手。

今節は二人の果敢なレースを楽しみにしたいっす。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

浜名湖競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月26日 (木)

宮島 新鋭リーグ 峰竜太選手Vol-2

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 第2日

7R 予 選  電話投票締切予定14:02

1 4256渡辺浩司23福岡51A2 22            
2 4103山崎善庸28東京51B1 1           12
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 14          10
4 4216星  栄爾22静岡49B1 1            4
5 4324海野康志19山口56A2 33          11
6 4111奥田  誠27広島52A2 65           2

激突95期 峰VS海野

シリーズ前から楽しみにしていた95期対決。「あいつにだけは負けたくない」宣言の海野康志郎VS峰竜太。

緒戦は昨日から心配してたように、意地の激突(2マーク)で、2人とも外へぶっ飛ぶ結果となりましたが(海野選手 不良航法で減点7)、次はプライドかけた先陣争いを見せてな。

進入は地元の6号艇奥田誠選手がインを奪取。612・345

レースはインの奥田選手がスタート凹み、1号艇渡辺浩司選手が捲くり、2号艇山崎善庸選手が差し、3号艇峰選手が捲くり差し、5号艇海野選手が最内を差すという1マークの攻防。

ここは2号艇山崎選手の差しが伸びバック中間で先頭に立ちます。2番手は峰選手が僅差のリードを保ちながら2マーク2番手先マイ態勢。

しかしその時内から伸びてきた海野選手が「ちょっと待たんかい。お前を先に回らすわけにはいかんのじゃ」とばかりに峰選手にダンプ。突入した海野選手と、これを抱いて交わさず受けて立った峰選手は双方とも外へぶっ飛ぶ結果に。

その意地の激突の間に、内に4号艇1号艇6号艇が相次いで差しこんできます。ここで回りしろを十分取り、差し伸びた1号艇渡辺選手が2番手を確保。

3番手争いは残る4艇の混戦模様となりますが、2周1マークで6号艇奥田選手が内差して3番手有利な位置。

峰選手は何とか4番手位置まで持ち直し、2周2マーク3番手逆転を狙う差しを放ちますが残念ながら届かず。海野選手はここでも4番手先に回る峰選手に切り込みますが、今度は交わされて再び外へ流れ6番手まで後落。

結果 3連単 2-1-6 161.5倍 2連単 2-1 45.7倍

My choice 前売り投票パス。

今日は海野選手が不良航法をとられる残念な結果となりましたが、二人とも水上の格闘家。

同期に、こいつだけには負けたくないというライバルがいるのは幸せな事。これからも永遠の良きライバルとしてシノギを削り、大きなステージで名勝負を繰り広げられるようになって欲しい。その日が来ることを楽しみに待っている。

10R 特 賞  電話投票締切予定15:27

1 4260中越博紀23愛媛51A2 4            4
2 4113木村浩士26群馬54A1 31           5
3 4207松下一也24静岡54B1 21            
4 4320峰  竜太22佐賀54A1 14           7
5 4239竹田辰也23山口51B1 2            3
6 4119泥谷一毅26大阪56A2 31           6

進入は261・345

レースはインの2号艇木村浩士選手が08トップスタートからイン戦押し切り態勢。

2番手争いは捲くった1号艇中越博紀選手と捲くり差した4号艇峰選手の激戦になります。ホーム直線ではこれに6号艇泥谷一毅選手も絡む混戦となりますが、2周1マーク峰選手が先に回らんとする6号艇の外を全速で攻め、1号艇も引き離し2周バックで2番手確保。3番手は1号艇中越選手が取りきります。

結果 3連単 2-4-1 36.1倍 2連短 2-4 7.9倍

My choice 4-1-6 5ポイント 4-3-6 5ポイント前売り投票。マイナス10(残360.4ポイント)

峰選手ここはインからスリット先手を取った2号艇木村選手を攻めきれずの2着。これで1・4・4・2着。予選を有利に突破するためには、明日のレースが重要になってきました。

---------------------------

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 第2日

全体の出走予定はこちら

---------------------------

峰選手は第11R1号艇の配分。1走。

峰選手にとって、今シリーズ予選の正念場。峰VS山口。

予選突破に向けて、このイン戦で連対はずすような事は自分自身許されんはず。

11R 特 選  電話投票締切予定15:56

1 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28 41.38 1442         
2 4256渡辺浩司23福岡51A2 5.66 38.38 222          5
3 4107吉村茂樹27栃木55B1 4.83 25.00 4 23         4
4 4205山口  剛24広島52A1 7.00 51.22 2 11         7
5 4209藤田竜弘24静岡57A2 5.73 40.71 1534         8
6 4239竹田辰也23山口51B1 5.32 40.80 2 14         6

ここは峰=山口でワンツーが決まる場合でも、3着は混戦ムード。流したほうが安全やけども実験日記のポリシーから無理やり絞り込む。

3連単 1-4-2 5ポイント 4-1-2 5ポイント前売り投票。(残350.4ポイント)

ここは渾身の逃げを決め、予選上位突破に王手をかけて欲しい。

---------------------------

桐生オーシャンの松井繁選手。今日の第7Rでも6着。大苦戦に陥ってしまった。明日は2走配分で、連勝するしかない。奇跡の予選突破なるか。

オーシャンカップの顔ともいえる王者にしてこの試練。奥が深いな競艇は。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

宮島競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月25日 (水)

宮島 新鋭リーグ 峰竜太選手Vol-1

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 初日

宮島競艇場には初登場の峰竜太選手。初日は1着4着発進。

6R 予 選  電話投票締切予定13:34

1 4264長尾章平22山口51A2 5.21 34.58              11
2 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28 41.38              12
3 4339平瀬城啓23富山53B2 2.67  4.48               2
4 4175川尻泰輔24埼玉58B1 5.13 36.28               
5 4119泥谷一毅26大阪56A2 5.78 40.00              10
6 4115今川直樹26福岡51B1 4.19 22.67               1

進入は124・563

レースは峰選手の得意技2コース差しが先マイの1号艇長尾章平選手を捉えバック中間で差しぬけ艇団をリード。2番手は長尾選手が安全圏に持ち込み、焦点は3番手争いに。

3番手はバック水面で一旦はリードした6号艇今川直樹選手を、2周1マークで5号艇泥谷一毅選手が捉え、2周1マーク外全速旋回で抜き去ります。

結果 3連単 2-1-5 8.7倍 2連単 2-1 4倍

My choice 前売り投票パス。モバイル投票では2点投票でゲット。

最近はイン戦より安心して見ていられる峰選手の2コース戦。こういう得意技もってるのは有利やな。

12R 昇龍ドリーム  電話投票締切予定16:27

1 4108吉村正明27山口50A1 7.47 60.90               8
2 4144石塚久也25埼玉53A1 6.37 45.11               5
3 4205山口  剛24広島52A1 7.00 51.22               
4 4189川上  剛26福岡54A1 6.02 42.86               
5 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28 41.38               6
6 4136江夏  満26福岡53A1 6.55 44.09               7

ここは普通に予想すれば◎1号艇吉村正明選手○山口剛選手となるレース。でも自分は敢えて峰選手から2連単2点で狙って楽しむ事に。

進入は123・456

レースは1号艇吉村選手が13トップスタートからターンマーク先まいを決めバック水面でイン戦押しきり体制。2番手は予想通り3号艇山口剛選手が取りきり1号艇吉村選手にも迫ろうかという勢い。

峰選手はスタートで29と後手を踏み、更に1マーク差しに行くタイミングも逸し、外マイに行くしかなくなります。これは当然攻めきれず向き直った直後の位置は4番手~5番手位置。それでも2マークで内に切り込み3番手を行く2号艇石塚久也選手に食い下がります。その後ターンマーク毎に前を行く2号艇石塚選手を攻めますが、艇が暴れる事が多く逆転ならずの4着。

結果 3連単 1-3-2 25.4倍 2連単 1-3 5.1倍

My choice 2連単 5-1 5ポイント 5-2 5ポイント前売り投票。マイナス10(残370.4ポイント)

残念ながら昇龍ドリーム戦は、峰選手のスタートが遅れ、差し場も開かずレースの主導権争いには加われずの4着。でも峰選手にしてみれば、初登場の宮島初日1着4着。得点獲得という観点からは順調なスタートを切ったと言えます。

舟券的にはこのレースの3番人気だったようにも思うけど、普通は1-3流しで買うお客さんが多いだろうから、配当的には1-3-2の方が良かったといえる。この辺が他のスポーツ観戦と異なる競艇の面白いところやし、逆に心理的に複雑なところや。

また競艇の場合、選手はシリーズを線として捉えるのに対して、観客は点で舟券購入する場合が多いから、線と点のミスマッチもよく起こる。電投やインターネット投票の利点はこの辺にもありそうやね。選手の特徴をよく頭に入れて楽しむのが、競艇の楽しみ方やといえるかも。敗者戦にはやたら強いベテラン選手もいるしね。

今日の宮島は逃げが5本(4・5・7・11・12R)。2コース差しが5本(1・3・6・8・10R)。5コースからの捲くり差しが1本(2R)。4コースからの捲くりが1本(9R)という状況。果たして明日2日目は?

宮島競艇場 新鋭リーグ第12戦 第2日

全体の出走予定はこちら

峰選手は第7R3号艇・第10R4号艇の配分

7R 予 選  電話投票締切予定14:02

1 4256渡辺浩司23福岡51A2 22            
2 4103山崎善庸28東京51B1 1           12
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 14          10
4 4216星  栄爾22静岡49B1 1            4
5 4324海野康志19山口56A2 33          11
6 4111奥田  誠27広島52A2 65           2

10R 特 賞  電話投票締切予定15:27

1 4260中越博紀23愛媛51A2 4            4
2 4113木村浩士26群馬54A1 31           5
3 4207松下一也24静岡54B1 21            
4 4320峰  竜太22佐賀54A1 14           7
5 4239竹田辰也23山口51B1 2            3
6 4119泥谷一毅26大阪56A2 31           6

明日の第7Rは今シリーズで楽しみにしていた95期対決。

峰VS海野に注目。海野選手は峰選手に「あいつだけには負けたくない」とライバル心むき出しにかかってくるやろ。

ちなみに過去の2人の対決は

日付 競艇場 開催タイトル レース 着順は左が峰・右が海野
                                                                      
2005/03/21 唐津 日本モーターボート選手会会長杯争奪戦 2R一般戦   1 2
2005/07/23 若松 GⅢ2005新鋭リーグ戦競走第12戦 5R予選           4 3
2005/07/24 若松 GⅢ2005新鋭リーグ戦競走第12戦 7R一般           2 6
2005/07/24 若松 GⅢ2005新鋭リーグ戦競走第12戦 11R準優勝       6 5
2005/07/25 若松 GⅢ2005新鋭リーグ戦競走第12戦 10R特別選抜B戦 2 5

コースもあるし他の対戦選手もいるからデータ価値は少ないけど、こういう対戦成績が出てます。ともかく久し振りの対戦となるようで、この間の二人の成長を考えると面白いでこのレース。ただし意地の張り合いで二人とも外へぶっ飛ぶのだけはお止めくだされよ。

第7Rは舟券云々を離れて純粋に楽しみたいので前売り投票パス。ここはボートレースを楽しみます。

展示からどアップで火花散るとこを写して欲しいものであります。頑張れ宮島のカメラマンさん。独自の感性でカメラワークしてもええやん。

明日は第10Rに前売り投票。

このレースも峰選手が簡単に頭取れるとは思えんけど、4カドか5コースからの捲くり差しを炸裂させて欲しい。あくまで願望やけどね。

4-1-6 5ポイント 4-3-6 5ポイント前売り投票(残360.4ポイント)

明日もこれから上を目指す若手レーサーの火花散る真剣勝負に期待です。

さてこれから桐生オーシャンをじっくりと楽しむぞい。昨日の開幕式で再度SG3勝宣言をした王者松井繁選手の自己への挑戦を心から応援したい。初日は6着。今日の1走目も6着と苦戦ムードやけど、どう立て直していくか。

------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

宮島競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月24日 (火)

宮島 GⅢ新鋭リーグ  前検 峰竜太選手

宮島競艇場 2007新鋭リーグ第12戦 厳島昇龍決戦 前検

華やかに開催されている桐生オーシャンカップ。いつかその舞台に立ちたいという熱い思いを胸に秘めた若者達のフレッシュな戦いの火蓋がきって落とされる。

その前にみんな意地でも新鋭王座チャンプになりたいんやろな。

出場予定選手はこちら

モーター抽選結果はこちら

前検タイムランキングはこちら。杉山貴博選手が6.49。マジッスか?

峰竜太選手はモーター30号機(34%)ボート52番(47.7%)前検タイムは6.62の6位。

今節は若手の実力者も顔を揃える他、今期成績急上昇の松田隆司選手(福岡)、そして峰選手と95期同期としてシノギをけずる岡村仁選手(大阪)、海野康志郎選手(山口)も参戦。見所たっぷりのスピード戦が繰り広げられそうです。

出場選手の通算成績や今期成績をエクセルに落として自分でいじってみると楽しいし別の狙い方が出来る。

以前はエクセルの表をそのままブログにのっけて見たこともあるが、掲載可能な表の大きさにも限界があるし、中途半端かつメチャメチャ重くなるので最近は止めてます。

で今回は出場予定選手の中で今期1着率が20%を越えている選手を見ときます。

舟券買う上で、役に立つかどうかは知らんで。

    順位 勝率 1着率 連対率 3連率 事故率 ST 1 2 3 出走 準優 優出 優勝
4108 吉 村 正 明 29 7.61 0.44 60.66 72.13 0.03 0.15 27 10 7 61 5 3 2 0
4205 山 口   剛 67 7.26 0.34 55.32 78.72 0.00 0.15 16 10 11 47 5 3 0 0
4120 柘 植 政 浩 405 5.90 0.29 44.90 57.14 0.00 0.19 14 8 6 49 3 1 0 0
4136 江 夏   満 194 6.56 0.27 47.46 67.80 0.34 0.16 16 12 12 59 3 1 1 1
4100 松 田 隆 司 311 6.17 0.27 45.83 60.42 0.00 0.14 13 9 7 48 2 1 0 0
4320 峰   竜 太 213 6.47 0.26 43.94 62.12 0.33 0.16 17 12 12 66 2 2 2 0
4144 石 塚 久 也 286 6.23 0.25 40.00 66.15 0.00 0.18 16 10 17 65 6 2 0 0
4209 藤 田 竜 弘 427 5.85 0.25 41.51 58.49 0.23 0.17 13 9 9 53 2 1 0 0
4216 星   栄 爾 560 5.48 0.23 41.67 47.92 0.21 0.20 11 9 3 48 2 1 0 0
4189 川 上   剛 346 6.08 0.22 49.02 58.82 0.33 0.23 11 14 5 51 2 0 0 0

初日の全体の出走予定はこちら

峰選手は第6R2号艇・第12R5号艇の配分。

6R 予 選  電話投票締切予定13:34

1 4264長尾章平22山口51A2 5.21 34.58              11
2 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28 41.38              12
3 4339平瀬城啓23富山53B2 2.67  4.48               2
4 4175川尻泰輔24埼玉58B1 5.13 36.28               
5 4119泥谷一毅26大阪56A2 5.78 40.00              10
6 4115今川直樹26福岡51B1 4.19 22.67               1

12R 昇龍ドリーム  電話投票締切予定16:27

1 4108吉村正明27山口50A1 7.47 60.90               8
2 4144石塚久也25埼玉53A1 6.37 45.11               5
3 4205山口  剛24広島52A1 7.00 51.22               
4 4189川上  剛26福岡54A1 6.02 42.86               
5 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.28 41.38               6
6 4136江夏  満26福岡53A1 6.55 44.09               7

明日は第6Rでは1着発進がノルマ。峰選手が差して頭とるなら、2-1-4 2-1-5で決まるんかな?ここは気配と配当見ながら投票する。

第12Rは頭とるという意味では分が悪そうな番組。予想の印でいうと△か×がつきそうやな。

宮島の記者予想(日刊スポーツ進藤記者)では◎が1号艇吉村選手。○は3号艇山口選手。△は川上選手。峰選手は×になってます。

でもタイトルは昇龍ドリームやで。峰選手のために用意されたようなタイトルやん。ここは閃光まくり差しで艇団を突き抜けて初日から昇竜モードに入って欲しい。

敢えて予想に逆らって2連単 5-1 5ポイント 5-2 5ポイント前売り投票(残370.4ポイント)

----------------------------

記事書きながら見てるオーシャン11Rでは艇界のサラブレッド石野貴之選手が見事勝利。新鋭リーグ戦で戦う若者達の一番の目標やね。

12R前には植木通彦選手の引退会見が流れている。

現在F2による60日の休み中の森岡満郎選手。どんな思いで植木選手の引退を見ていたのだろうか。

選手生活の中で唯一度、決勝戦で植木選手と対決した今年1月の常滑優勝戦。森岡選手は完全なイン戦押しきり体制に入るもコンマ01のフライングに泣き、艇王に勝てるチャンスを逸した。

あのレースは今になって考えると、勝負の神様が森岡選手にくれた大きなプレゼントだったように思う。森岡選手どうかあの時のレースを一期一会として、植木選手のDNAを受け継ぎ自己革命を進めて欲しい。

今節宮島昇龍決戦に出場する全ての若手選手の皆さん。今そこにある自分の壁を克服乗り越えて大きく飛翔して欲しい。

12R後には植木選手の清清しいインタビューも流れた。改めて本当にお疲れ様でした。

人間は魂の生き物。自分も壁をのりこえられるように頑張ります。

-----------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

宮島競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月23日 (月)

若松12R 飛べ!下河雅史選手 ヒヨドリ子育て観察

昨年の暮れに急に思い立って競艇のブログ書きはじめて早7ヶ月。計画性なんもなし。松井繁選手が賞金王取った姿見て感動し「書きてぇ。」と思っただけ。この辺がB型の欠点か。

「ブログまじめに書くのメッチャしんどいやん。」と思い始めたのが4月頃。「はじめからわかってるやんけ。」と突っ込まれそうやけど。

で参加してたブログランキングも脱退。

(参加してた1ヶ月半か2ヶ月くらいの間、競艇部門でイン・アウトとも3位内外をキープできたからもうええか。みたいなノリ。

つうかマジな話、競艇ファンとしては悲しく辛い2.26事故もあったし、命賭けて走ってる選手の事思うと、ブログランキングもくそもない。と考えたのがほんまの理由。あれ以来ブログの文章もちょいマジメになった。

ただあの期間中支持してくださった方にはほんと感謝です。あらためて御礼を申し上げます。

最近ではブログに付けてたアクセスアップツールとやらもはずしてまいました。あれはやっぱ効果あるみたいや。はずしたらアクセス数下がったし。)

ラリーズクラブさんなんか、あの詳細な記事を1000日を越えて書き続けてるんやもんね。素直に尊敬する。

途中で「めんどくさ。もう止めや。」と思うことも何度かありました。アフリエイトには興味ないし、別に何も得することもないからな(笑)。この辺が大阪人。

でも日記は続けることに個人的意義がある、と思い直して書き続けてます。

(2点~4点ばりくらいで3連単舟券ゲットする確率は上がってきた。尼の自分の師匠は女子リーグ戦で確信ある100枚3点張りで8万券ゲット。800万強を手にした。一時所得として税金払ったかどうかは知らんけど、俺も取ってみたいわけよ。800万くらいでセコっていう人もおるやろけど、これは金の問題やない。競艇ファンとしての心の問題や。自分は農耕系というよりは狩猟系の人間やしな。そのためには少数精鋭投票の技を身につけるしかない。)

ただまじめにブログやってるとはっきり言って、仕事以外はほとんど競艇漬けになってまうわけで、競艇以外の自分の趣味からはかなり遠ざかってしまったこの7ヶ月でありました。

嫁さんとお出掛けもしてへんし。

ウン十年間応援し続けてる、阪神タイガースの試合もあんまり見れんようになった。(桜井や林の成長をリアルタイムで見たかった。)

山歩きやマウンテンバイク、もぐって一発魚突く趣味(チョイ残酷やけど、すぐ食うと旨い。それにヤス握って海に潜り、待ち伏せして刺す瞬間など神経が研ぎ澄まされて、野生復活するのが楽しい。でも最近はヤスが錆びてきた。)とも遠ざかってまうし。

でも競艇を真剣に見るようになって、競艇の面白さも再発見することが出来て、こら一生の趣味になるなと思う今日この頃であります。

--------------------------

山歩きの楽しみといえば、や動物に出会うこと。熊やイノシシ、それにたまにおる凶暴なサルは遠慮したいけどね。熊は京都の北山山系の奥に普通におるし、イノシシは北摂の山系には多いんよ。

でも鹿クンや可愛い小動物たち、それに鳥たちとの出会いはほんと楽しい。

で最近見にいけんなぁと思ってたら、向こうから家に来てくれた。

市街地にも多いヒヨドリ君で珍しくはないけどね。(こやつらは鳥の方から人間に親しんだ適応力ある種族で、自分が学生の時餌付けしてたヒヨドリは、毎朝雨戸つついて起こしに来てた。現在では基本的に留鳥やけど、昔は義経のヒヨドリ越えの故事にもあるように渡り鳥やったみたい。)

リビングの前の植木にせっせと巣作り初めて御出産。卵が4個。現在元気に孵化して成長中。子供たちは当然1号艇から4号艇と名づけ、立派な鳥となって巣立つ日まで観察しようと思います。

Imgp0341 リビングの前の植木になにやら不穏な動きが

Imgp0325 いつの間にかスイートホームを作ったヒヨ君が子作り。一生懸命卵温めるママ鳥。こやつの嘴ボートの舳先みたいやな。

Imgp0329 ママ鳥の留守の間にちょっとだけ撮影。1号艇から4号艇頑張って卵から出てこいよ。

Imgp0338 生まれた。まだ何かちょい不気味。

Imgp0340 腹へった。母ちゃん早くメシ食わせろ。1号艇元気ないけど大丈夫か?

Imgp0370_1 みんな大丈夫そうや。1号艇。一番先に空を飛ぶのはお主かな?決めろイン逃げ。

今日の競艇。個人的にはなかなか飛べんかった超新興勢力である下河雅史選手(4395)が優勝戦に乗る若松12Rに注目。

どこまでやれるのか?勝率や連対率は無視して、優出したご祝儀で舟券買ってみるかな(電投プライベートで)。

個人的には木山和幸選手が好きなんで3-6?。今オッズ見たら2連単で159倍ついてるし。アホカお前って30回くらいつっこまれそうやけど。恐れず羽ばたけ下河選手。

12R 優勝  電話投票締切予定20:37

1 3966作間  章28千葉52A1 6.95 45.87  231115       
2 3430角浜  修39広島52A2 6.04 45.19  311211       
3 3663木山和幸37広島49A2 5.97 45.97  121142       
4 3983須藤博倫29埼玉50A1 7.13 55.75  212411       
5 2273原田順一57福岡55A1 6.24 43.16  222212       
6 4395下河雅史21福岡52B2 2.75  5.88  1 4114
       

それにしても艇王植木通彦選手の引退は、福岡の後輩に無言の叱咤激励となっているようで、これからの福岡若手選手の動向には注目やね。植木大先輩は、これからも親鳥のような愛情で、後輩達が飛翔する姿を見守っていかれる事でしょう。

24日からは桐生でオーシャンカップが始まる。昨年のオーシャン優勝戦は住之江の場外テラスでビール飲みまくって松井繁選手の優勝・王者復活を願ってました。今年は誰が栄冠を手にするのか?

でも今年は25日から本ブログのテーマである峰竜太選手の新鋭リーグを追いかけるのだ。宮島昇龍決戦。峰選手が今年3度目のVを手にすることが出来るか。そして期待の若手選手のレース振りに注目です。

28日からは佐藤旭選手や福島勇樹選手の出場する浜名湖一般戦もできる限り追いかけたい。30日からは福岡注目の若手西山貴浩選手が出場予定の住之江。

オーシャンと重なるし、誰も見に来てくれへんかもな(笑)。

-------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

2007年7月22日 (日)

蒲郡ナイター 佐藤旭選手Vol-5

蒲郡競艇場 第15回スピード王座決定戦 最終日

昨日の準優は今節の序列どおり6着と大敗してしまった佐藤旭選手。

なんかが足りんのよな。

これはよく当たり障り無く言われる、モーターやペラ云々の話やなくてね。

素人の推測で大変申し訳ないけど、結局ドラ桐生でのフライング妨害転覆失格のトラウマから抜け出してないように思う。あれからレースが大人しくなってしまったと見えるのだが。

5R 一般戦  電話投票締切予定16:48

1 4179広次  修24山口51B1 5 55116      8
2 3234金森史吉40香川54A2 62213 56    11
3 4273佐藤  旭25静岡51B1 344 2426    10
4 4215吉島祥之22愛知54B1 23136 23    10
5 3924平井紀之32千葉60B2 5 465 53     1
6 3539金子順一39山口51A2 2L5 3564     9

結果 3連単 4-2-6 68.1倍 2連単 4-2 12.2倍

My choice パス。

佐藤選手は5着。

10R 選抜戦  電話投票締切予定19:22

1 2787藤井定美52群馬55A2 41535 13     7
2 3537田山和広39大分58A2 5 222354     6
3 4215吉島祥之22愛知54B1 23136 23     5
4 3303渡辺  豊39神奈57A2 342 5444     4
5 4273佐藤  旭25静岡51B1 344 2426     5
6 4212宮地孝四23福岡53B1 252 3155     7

結果 3連単 3-1-4 12.3倍 2連単 3-1 5.4倍

My choice 3-5-6 5ポイント 3-6-5 5ポイント前売りマイナス10P(残380.4P)

佐藤選手は6着。

今日は両レースとも地元愛知の吉島祥之選手の気迫あふれる溌剌としたレース振りが光ったとだけお伝えしておきます。

選手の立場に立って競艇をみると長丁場のスポーツやと思う。

モーター調整やペラ選択の難しさの他に事故点やフライングへの配慮。そして事故や怪我への恐怖と、乗り越えていかねばならない壁の厳しさは我々外野のファンの想像を超えているのかもしれない。

前期から気になってずっと見てきた佐藤旭選手。今期はいろんな意味で壁に突き当たっているように見えるけど、必ずそれを克服突破して目標とするA1級への昇格そして1着をとる走りを取り戻してくれると信じています。頑張って欲しい。

次節は07/28~08/01 浜名湖 福島テレビピーチアタックに出場予定です。

----------------------------

12R 優勝戦  電話投票締切予定20:32

1 4008中尾  誠28佐賀49A1 11232111      
2 3893汐崎正則31愛知53A2 241 1541      
3 3352小川晃司39福岡50A1 11333231      
4 4094中島真二26福岡51B1 13113 32      
5 3998冨成謙児28佐賀50A2 42311362      
6 4150山田雄太25静岡54B2 223 1312

結果 3連単 1-4-3 16.2倍 2連単 1-4 6.0倍

スピード王座決定戦。注目の優勝戦は中尾誠選手が完璧なイン逃げを決め、通算7回目、今年5回目となる優勝。これで来年の総理大臣杯がますます楽しみに。

今節の中尾選手のインタビュー聞いていても、やっぱ最後は勝負にかける気持ちの強さが大切なのがよく分かる。

優勝おめでとうございました。これからの活躍楽しみにしています。

--------------------------- 

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

蒲郡競艇場オフィシャルページはこちら      

初優勝おめでとう 長野壮志郎選手 常滑競艇場

デビュから5年2ヶ月、15回目のVチャレンジ。

90期・登録番号4155長野壮志郎選手(福岡)が初Vを手にしました。おめでとうございます。

福岡の偉大な先輩艇王植木通彦選手の衝撃の引退発表から2日目。

そのDNAを受け継がねばならない後輩が壁を破って前進。本当におめでとう。

12R 優勝戦  電話投票締切予定16:45

1 4155長野壮志26福岡58A1 6.62 51.20 122311       
2 2909田中  太52大阪50B1 4.74 29.06 1 2131       
3 3808秋田健太32埼玉61A2 5.55 33.94 211323       
4 4070中村亮太26長崎52A1 6.15 45.54 262122       
5 2464岩津宅一57岡山55B1 4.67 30.43 1 1125       
6 3452吉田徳夫36愛知53A1 7.22 61.40 152431

この優勝戦はメンバーからして本当に面白かった。

片やSG戦士あり。また片やいぶし銀のベテラン選手あり。そして力がありながらあと一歩の壁に泣いてきた長野選手あり。

一般戦を象徴する人間ドラマがそこにあった。

進入は長野選手がインを守り126・345

レースはバック中間で、15スタートから先マイした長野選手を捲くり差してきた実力者6号艇吉田徳夫選手が捉え舳先をぶつけ合う激闘。2マーク手前では吉田選手が一歩リード。

最初のドラマは2マークでした。

吉田選手に内をとられ、更には内を伸ばしてきた4号艇中村亮太選手・3号艇秋田健太郎選手にもターンマーク内水域旋回コースを占有されると見た長野選手は艇を大きく外に持ち出し、狭い空間を差してこじ開けんと渾身の逆襲に出ます。

この差しはまず3号艇を交わし、次にターンマークと4号艇の間の狭く波動する水域を突き抜けて4号艇を交わします。

次のドラマはホーム直線で待っていたSG戦士吉田徳夫選手との激闘でした。初優勝へ向かう長野選手の前に、最後に立ちはだかる吉田選手の強く厳しい圧力。

ホーム直線から2周1マーク手前で、内長野・外吉田が舳先を並べる激闘は、外の吉田選手が3分の1艇身のぞきながら圧力を掛け続けます。それに耐え旋回のタイミングを計る長野選手。

ここは圧力に耐え続けた長野選手が粘り勝ちます。2周1マーク、優勝へ向けての先マイを放つ事に成功。吉田選手の逆転を狙う差しも今度は届かずそのままリードを広げます。

結果 3連単 1-6-4 20.4倍 2連単 1-6 6.5倍

Nagano2m2 ホーム直線で吉田選手の強烈な圧力に耐える長野選手

Naganog 長野選手。嬉しい初優勝のゴール

初優勝本当におめでとうございました。でもこれからやね。頂上までの途は険しく厳しいけど、ひとつひとつクリアして頑張ってください。

つい先日の兵庫・登録番号4176樋口喜彦選手の本当に嬉しかった初優勝といい、競艇界の新しい胎動は確実に始まっていると思う。

みんな頑張れ。競艇をもっともっとメジャーにするために。

--------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

常滑競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月21日 (土)

蒲郡ナイター 佐藤旭選手Vol-4

蒲郡競艇場 第15回スピード王座決定戦 第4日(準優勝戦)

昨日の2着でぎりぎり予選突破を果たした佐藤旭選手。

開き直って準優突破を図ることができるのか?普通に考えてメッチャ困難なのは明らかやけどね。

まず準優2回乗りの1走目はイン戦かろうじて踏ん張って2着を確保(第4R)し、迎えた第9R。

9R 準優勝戦  電話投票締切予定18:56

1 3893汐崎正則31愛知53A2 241 15       6
2 4269杉山裕也21愛知50B1 124 13       6
3 4150山田雄太25静岡54B2 223 13       4
4 3702貞兼淳二34福岡59A2 34111        5
5 4212宮地孝四23福岡53B1 252 31       5
6 4273佐藤  旭25静岡51B1 344 24       4

展示では5号艇宮地孝四朗選手がカドを取り、仕掛けに期待したのですが、本番では4号艇貞兼淳二選手に取り返されます。

進入は枠なり。3対3。

レースは1号艇汐崎正則選手が08スタートからターンマークを先まい。2号艇杉山裕也選手更に4号艇貞兼淳二選手のツケマイを跳ね除けそのままイン戦押しきります。後続するは内から鋭く切り込んだ、機力気力とも充実の3号艇山田雄太選手。

佐藤選手も06トップスタートから最内差しに全てをかけ、バック中間では3番手を窺う位置に付けます。しかし2マーク内から窮屈な態勢のまま小回りで切り込むしかなくなり、外へ流れ6番手まで落ちゲームオーバー。

3番手は2号艇杉山裕也選手がリードを広げ、その後繰り広げられた2番手争いは3号艇山田選手が2周2マークでケリをつけ、2周ホーム直線で1-3-2の体制。

結果 3連単 1-3-2 15.3倍 2連単 1-3 3.6倍

My choice 2連単 1-6 5ポイント前売り投票。(残390.4ポイント) 

このレースはコンマ0台が4艇とスタート合戦となり、06とトップスタート踏み込んだ佐藤選手が主導権争いに加わる機会がなく終わってしまいました。欲を言えば2マークの位置取りに工夫が欲しかったけど、あの状態ではコース変更も出来なかったのでしょう。残念やけど予選突破がある意味ラッキーだったわけでしょうがない。

佐藤旭選手の目標はA級に昇格すること。そして1着を取る走りをすること。

今期に入ってそのコメントとは逆の結果が続いているけれど、何とか持ち前の積極果敢さを取り戻し、目標実現に向けて進んで欲しい。明日最終日も全力を尽くして挑んで欲しいものです。

--------------------------

蒲郡競艇場 第15回スピード王座決定戦 最終日

最終日全体の出走予定はこちら

--------------------------

5R 一般戦  電話投票締切予定16:48

1 4179広次  修24山口51B1 5 55116      8
2 3234金森史吉40香川54A2 62213 56    11
3 4273佐藤  旭25静岡51B1 344 2426    10
4 4215吉島祥之22愛知54B1 23136 23    10
5 3924平井紀之32千葉60B2 5 465 53     1
6 3539金子順一39山口51A2 2L5 3564     9

10R 選抜戦  電話投票締切予定19:22

1 2787藤井定美52群馬55A2 41535 13     7
2 3537田山和広39大分58A2 5 222354     6
3 4215吉島祥之22愛知54B1 23136 23     5
4 3303渡辺  豊39神奈57A2 342 5444     4
5 4273佐藤  旭25静岡51B1 344 2426     5
6 4212宮地孝四23福岡53B1 252 3155     7

明日は第10R選抜戦に前売り投票。ここは2連単でいうと、1-3・1-2・3-1あたりが人気するだろうし順当とも思うけど、あえて若手3選手の連動・佐藤選手の2・3着で狙ってみる。

3-5-6 5ポイント 3-6-5 5ポイント前売り投票(残380.4ポイント9)

----------------------------

12R 優勝戦  電話投票締切予定20:32

1 4008中尾  誠28佐賀49A1 11232111      
2 3893汐崎正則31愛知53A2 241 1541      
3 3352小川晃司39福岡50A1 11333231      
4 4094中島真二26福岡51B1 13113 32      
5 3998冨成謙児28佐賀50A2 42311362      
6 4150山田雄太25静岡54B2 223 1312

スピード王座決定戦にふさわしい楽しそうな優勝戦。

前半・終盤と完璧なレース振りの中尾誠選手が、スピード自慢の他艇の攻撃を交わして、逃げ切る事ができるかに注目です。

----------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

蒲郡競艇場オフィシャルページはこちら 

多摩川 峰竜太選手Vol-6

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 最終日

今日の峰竜太選手。最終日の2走は自分で仕掛ける前に先手を打たれて、両レースとも苦しい展開に終始してまいました。

7R 一 般 戦  電話投票締切予定13:49

1 3244後藤道也43三重60B1 553 361 63   3
2 3004早川清一50愛知53B1 6 1 654613   3
3 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S132 11  11
4 4315山崎昂介23長崎52B1 6 3 64552    1
5 3398有田  岳40埼玉52B1 6 2S4 4316   2
6 3760松村賢一35香川58A2 414 222663  10

進入は263・451

レースは2コースに進入した6号艇松村賢一選手が、スリット先手から2号艇早川清一選手を捲くり一発で仕留める展開。

峰選手はこの仕掛けに乗じて捲くり差しに入ろうとするも、外を先に1号艇後藤道也選手に攻められ、更に内に小回りで残そうとする2号艇早川選手に入り込まれる苦しい展開に追い込まれます。バック水面では先頭を行く6号艇、追走する1号艇2号艇を追う4番手位置。

しかし2マーク5番手から突進する5号艇有田岳選手を間一髪交わし、ターンマークすれすれをサイドを効かせて高速で差し込みホーム直線で2番手争いに喰い込む事には成功。2周1マークで2番手を取り切ります。2周バックで6-3-2の体制。

結果 3連単 6-3-2 47.8倍 2連単 6-3 7.9倍

My choice 前売りパス。

11R 選 抜 戦  電話投票締切予定15:50

1 3261大川茂実44岡山51A1 152221413S   6
2 3627井上恵一37福岡53A1 511 541545   5
3 3868尾形栄治31東京54A2 2331423455   8
4 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S132 11   7
5 4009小林一樹28山口56A2 33425 1514   8
6 4407鹿島敏弘21群馬52B2 4 341 1643   5

進入は123・456

レースは人気の一方1号艇大川茂実選手がスタート凹み、ここも2コース井上恵一選手が捲くり一発でレースを主導。峰選手は井上選手をツケマイで攻めるも外へ流れ不発。

峰選手はこのツケマイが裏目に出て、バック直線では2号艇井上選手を追尾する5号艇小林一樹選手、更にそれを追う3号艇尾形栄治選手、6号艇鹿島敏弘選手にも遅れをとる苦しい展開。

ホーム直線で2-5体制。

焦点の3番手争い。峰選手は2周1マーク外から内へ高速で切り込みを図りますが、引き波の上で大きく舳先を浮かして万事きゅうす。3号艇尾形選手が2周バックで3番手安全圏。

いろいろあった峰選手の今節最終ランは、15トップスタートをきりながら結局4着。

結果 3連単 2-5-3 257倍 2連単 2-5 47.8倍

My choice 4-1-2 5ポイント 4-1-3 5ポイント前売り投票。マイナス10(残395.4ポイント)

結局今日の2走は先に他艇に仕掛けられ、その仕掛けにうまく乗れないまま、有利にレースを進められない結果となってしまった。

峰選手のレースを大量観察すると、今のところ差しや捲くり差しを選択した時の1着率が高いわけで、展開に左右される確率も高い。

今後強敵を自力で仕掛け倒さねばならない局面も増えてくるだろうけど、そのとき峰竜太選手がどうするか。今後に注目です。

次節は宮島 G3新鋭リーグ第12戦巌島昇龍決戦(7月25日-30日)。

----------------------------

12R 優 勝 戦  電話投票締切予定16:22

1 3978齊藤  仁30東京50A1 3111212311   
2 3184山田省二48愛知52B1 12233 1122   
3 2942瀬尾達也47徳島52A1 2421424122   
4 2974木下繁美49福岡51B1 415 112351   
5 3373黒瀬三幸40福岡52B1 14121 2433   
6 3837秋山広一32香川52A1 3633111216

ここは圧倒的な人気に応えた齊藤仁選手が、14トップスタートから逃げ切り見事優勝。次節SG桐生オーシャンカップに弾みをつけました。優勝おめでとうございます。

オーシャンカップでの活躍が楽しみです。

結果 3連単 1-3-6 8.9倍 2連単 1-3 3.1倍

------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

多摩川競艇場オフィシャルページはこちら   

2007年7月20日 (金)

蒲郡ナイター 佐藤旭選手Vol-3

蒲郡競艇場 第15回スピード王座決定戦 第3日

早くも予選最終日を迎えた蒲郡スピード王座決定戦。

佐藤選手は2走だが第11Rは一般戦。ここまでの3走は中間着が続き(3・4・4)予選突破のためには第5Rは絶対に1着が欲しい。

でも今期に入って1着がなかなか取れないんよな。どこで流れを変えることが出来るのか。

5R 予 選  電話投票締切予定16:52

1 4269杉山裕也21愛知50B1 124         12
2 3441土屋太朗37群馬54A1 1115        10
3 4273佐藤  旭25静岡51B1 344         11
4 3340池田雷太42東京55B1 2536         
5 3859多羅尾達34神奈54B1 1554         
6 3376萩原善行40群馬52B1 334          9

5Rは頭取って流れをかえるチャンス。

進入は枠なり。3対3。佐藤選手はスロー3コースから勝負を挑みます。

レースは先マイに出る1号艇杉山裕也選手に対し、3号艇の佐藤選手が捲くり差し、2号艇土屋太朗選手が差して攻めるという展開。しかしここはインの杉山選手が踏ん張りイン戦押しきり態勢。2番手は佐藤選手が土屋選手に対し若干のリードを奪います。

2番手争いは佐藤VS土屋の激戦となりますが、2周2マークで先マイを打つ土屋選手の内から鋭く切り込んだ佐藤選手に軍配。2周ホーム直線で1-3-2の体制。

結果 3連単 1-3-2 30倍 2連単 1-3 16.5倍

My choice 3-1-2 5ポイント前売り投票(残405.4ポイント)

何かあと一歩届かんのよな。

これを機力やペラのせいにするのは簡単な事やけど、自分は否と言いたい。これは究極のところ勝利に対する執念の問題やと思う。今期これで33走して1着が2本しか取れていないのは、ペラ云々やモーター云々もあるやろけど、どっか内面に課題があるに違いない。それを恐れず見つめて克服していけるのか。自分は競艇選手の内面に注目して、レースを見ている。

このレース2着では予選突破は難しいか。しかし結果待ちには持ち込んだ。

11R 一般特選  電話投票締切予定20:00

1 3998冨成謙児28佐賀50A2 4231         4
2 2620竹内将浩56岡山50B1 1 66         2
3 3788一宮稔弘35徳島50A1 1324         7
4 3893汐崎正則31愛知53A2 241          6
5 4273佐藤  旭25静岡51B1 344          5
6 4212宮地孝四23福岡53B1 252          3

一般戦となるこのレースでは何とか2着に喰い込んで欲しい。4号艇汐崎正則選手の仕掛けに乗じて内をえぐるように差せばチャンスはあると思う。行き場があることを祈る。

と思っていたら仕掛けたのは本番5カドから一気に捲くりに出た6号艇宮地孝四朗選手でありました。

進入は1234・65

4コースの汐崎正則選手が凹んだ好機を見逃さず一発で仕留てしまいました。後続は人気を集めていた、3号艇一宮稔弘選手と1号艇冨成謙児選手。

ホーム水面で6-3-1の体制。

佐藤選手にも好機到来かと思いましたが、1マークで捲くり差そうとするところを2号艇竹内将浩選手に前を塞がれて万事休す。2周1マークで4番手に浮上したのが精一杯。

結果 3連単 6-3-1 211.3倍 2連単 6-3 100.3倍

My choice 前売りパス。

-----------------------------

蒲郡競艇場 第15回スピード王座決定戦 第4日

明日の全体の出走予定はこちら

----------------------------

道中の追い上げ見てると機力は遜色ないようにも見える佐藤選手。何とか準優に残ったようで明日は悔いのないレースをして欲しい。明日は準優勝戦第9R6号艇。

9R 準優勝戦  電話投票締切予定18:56

1 3893汐崎正則31愛知53A2 241 15       6
2 4269杉山裕也21愛知50B1 124 13       6
3 4150山田雄太25静岡54B2 223 13       4
4 3702貞兼淳二34福岡59A2 34111        5
5 4212宮地孝四23福岡53B1 252 31       5
6 4273佐藤  旭25静岡51B1 344 24       4

強敵がずらりと揃うこのレース。どうやって突破するか?中段の混戦から生ずる一瞬のチャンスを差してものにするしかないやろな。明日は2着狙いに徹して虎視眈々とチャンスを窺って欲しい。

2連単 1-6 5ポイント前売り投票(残390.4ポイント)

6コースから飛び道具。競艇の楽しさを見せて欲しい。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

蒲郡競艇場オフィシャルページはこちら

多摩川 峰竜太選手Vol-5

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 第5日

予選13位で次点に涙を呑んだ峰竜太選手。その悔しさを爆発させるかのように多摩川を駆け抜けました。

4R 一 般 戦  電話投票締切予定12:25

1 4444桐生順平20埼玉50B2 4 541 33    10
2 3420荒金  順37岡山57B1 2 56262      8
3 3378八木富重39愛知54B1 5 433156      
4 3496赤坂  等39群馬52B1 12554 45      
5 3861岩永高弘33長崎56B1 164 6232     9
6 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S132     10

進入は234・561

レースは5号艇岩永高弘選手の捲くりVS6号艇峰選手の捲くり差しの一騎打ちの様相。しかしイン2号艇荒金順選手の頭をかすめるように捲くり差した峰選手がバック中間で岩永選手をリード。

2マークで高速旋回を決めた峰選手がリードを広げます。3番手は1マーク内小回りから追走ポジションを確保した3号艇八木富重選手。ホーム中間で6-5-3の体系。

注目の桐生順平選手は2周1マークで4番手に喰いつくのが精一杯の4着。

結果 3連単 6-5-3 49倍 2連単 6-5 5.5倍

My choice 前売りパス。

峰選手ならではの5コースからの捲くり差しが炸裂しファンの期待に応えたレースとなりました。

10R 一 般 戦  電話投票締切予定15:20

1 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S132      4
2 3901松田憲幸30山口52B1 6 214362     3
3 4199北川潤二25愛知57A2 532 3565     5
4 3244後藤道也43三重60B1 553 361      5
5 3588新藤哲三34静岡56A2 24643 26     3
6 4444桐生順平20埼玉50B2 4 541 33     4

ここも峰選手が一本かぶりの人気を集めます。

ただ進入は5号艇新藤哲三選手の前付けに抵抗はせず、2コース戦を選択。

進入は5・12・346

レースは先マイ態勢にはいる5号艇新藤選手を2号艇松田憲幸選手がツケマイで攻め、空いた内に峰選手の定番2コース差しが突き刺さるという展開。この峰選手の差しは見事差しぬけて、バック中間で早くも先頭リードを広げて行きます。

後続はイン戦残した5号艇新藤哲三選手と内から伸ばしてくる4号艇後藤道也選手の2マーク勝負となりましたが、窮屈な態勢から2番手先マイした後藤選手のターンが外へ膨らみ新藤選手が2番手リードを広げます。ホーム中間で1-5-4の体制。

注目していた桐生選手は一旦は4番手位置につけるも2周2マークでターンが甘くなったところを2号艇松田選手に抜き去られて5着。まだまだ旋回時の位置取りやハンドルワークに課題がありそうです。でも必ずや短期間で課題を克服して、結果を出せる選手やと思う。頑張って修練して欲しい。

結果 3連単 1-5-4 26.3倍 2連単 1-5 6.4倍

My choice 2連単 1-6 7ポイント前売り投票(残410.4ポイント)

-------------------------------

不屈の艇王植木通彦選手が引退という衝撃のニュース。

ムチャクチャ寂しいけど、これも艇王植木選手の男の美学なんやろな。

競艇ファンとしては後進選手の目標として、いつまでも燦然と輝いていて欲しかったという思いもある。

しかし植木選手の決断に対して「長い間競艇の面白さと興奮を伝えてもらって、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。」と言うしかないんやろね。

そして艇界を背負って立てるような選手が、彗星のようにまた雨後の筍のように、現れる事を願って応援を続けるしかないのでしょう。

若い選手だけではなく、中堅の域に入りながら果敢に自己改革を進めていける選手。

若手候補者の一人である峰竜太選手が、一日も早くより大きなステージで大活躍できる事を祈って止みません。

---------------------------

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 最終日

全体の出走予定はこちら

---------------------------

峰選手は第7R3号艇・第11R4号艇の配分。

7R 一 般 戦  電話投票締切予定13:49

1 3244後藤道也43三重60B1 553 361 63   3
2 3004早川清一50愛知53B1 6 1 654613   3
3 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S132 11  11
4 4315山崎昂介23長崎52B1 6 3 64552    1
5 3398有田  岳40埼玉52B1 6 2S4 4316   2
6 3760松村賢一35香川58A2 414 222663  10

11R 選 抜 戦  電話投票締切予定15:50

1 3261大川茂実44岡山51A1 152221413S   6
2 3627井上恵一37福岡53A1 511 541545   5
3 3868尾形栄治31東京54A2 2331423455   8
4 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S132 11   7
5 4009小林一樹28山口56A2 33425 1514   8
6 4407鹿島敏弘21群馬52B2 4 341 1643   5

今日連勝したくらいでは悔しさは晴れんやろ。明日も連勝して今節4連勝できっちり締めくくってもらいたい。

明日は第11R選抜戦に前売り投票。

4-1-2 5ポイント 4-1-3 5ポイント 前売り投票。(残395.4ポイント)

明日も人気を集めるであろう峰竜太選手。人気に高い確率で応える選手になっていけるかどうか。これからの一般戦での試練はそこにあると思う。

そしてその次はG1を取ること。

そして自力でSG。

先は長そうに見えるけど短期間でそれを成し遂げる事ができるかどうか。

これからも峰竜太の挑戦を応援していくぜ。

-----------------------------

12R 優 勝 戦  電話投票締切予定16:22

1 3978齊藤  仁30東京50A1 3111212311   
2 3184山田省二48愛知52B1 12233 1122   
3 2942瀬尾達也47徳島52A1 2421424122   
4 2974木下繁美49福岡51B1 415 112351   
5 3373黒瀬三幸40福岡52B1 14121 2433   
6 3837秋山広一32香川52A1 3633111216

明日の多摩川優勝戦。圧倒的に人気を集めるであろう齊藤仁選手がプレッシャーを跳ね除けて逃げ切ることが出来るかに注目です。

最後の最後はモーターと艇を操る気持ちの勝負やね。がんばれ齊藤仁選手。

------------------------------   

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

多摩川競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月19日 (木)

蒲郡ナイター 佐藤旭選手Vol-2

蒲郡競艇場 第15回スピード王決定戦 第2日

初日2走は3着4着と、いまいちスピードに乗り切れない佐藤旭選手。

2日目は一回走り。

4R 予 選  電話投票締切予定16:22

1 4094中島真二26福岡51B1 13          12
2 3352小川晃司39福岡50A1 11           9
3 4179広次  修24山口51B1 5           10
4 4273佐藤  旭25静岡51B1 34            
5 3659藤生雄人32群馬55A2 4           11
6 3234金森史吉40香川54A2 62           8

レースは4カドから6号艇金森史吉選手が捲くりにでますが、今節好調の1号艇中島真二選手が伸び返し何とか先マイ。佐藤選手は捲くった6号艇の外を2段捲くり気味に攻めて先陣争いの1号艇6号艇を追う3番手位置に付けます。

先頭は1号艇中島選手が若干のリードをキープしながら2周1マークでリードを広げます。2番手は6号艇金森選手が安全圏。佐藤選手も2周1マークで後続との差を広げ3番手とりきったかに見えました。

しかし2周2マーク旋回が甘く入ったところを3号艇広次修選手に絡まれ、3周2マーク3号艇を振り切ろうとする佐藤選手のターンが外へ流れる隙をつくように、2号艇小川晃司選手の差しが入り5番手からの大逆転を許します。佐藤選手は半艇身遅れの4着。

結果 3連単 1-6-2 14.8倍 2連単 1-6 14.4倍

My choice 前売りパス。

ここは完全に3番手を取りきっていたと見えただけに本人も地団駄踏んでいると思う。少しづつのミスが重なって逆転を許してしまったとしか言いようがない。

--------------------------

蒲郡競艇場 第15回スピード王決定戦 第3

全体の出走予定はこちら

--------------------------

佐藤選手は第5R3号艇第11R5号艇の配分。

5R 予 選  電話投票締切予定16:52

1 4269杉山裕也21愛知50B1 124         12
2 3441土屋太朗37群馬54A1 1115        10
3 4273佐藤  旭25静岡51B1 344         11
4 3340池田雷太42東京55B1 2536         
5 3859多羅尾達34神奈54B1 1554         
6 3376萩原善行40群馬52B1 334          9

11R 一般特選  電話投票締切予定20:00

1 3998冨成謙児28佐賀50A2 4231         4
2 2620竹内将浩56岡山50B1 1 66         2
3 3788一宮稔弘35徳島50A1 1324         7
4 3893汐崎正則31愛知53A2 241          6
5 4273佐藤  旭25静岡51B1 344          5
6 4212宮地孝四23福岡53B1 252          3

初日2日目といまいち乗り切れないレース振りの佐藤選手。第3日目は正念場のレース。明日は5Rに期待。

最近1着がなかなか取れない佐藤選手。3日目の第5Rは何とか4カドを取って飛び道具を炸裂させて欲しい。

3-1-2 5ポイント前売り投票。(残405.4ポイント)

いまのままやったら通勤快速までもいかん。普通電車で終わるな。目指せサンセットエクスプレス佐藤旭。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

蒲郡競艇場オフィシャルページはこちら

多摩川 峰竜太選手 Vol-4

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 第4日

今節はW準優制で予選突破枠は12個。携帯マクールさんによると、3日目終了時点で峰竜太選手は12位ボーダー上。予選最終日1走に賭けるしかない状況。

10R 予選特賞  電話投票締切予定15:20

1 3184山田省二48愛知52B1 12233        7
2 3627井上恵一37福岡53A1 511 54       4
3 4131原  豊土27静岡53A2 161425       
4 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S13       
5 4407鹿島敏弘21群馬52B2 4 341        3
6 2928山崎俊介52山口51B1 3 1415       6

全員が勝負駈けのこのレース。レース前の紹介によると、峰選手は1着をとって相手待ちの厳しい状況。

進入は枠なり。3対3。

レースはインの山田省二選手が先マイ態勢。それに対し3号艇原豊土選手が捲くり差し。峰選手は4カドからコンマ09と踏み込み、差し1本勝負という1マーク情勢。

しかしここは山田選手が踏ん張り、峰選手の差しも原選手の捲くり差しもあと一歩届きません。2マーク先マイの山田選手に峰選手が渾身の差しで差を詰めにかかりますが、ここも届かず、山田選手がリードを広げます。逆にホーム直線では原選手が峰選手を捉え舳先をぶつけ合いながらの激しい2番手争いに。

2周1マークではツケマイで攻めてくる原選手を牽制しながら、峰選手が内を高速で回りなんとか原選手を交わします。2周バックで1-4-3の体制。

原選手の追撃をかわした峰選手は1着逆転の望みを捨ててはいなかった。3周バックで3艇身は離されていた山田選手の一瞬の油断を見逃さず、3周2マーク懸命の差し込みをはかります。この差しは山田選手を捉えたかに見えました。しかしゴール前直線両者必死の伸び比べは約半艇身の差で山田選手が逃げ切ります。

残念ながらあと一歩届かず、予選突破はならなかった。

しかしながら山田選手の肝を冷やさせたであろう峰選手の執念の追い込み。ここに峰竜太の意地をみた気がします。

結果 3連単 1-4-3 38.3倍 2連単 1-4 8.7倍

My choice 4-1-3 5ポイント前売り投票。マイナス5(残417.4ポイント)

自分もB型なんでなんとなく推測つくのですが、今節の峰選手は機力も自分にあっていたようで、気持ちも高ぶりちょいハイに成り過ぎていたような気がする。

2日目の前半戦で転覆艇と接触しフィンがとれたのは不運だとしても(5着)、後半戦の山田選手に対する無茶攻め(最後はキャピッてエンスト失格)が最後までたたってしまった。

最後の最後は気持ちが左右するセンシティブな勝負事である競艇。これからはどんな状況でもクールに勝負に挑んで欲しい。

------------------------

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 第5日

全体の出走予定はこちら

------------------------

峰選手は第4R6号艇・第10R1号艇の配分

準優進出はならなかったものの、両方とも楽しそうな番組。粋なはからいの多摩川競艇場さんなのです。

明日はW準優もさることながら、峰竜太選手と100期の注目新人・勝負師のDNAが埋め込まれているはずの桐生順平選手の対戦を心から楽しみたい。

4R 一 般 戦  電話投票締切予定12:25

1 4444桐生順平20埼玉50B2 4 541 33    10
2 3420荒金  順37岡山57B1 2 56262      8
3 3378八木富重39愛知54B1 5 433156      
4 3496赤坂  等39群馬52B1 12554 45      
5 3861岩永高弘33長崎56B1 164 6232     9
6 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S132     10

10R 一 般 戦  電話投票締切予定15:20

1 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S132      4
2 3901松田憲幸30山口52B1 6 214362     3
3 4199北川潤二25愛知57A2 532 3565     5
4 3244後藤道也43三重60B1 553 361      5
5 3588新藤哲三34静岡56A2 24643 26     3
6 4444桐生順平20埼玉50B2 4 541 33     4

明日の第4Rは進入が予測しにくいので、前売りはパス。

第10Rに前売り投票。桐生選手にとっては当面の標的になるであろう95期の出世頭・峰竜太選手。明日は逃げる峰選手に対する桐生選手の大外からの喰いつきに期待。峰選手ここは意地でもコース譲らないで逃げてや。

2連単 1-6 7ポイント前売り投票。(残410.4ポイント)

明日も楽しそうな多摩川競艇場なのであります。

-------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

多摩川競艇場オフィシャルページはこちら

蒲郡ナイター 佐藤旭選手Vol-1

蒲郡ナイター 第15回蒲郡スピード王座決定戦 初日

佐藤旭選手は初日2走。

2R 予 選  電話投票締切予定15:26

1 3859多羅尾達34神奈54B1 4.69 29.29              11
2 4273佐藤  旭25静岡51B1 4.97 27.03               8
3 3924平井紀之32千葉60B2 3.19 10.14               
4 4212宮地孝四23福岡53B1 4.35 26.17              10
5 2888田中  寛51広島55B1 4.14 16.48               9
6 2111鎌野  武63香川52B1 3.46 15.38               7

ここは進入が鍵を握るレース。展示ではベテラン2選手に内に入り込まれスロー5コース回りとなった佐藤選手でしたが、本番は枠を主張。

進入は1246・53

レースは1号艇多羅尾達之選手が25スタートからイン戦押しきり。佐藤選手は差しハンドルを入れますが、多羅尾選手を捉えるにはいたらず、4号艇宮地孝四朗選手と2番手を争う位置。しかし2マーク外を全速で攻めた宮地選手が2番手リードを奪いホーム中間で1-4-2の体制。

結果 3連単 1-4-2 10.9倍 2連単 1-4 4.9倍

My choice 前売りパス。

8R 予 選 進入固定  電話投票締切予定18:24

1 2787藤井定美52群馬55A2 6.18 42.02              4
2 3407道見数成38東京55B1 3.64 14.46               
3 3537田山和広39大分58A2 5.45 36.00               
4 4227安達裕樹24三重54A1 6.62 52.53             12
5 4094中島真二26福岡51B1 5.48 34.69              3
6 4273佐藤  旭25静岡51B1 4.97 27.03              2

蒲郡名物進入固定戦。佐藤選手の6コース戦は面白いけど、進入固定ではやっぱ苦しい。

レースは16スタートから先マイの1号艇藤井定美選手がイン戦押しきり。追走は内差した4号艇安達裕樹選手が2番手有利な位置に持ち込みます。レースの焦点は3番手争い。2マークで内から伸ばして切り込んだ5号艇中島真二選手が若干キャピリ気味になるもそれが展開上プラスに働き3番手リードを奪います。

佐藤選手は捲くり差すも向き直った直後は4番手を争う位置。2周1マークでは先行する5号艇中島選手と3号艇田山和弘選手の中間位置に突入を図るも攻めきれず。その後も3番手中島選手にターンマーク毎に喰いつくも届かずの4着。

結果 3連単 1-4-5 6.9倍 2連単 1-4 2.6倍

My choice 前売りパス。

------------------------------

蒲郡ナイター 第15回蒲郡スピード王座決定戦 第2日

全体の出走予定はこちら

------------------------------

初日2走は中間着を並べてしまった佐藤選手。2日目は1回走り。冴えた走りを披露することが出来るか?

4R 予 選  電話投票締切予定16:22

1 4094中島真二26福岡51B1 13          12
2 3352小川晃司39福岡50A1 11           9
3 4179広次  修24山口51B1 5           10
4 4273佐藤  旭25静岡51B1 34            
5 3659藤生雄人32群馬55A2 4           11
6 3234金森史吉40香川54A2 62           8

このレースは4カドが欲しいけど、主張できるか。大外のスペシャリスト小川晃司選手の攻めに乗じて捲くり差し、好位置を手に入れて欲しい。

ここも前売り投票はパス。昨日のリプレイ見た限りでは、走りにまだキレとコクがなさそう。第2日目のこのレースキレの良い走りで連勝した小川選手に追随して調子を上昇させて欲しいものであります。まずはサンセットエクスプレス佐藤旭になってくだされ。

----------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

蒲郡競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月18日 (水)

多摩川 峰竜太選手 Vol-3

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 第3日

昨日の不運なレース展開で、予選突破に向けて早くも勝負駈けに追い込まれた峰竜太選手。

ここで予選落ちするわけにはいかぬぞ。

8R 予  選  電話投票締切予定14:19

1 4315山崎昂介23長崎52B1 6 3          2
2 3861岩永高弘33長崎56B1 164          4
3 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S        12
4 4127古賀宗勝28福岡51B1 2 65         5
5 4293鈴木智啓21愛知54B1 461          4
6 3877松浦博人30神奈57A2 453         11

進入は234・561

全艇がコンマ1台揃ったスタートとなるも、インの2号艇岩永高弘選手が11発進から、外から攻めてくる4号艇古賀宗勝選手を牽制しながら先マイ。峰選手は15発進で空いた内に狙いすました差しを放つという展開。この差しが2号艇岩永選手を捉えバック中間では艇を並べての先陣争いとなります。

しかし2マーク。内からスッと艇を伸ばした峰選手が、2マークを先マイ。艇をバタつかせてしまった岩永選手を尻目に大きくリードを広げます。ホーム中間で3-2体系。3番手は1マークで好位置を占めた5号艇鈴木智啓選手がホーム直線で安全圏に持ち込みます。

結果 3連単 3-2-5 30.3倍 2連単 3-2 7.0倍

My choice 3-2-6 5ポイント 3-2-5 5ポイント前売り投票。151.5ポイント獲得で残は422.4ポイント。

やっぱ峰選手の2コース戦は安心して見ていられる。今日の第8Rは冷静な捌きでポイントを挽回。予選突破へ望みをきっちり繋ぎました。

12R 記者選抜戦  電話投票締切予定16:22

1 3978齊藤  仁30東京50A1 3111         9
2 3926大古場貴31佐賀50B1 2 26         6
3 3627井上恵一37福岡53A1 511          4
4 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S         8
5 2928山崎俊介52山口51B1 3 14         5
6 3760松村賢一35香川58A2 414          4

ここは1号艇齊藤仁選手の逃げ切りが超濃厚なレース。

峰選手は対抗人気を集めるオッズの情勢。展示では4カドをとった峰選手でしたが、本番では井上恵一選手にカドを取られ5コース。進入は126・345。

レースは1号艇齊藤選手が22と控え目なスタートながらターンマーク先マイ。バック水面で早くもイン戦押しきり態勢。後続は外から6号艇・2号艇・3号艇が艇を並べる激戦となりますが6号艇マツケンこと松村賢一選手が安全圏に持ち込みます。

峰選手は向き直った位置は外4番手。しかしここから冷静に差を詰め3周1マークで先に回らんとする3号艇井上選手の外をかぶせるように回り、3番手有利な位置に持ち込みます。3周2マークでも内から突進する3号艇を交わし3番手確保。

結果 3連単1-6-4 27.8倍 2連単 1-6 10.4倍

My choice 前売りパス。

ここは4カドからの攻めを見たかったけど、本番5コースまわりとなってしまいました。しかし1マーク旋回直後の不利な位置を冷静に詰め3番手を確保。予選突破に向けてここでもポイントを挽回。明日の予選最終日に望みを繋ぎました。

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 第4日

全体の出走予定はこちら

峰選手は第10R4号艇の配分。1走。

10R 予選特賞  電話投票締切予定15:20

1 3184山田省二48愛知52B1 12233        7
2 3627井上恵一37福岡53A1 511 54       4
3 4131原  豊土27静岡53A2 161425       
4 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S13       
5 4407鹿島敏弘21群馬52B2 4 341        3
6 2928山崎俊介52山口51B1 3 1415       6

3日目終了時点で1・3・失・5・1・3という成績。シード戦のポイント増しがあるけど、W準優12名に残るためには厳しい状況やと思う。明日は2着以上確保が絶対条件か?競艇OFwebさん。一般戦でも得点状況を知らせるサービスをして欲しい。

このレースは2日目に大競りを演じ、峰選手を吹っ飛ばした山田省二選手が1号艇という面白い組み合わせ。ここはリベンジに燃えるというよりは冷静に差し技で勝負して欲しい。

明日勝負を賭ける差し技を放つと見て、山田選手2着&前から気になる原豊土選手の3着付けで1点勝負。

4-1-3 5ポイント前売り投票。(残417.4ポイント)。

明日は一般戦では、勝負強い峰竜太選手に期待したい。一発決めろ峰竜太。

----------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

多摩川競艇場オフィシャルページはこちら

蒲郡ナイター 佐藤旭選手 前検

今日から登録番号4273佐藤旭選手が蒲郡ナイター・名古屋タイムズ杯争奪 第15回蒲郡スピード王座決定戦に登場。

前節尼崎では準優勝戦で4着と敗れ、ライジングサン佐藤旭になり損ねましたが、今節蒲郡でムーンライトエクスプレス佐藤旭になれるかどうか。

モーター抽選の結果はこちら

初日の全体の出走予定はこちら

佐藤選手は40号機(38.2%)70番(43.3%)前検タイムは6.71(9位)

第15回蒲郡スピード王座決定戦 初日

全体の出走予定はこちら

佐藤選手は第2R2号艇・第8R6号艇の配分

2R 予 選  電話投票締切予定15:26

1 3859多羅尾達34神奈54B1 4.69 29.29              11
2 4273佐藤  旭25静岡51B1 4.97 27.03               8
3 3924平井紀之32千葉60B2 3.19 10.14               
4 4212宮地孝四23福岡53B1 4.35 26.17              10
5 2888田中  寛51広島55B1 4.14 16.48               9
6 2111鎌野  武63香川52B1 3.46 15.38               7

8R 予 選 進入固定  電話投票締切予定18:24

1 2787藤井定美52群馬55A2 6.18 42.02              4
2 3407道見数成38東京55B1 3.64 14.46               
3 3537田山和広39大分58A2 5.45 36.00               
4 4227安達裕樹24三重54A1 6.62 52.53             12
5 4094中島真二26福岡51B1 5.48 34.69              3
6 4273佐藤  旭25静岡51B1 4.97 27.03              2

第2Rは外のベテラン2選手の前づけがありそうで、佐藤選手は4カドか5コースっぽい。また第8Rは進入固定の6号艇と、今日の2走は両レースとも外からのレースになる。

前売り投票するならやっぱ第8Rの2・3着付けに魅力を感じるのですが、初日は展示気配重視で前売り投票はパス。リアルタイム投票にします。

今節の佐藤旭選手。スピード王決定戦の名にふさわしいスピード感溢れる外からの攻めに期待したい。

仕事中なんで短縮バージョンで。

------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

蒲郡競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月17日 (火)

多摩川 峰竜太選手Vol-2

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 第2日

今日の多摩川は荒れた状況。第9Rでは地元期待の梶野学志選手が2番手好走しながら先頭を行く谷本幸司選手のキャピテーションに巻き込まれる形で転覆し、右ひじ骨折の疑いで帰郷(責任外)するという残念な結果に。

またボート破損も相次ぎ、荒れたレース模様となりました。

初日好成績の峰選手も、第2日は5着&エンスト失格と2レースとも不覚をとり、序盤で深く傷ついてしまいました。好事魔多しとはこの事か。

7R 予  選  電話投票締切予定13:49

1 3189矢野素也45高知54A2 32          12
2 3378八木富重39愛知54B1 5            2
3 4199北川潤二25愛知57A2 53            
4 2928山崎俊介52山口51B1 3            3
5 4320峰  竜太22佐賀55A1 13          11
6 3398有田  岳40埼玉52B1 6            1

今日は第7Rの方が配当面白そうなんで、前売り投票してまいましたが、面白ろ過ぎでござった。

進入は123・456

レースはセンターの3・4号艇がスリットリードするも攻めきれず、1号艇の矢野素也選手が先マイ、2号艇八木富重選手が差し、という展開。この攻防は結局1号艇矢野選手がイン戦押し切り態勢。

人気の中心峰選手はコンマ09で発進し捲くり差しを狙うも、艇が外へ流れて向き直った直後に既に遅れをとる展開。

2マークでは先マイの1号艇矢野選手がキヤピリ気味になったところへ、内から切り込んだ6号艇有田岳選手が激突転覆。「ありたぁあー。あ痛っったぁ。」

しかしこのアクシデントをうまく避けた5号艇峰選手がここで2番手まで浮上。ホーム中間では1-5体制。3番手は2号艇と3号艇が争う情勢。ここで1-5-2か1-5-3で決着かと思ったファンも多いはず。

しかしここからや。分からんのは。2周1マーク峰選手は大きく開いて1号艇の内or外に攻め込もうとするものの、サイドが全くかからず開きながら外へ外へと流れアット言う間に遅れをとります。

普通に回ってたら2番手安全圏は確保できたはずの旋回をミスってしまった。これは2マークで転覆した6号艇をすり抜けた時にボートが接触破損したとしか思えない変な旋回だった。

この2周1マークの攻防で内を普通に回った3号艇北川潤二選手が2番手を逆転確保。3番手には外流れながらも2号艇八木選手が付けます。

峰選手は2周2マーク転覆艇を避けての旋回でもサイドがうまくかからず、外へ流れ消波装置ぎりぎりを回ってしまい結局5着大敗。

結果 3連単 1-3-2 161.2倍 2連単 1-3 24.4倍

My choice 5-1-6 7P 1-5-6 3P 前売り投票。マイナス10(残280.9P)

このレースは多分艇が破損し、見た目ぶさいくなレースをしてしまった峰選手。ただ気になるのは1マークの攻防で艇の踏ん張りが利かなかったように見えたこと。原因は何なのか?

11R 予選特選  電話投票締切予定15:51

1 3868尾形栄治31東京54A2 23           8
2 4320峰  竜太22佐賀55A1 13           7
3 3184山田省二48愛知52B1 12           4
4 3261大川茂実44岡山51A1 15           6
5 3588新藤哲三34静岡56A2 24           5
6 4127古賀宗勝28福岡51B1 2            3

第7Rで艇が破損し、ボートを変更して望んだ第11R。

展示進入から攻められてしまいます。結局本番進入は135・246。

レースは1号艇尾形選手が41とスタート遅れ、3号艇山田省二選手が捲くりに出ます。そこへ4カドから2段捲くり気味に攻め込んだ峰選手は、山田艇に艇を乗り上げるように突っ込んで外へ飛ばされる結果に終わります。

峰選手は冷静に山田選手を行かせて、差しておれば頭取れたように見えたのですが。

結果として大競になってしまった山田VS峰の攻防の隙に、スタートで凹んだ1号艇尾形選手が先頭有利な位置へ出てしまいます。後続は捲くり差して飛び込んだ4号艇大川茂実選手と峰選手を吹っ飛ばしながら外残った3号艇山田選手。この3艇の先頭争い激闘は、2マークで1号艇尾形選手が位置取り有利にリードを広げ、ホーム中間で1-4or3の体制が固まっていきます。

峰選手は5号艇新藤哲三選手と4番手を争う位置。しかし2周2マーク5号艇に先手をとられてあせったか全速旋回で攻めようとした瞬間大きくキャピってエンスト停止。そのまま再起動できず失格。

結果 3連単 1-4-3 47.7倍 2連単 1-4 16.1倍

My choice 前売り投票パス。

11Rの峰選手は第7Rの結果を挽回しようとあせったか、あるいは機力に自信持ちすぎなのかレース運びがやや強引にすぎたような気もする。

初日の好成績を2日目でパーにしてしまった峰選手。明日以降どう立て直すかが注目されます。冷静になれるか峰竜太。

------------------------------

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 第3日

全体の出走予定はこちら

------------------------------

峰選手は第8R3号艇・第12R4号艇の配分。

8R 予  選  電話投票締切予定14:19

1 4315山崎昂介23長崎52B1 6 3          2
2 3861岩永高弘33長崎56B1 164          4
3 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S        12
4 4127古賀宗勝28福岡51B1 2 65         5
5 4293鈴木智啓21愛知54B1 461          4
6 3877松浦博人30神奈57A2 453         11

12R 記者選抜戦  電話投票締切予定16:22

1 3978齊藤  仁30東京50A1 3111         9
2 3926大古場貴31佐賀50B1 2 26         6
3 3627井上恵一37福岡53A1 511          4
4 4320峰  竜太22佐賀55A1 135S         8
5 2928山崎俊介52山口51B1 3 14         5
6 3760松村賢一35香川58A2 414          4

明日は峰選手がシリーズを盛り上げる事ができるか否かの大事な2走。

特に第8Rは絶対勝たねばならないレースです。ここで負けたら06新人王の名がすたるというもの。

2・3着は悩むものの、3-2-6 5ポイント 3-2-5 5ポイント前売り投票(残270.9ポイント)。

峰選手も一般戦では常に人気を集める存在となり、舟券戦略的には難しい局面。

しかしスポーツ感覚でシリーズ全体を楽しむ上では、峰選手のレースはハラハラドキドキもんで面白い。今節もここというレースで一発決めて2日目の失策を挽回して欲しいものです。

------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

多摩川競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月16日 (月)

多摩川 峰竜太選手Vol-1

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 初日

多摩川競艇場には2年ぶりの登場となった峰竜太選手。多摩川のファンの前で大きく成長した姿を披露しました。

初日は2走。

7R 予  選  電話投票締切予定13:49

1 4320峰  竜太22佐賀55A1             12
2 3846藤井  理30山口59B1               
3 3793高橋真吾34東京57B1              2
4 3760松村賢一35香川58A2             10
5 3868尾形栄治31東京54A2             11
6 4293鈴木智啓21愛知54B1              1

進入は124・563

全艇がコンマ20以降のスタートとなりましたが、峰選手は27スタートから伸び返し、ターンマークを外の艇をうまく牽制しながら先マイ。バック水面でイン戦押しきり態勢に持ち込みます。

後続は4号艇松村賢一選手と5号艇尾形栄治選手が有利に事を進めるかと思われましたが、2マーク2番手先マイの松村選手のターンが流れます。

その間に尾形選手が2番手を奪取。さらに内に艇を差し込んだ3号艇高橋真吾選手が3番手に浮上。

結果 3連単 1-5-3 21.3倍 2連単 1-5 4.2倍

My choice 前売り投票パス

今節合えば出るといわれる好モーターを手にし、自信たっぷりのコメントを述べていた峰選手。第1走目のイン戦を捲くらせず差させず、危なげなくものにしました。

12R 多摩川選抜戦  電話投票締切予定16:22

1 2942瀬尾達也47徳島52A1              9
2 3978齊藤  仁30東京50A1              5
3 3837秋山広一32香川52A1              4
4 4140梶野学志26東京52A1              8
5 3261大川茂実44岡山51A1              6
6 4320峰  竜太22佐賀55A1              7

今節の主役が顔を揃えた多摩川選抜戦。

進入は枠なり。3対3。

レースは瀬尾達也選手がG1でのFにも負けずコンマ10トップスタートから先マイに出ますが、機力がイマイチなのか、2号艇齊藤仁選手に伸びで劣勢。斉藤選手のツケマイ攻撃を許してしまいます。

その攻防の間に内に4号艇梶野学志選手が差し込み、更に6号艇峰選手が最内を差して飛び込んできます。

バック水面ではツケマイで1号艇瀬尾選手を沈めた齊藤選手が艇団をリード。2番手は梶野選手が安全圏。3番手争いは2マークで峰選手が抜け出し有利なポジション。

2周1マークでは内から伸ばした1号艇瀬尾選手に3番手先マイを許しますが、果敢な外全速旋回で再びリードを奪います。2周2マークでも執拗に逆転を狙う瀬尾選手が先マイしますが、今度は艇が暴れるのをものともせず、瀬尾選手の内に鋭く切り込み3番手争いに決着をつけます。

結果 3連単 2-4-6 48.3倍 2連単 2-4 14.6倍

My choice 4-6 5ポイント 4-6-1 5ポイント。マイナス10(残290.9ポイント)

昨日妄想した自分に都合のええストーリーと、何かちょつとずつちゃうかった。

しかし初日1着3着と、自信タップリのコメントに違わない好発進となった峰選手。今節の大活躍に期待です。

-----------------------------

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 第2日

全体の出走予定はこちら

-----------------------------

峰選手は第7R5号艇・第11R2号艇の配分

7R 予  選  電話投票締切予定13:49

1 3189矢野素也45高知54A2 32          12
2 3378八木富重39愛知54B1 5            2
3 4199北川潤二25愛知57A2 53            
4 2928山崎俊介52山口51B1 3            3
5 4320峰  竜太22佐賀55A1 13          11
6 3398有田  岳40埼玉52B1 6            1

11R 予選特選  電話投票締切予定15:51

1 3868尾形栄治31東京54A2 23           8
2 4320峰  竜太22佐賀55A1 13           7
3 3184山田省二48愛知52B1 12           4
4 3261大川茂実44岡山51A1 15           6
5 3588新藤哲三34静岡56A2 24           5
6 4127古賀宗勝28福岡51B1 2            3

明日の11Rは峰選手が差しで頭取る確率大。しかし2・3着も堅そうで配当的に魅力少なそう。

そこで比較的配当的に面白そうな7Rに前売り投票。有田岳選手の3着入線に期待。

5-1-6 7ポイント 1-5-6 3ポイント。前売り投票(残280.9ポイント)。

ひょつとしたら今節の峰選手は勝ちまくる?

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

多摩川競艇場オフィシャルページはこちら

若松ナイター 西山貴浩選手 準優勝戦

若松ナイター・サッポロビール杯争奪戦 準優勝戦

闘争心に支えられた、ベテラン顔負けの差しハンドルで準優進出を果たした西山貴浩選手。

今日の準優勝戦第9Rは西山選手の準優突破という観点からは激戦区。突破なるかに注目が集まります。

9R 準優勝  電話投票締切予定19:00

1 3485竹村祥司35大阪52A2 41113 22     6
2 4264長尾章平22山口51A2 3 312123     6
3 3135山口博司48長崎50A1 1622315      5
4 3782伊藤  宏31福岡51A1 14431 14     5
5 4371西山貴浩20福岡49B1 1542133      4
6 2679飯田加一57東京50B1 561 2225     4
 

進入は枠なり。3対3。

レースは最近絶好調の1号艇竹村祥司選手が09スタートからターンマーク先マイ。バック中間でイン戦押しきり。

5号艇西山選手も12発進から内水域へ鋭く差しハンドルを送り込み2番手争いに食い込みます。バック水面では2番手をともに争う4号艇伊藤宏選手・3号艇山口博司選手に対し若干有利な位置を占めたかと思われました。しかし2マーク山口選手が西山選手をおっつけるように周り、牽制された西山選手のターンは外へ膨れざる得ない状況に追い込まれます。その隙に4号艇伊藤選手がそつなく2番手有利な形に持ち込みます。西山選手は追撃も叶わず3着。

結果 3連単 1-4-5 18.2倍 2連単 1-4 8.4倍

一旦は2番手有利な位置をしめ、準優突破なるかと思わせたレースでした。しかしベテランの意地の旋回テクの前に屈し、あと一歩届きませんでした。ほんまあと一歩。残念でした。

今回の西山選手研究は準優敗退の今日で終わりますが、新人離れした差しハンドルを中心としたハンドルワークや、荒れ水面をものともしない闘争心溢れるレースと5日間本当に魅せてもらいました。

今度は遠征一般戦でどこまでやるか注目してみたい。

明日の最終日を終えた後、次回の斡旋は07/30~08/02 住之江 第2回森下仁丹杯争奪戦 です。メッカ住之江での活躍に期待です。

--------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

若松競艇場オフイシャルページはこちら

2007年7月15日 (日)

若松ナイター 西山貴浩選手Vol-4

若松ナイター・サッポロビール杯争奪戦 第4日

台風一過の仕切り直しとなった予選最終日。西山貴浩選手は第4R5号艇の配分で今日は1回走り。

4R 予  選  電話投票締切予定16:28

1 3947寺本昇平31群馬53B1 F53 2       11
2 2679飯田加一57東京50B1 561 22      10
3 3755吉村和也35長崎51B1 2 544       12
4 4241大串重幸22長崎54A2 335 S4       9
5 4371西山貴浩20福岡49B1 154213       
6 2074広瀬政憲62兵庫57B1 3 265

風の影響もなくなり穏やかな水面で始まったこのレース。進入は123・456。

レースは11トップスタートでスリットを通過した3号艇吉村和也選手が、1号艇を捲くった2号艇飯田加一選手の攻めで空いた内水域に差し込む展開。バック水面で飯田・吉村両艇が艇を並べる先陣争いとなります。この先陣争いは2マークで先手を取った吉村選手がリードを広げます。ホーム水面で3-2体制が出来上がり、焦点は3番手争いに。

地元ファンの期待を集めた西山選手はスリット43と大きく後手を踏みますが、最内からうまく差して4番手の位置は確保。まず2周1マーク外全速ターンが3番手先行する4号艇大串重幸選手を捉え、2周2マーク内からアタック敢行の大串選手を交わしながら、外全速旋回が決まり3番手安全圏に持ち込むことに成功。

結果 3連単 3-2-5 110倍 2連単 3-2 46.5倍

西山選手は、スリット大きく遅れながらも何とか態勢を立て直し、冷静に3番手先行する大串選手を捉え抜き去った、ベテラン顔負けのレースを展開。これで予選を無事突破。明日の準優勝戦でのレース振りが楽しみです。

------------------------------

若松ナイター・サッポロビール杯争奪戦 第4日

全体の出走予定はこちら

------------------------------

西山選手は準優勝戦第9R5号艇の配分(準優2回走り・1走目は第4R)

9R 準優勝  電話投票締切予定19:00

1 3485竹村祥司35大阪52A2 41113 22     6
2 4264長尾章平22山口51A2 3 312123     6
3 3135山口博司48長崎50A1 1622315      5
4 3782伊藤  宏31福岡51A1 14431 14     5
5 4371西山貴浩20福岡49B1 1542133      4
6 2679飯田加一57東京50B1 561 2225     4 

明日のレースは選挙でいうと激戦区。ここは簡単に突破できるとは思えないけど、ベテラン顔負けの冷静なレース運びで展開を切り拓き突破して欲しい。自分は純粋にレースを楽しみたい。地元ファンの熱い期待と声援を味方に若松水面を駆け抜けて欲しいものです。

------------------------------   

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

若松競艇場オフイシャルページはこちら

多摩川競艇場 峰竜太選手

多摩川競艇場 第40回報知新聞社賞 初日

今節は好モーターを引き自信たっぷりの様子が報道されていた峰竜太選手。初日からスピード戦全開が期待されます。

ただ冷静に考えて、今までのところ一般戦で優勝したシリーズでも、1着取りまくって優勝というケースはあんまり無く、クレーバーに2・3着をうまく散りばめながらの優出・優勝というケースが目立つ。一般戦の場合、大体10走で1着4本くらいが平均のように思う。

一般戦での峰選手の凄みは、「ここは取らなあかん」というレースを取る確率が大きいという勝負強さにあるような気がする。今節はW準優制ということもあり、シリーズの流れをよく見ながら投票していきたいと考えるのであります。

初日の全体の出走予定はこちら

峰選手は第7R1号艇・第12R6号艇の配分。

7R 予  選  電話投票締切予定13:49

1 4320峰  竜太22佐賀55A1             12
2 3846藤井  理30山口59B1               
3 3793高橋真吾34東京57B1              2
4 3760松村賢一35香川58A2             10
5 3868尾形栄治31東京54A2             11
6 4293鈴木智啓21愛知54B1              1

12R 多摩川選抜戦  電話投票締切予定16:22

1 2942瀬尾達也47徳島52A1              9
2 3978齊藤  仁30東京50A1              5
3 3837秋山広一32香川52A1              4
4 4140梶野学志26東京52A1              8
5 3261大川茂実44岡山51A1              6
6 4320峰  竜太22佐賀55A1              7

明日の7Rはいきなり「ここは峰でしょう。」という番組。ただ学習能力に比重をおくと、これでやられたケースも少なからずあった訳よ。本人がベスト尽くしてても、簡単に勝てるわけでは無いのが競艇の面白いとこやしな。

峰選手が勝つ確率は高いものの、明日は1日順延の影響もあるやろし、いきなり餌に飛びつくのは止め。ここは様子見ながらの投票にします。

明日は配当的にも面白そうな12Rに前売り投票。今節は一般戦やけど峰選手の2・3着にも投票します。携帯マクールの昨日の一押しレースでは、この12Rを穴評価。峰頭で狙ってました。

自分は先の住之江G1でF切り、スタート押さえ気味になるはずの瀬尾達也選手を2号艇の斉藤仁選手が捲くる展開になって瀬尾・斉藤間にバトル勃発。そこを4号艇梶野選手が捲くり差し、峰選手の差しも飛び込むというストーリーを空想というか妄想。

2連単4-6に5ポイント 3連単4-6-1 に5ポイント前売り投票で行きますわ(残290.9ポイント)

都合のええストーリーで展開することを切に望むものであります。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

多摩川競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月14日 (土)

峰竜太選手 多摩川競艇場 前検

峰竜太選手が明日から多摩川競艇場第40回報知新聞社賞に登場。

今年に入って打ち続くG1戦(特に遠征G1)では苦戦が続く峰選手ですが、一般戦では主役級の活躍がノルマになりつつあります。

多摩川競艇場の実績では、母数も少なく数字的には良い成績が残っていませんが、リアルタイムで進化を続ける峰選手の活躍に期待です。

----------------------------

モーター抽選結果はこちら

峰選手はモーター43号機(40.1%)ボート23番(37.1%)

前検タイムは6.72(15位)

数字的にはなかなか好セットなのではないでしょうか。

----------------------------

初日の全体出走予定はこちら

峰選手は第7R1号艇・第12R6号艇の配分

7R 予  選  電話投票締切予定13:49

1 4320峰  竜太22佐賀55A1             12
2 3846藤井  理30山口59B1               
3 3793高橋真吾34東京57B1              2
4 3760松村賢一35香川58A2             10
5 3868尾形栄治31東京54A2             11
6 4293鈴木智啓21愛知54B1              1

12R 多摩川選抜戦  電話投票締切予定16:22

1 2942瀬尾達也47徳島52A1              9
2 3978齊藤  仁30東京50A1              5
3 3837秋山広一32香川52A1              4
4 4140梶野学志26東京52A1              8
5 3261大川茂実44岡山51A1              6
6 4320峰  竜太22佐賀55A1              7

実験日記再開したいところですが(残は300.9ポイント)、明日は関東地方も台風の影響でどうなるかわからんので、とりあえずポイント使用しての前売り投票はパス。悪天候をついての無理な開催は避けて欲しいものです。

今節はフレッシュなメンバーが顔を揃えていることもあり、白熱したスピードレースに期待が高まる多摩川競艇場です。

------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

多摩川競艇場オフィシャルページはこちら

若松ナイター 西山貴浩選手

今日は台風の影響で中止順延となった若松ナイター

明日は予選最終日の仕切り直しとなります。

---------------------------

若松ナイター・サッポロビール杯争奪戦 第4日

全体の出走予定はこちら

---------------------------

西山選手は第4R5号艇の配分。1走。

3日目終了時点で得点率6.8(11位)。明日のレースも手を緩めず果敢なレースで予選上位突破を目指して欲しい。

4R 予  選  電話投票締切予定16:28

1 3947寺本昇平31群馬53B1 F53 2       11
2 2679飯田加一57東京50B1 561 22      10
3 3755吉村和也35長崎51B1 2 544       12
4 4241大串重幸22長崎54A2 335 S4       9
5 4371西山貴浩20福岡49B1 154213       
6 2074広瀬政憲62兵庫57B1 3 265      

このレースでは進入は5・6コースになりそう。また吹き返しの風の影響が残っているかどうかの微妙な時間帯のレース。

新人離れしたハンドルワークで艇団を突き抜けて欲しいものです。

---------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

若松競艇場オフィシャルページはこちら>

2007年7月13日 (金)

若松ナイターVol-3 西山貴浩選手

若松ナイター・サッポロビール杯争奪戦 西山貴浩選手 

今日は第3R3号艇・第10R4号艇の配分

今日の若松は台風の影響で強風吹き荒れる荒れ水面。安定板装着のレースが続きます。

3R 予  選  電話投票締切予定16:01

1 2931小山  隆50山口53B1  2 34        11
2 3947寺本昇平31群馬53B1  F53          
3 4371西山貴浩20福岡49B1  1542        10
4 3755吉村和也35長崎51B1  2 54         
5 4226村田浩司24山口53B1  4 13         9
6 3382岩谷  真38東京52B1  463         12

なんと追い風風速10m・波高10Cmで始まったこのレース。

展示では6コースに追いやられていた西山選手が本番は4カドを奪取。コース主張でも根性出してきました。

進入は126・345

レースは内3艇がスタート遅れた絶好のチャンスを逃さず、コンマ10の好スタートを切った西山選手の4カド捲くりが炸裂。バック水面で独走態勢に持ち込みます。

後続は内差して生き残った2号艇寺本昇平選手。

3番手争いは4号艇吉村和也選手と5号艇村田浩司選手が巴戦を演じる後方から、そっと忍び寄った6号艇岩谷真選手が、2周1マーク内小回りのターンを決めてあっという間の逆転浮上。これも見事なり。

結果 3連単 3-2-6 38.4倍 2連単 3-2 10.8倍

このレースは本番4カドを取りきり、荒れ水面を恐れることなく一気に攻めた西山選手の闘争心が他艇を圧倒。やるやん。やるやん。

10R 特  賞  電話投票締切予定19:30

1 3471赤峰和也37佐賀53A2  441          4
2 4260中越博紀23愛媛51A2  3 46         7
3 4023柴田友和29福岡51B1  1 36         5
4 4371西山貴浩20福岡49B1  1542         3
5 3698小巻良至34埼玉54B1  2 66         6
6 4241大串重幸22長崎54A2  335          4

このレースは展示本番とも4カドを主張。

進入は123・456

レースはコンマ09とスタート踏み込み捲くりに出ようとする西山選手を、カド受けから13発進し伸びた3号艇柴田友和選手が迎撃に出ます。

この2艇のターンマーク外水面バトルの間に、難を逃れ先マイした1号艇赤峰和也選手を2号艇中越博紀選手の差しが捕捉。バック水面で艇を並べる激戦になりましたが2周1マークで中越選手が先頭抜け出しリードを広げます。

西山選手は1マーク柴田選手にブロックされ向き直った直後は6番手位置。しかし2マーク内最短距離をうまく回って差を詰め、2周1マークでも好旋回を決める事に成功。2周バックでは6号艇大串重幸選手との3番手争い一騎打ち状態に持ち込みますが、リードする大串選手を捉えることが出来ません。

しかし約2艇身のリードを詰めることが出来ずに迎えた3周2マーク。渾身のラストアタックが遂に大串選手を捕捉。ゴール前直線で僅差の3番手逆転確保に成功。

結果 3連単 2-1-4 43.2倍 2連単 2-1 17倍

このレース一旦は、1マーク外水面6番手位置という不利な状況に置かれながら、あきらめずに劣勢を徐々に挽回。最終ターンマークで逆転3番手を確保するという新人離れした粘りを見せたレースとなりました。

今日の1着3着で、昨日の9R椎名選手を張り飛ばした事で採られた不良航法・減点7を見事に跳ね返した。

--------------------------------

若松ナイター・サッポロビール杯争奪戦 第4日は中止順延。

大型台風接近のため九州地区の全場が、14日土曜日のレースは中止順延です

自分も明日は十分注意して行動します。被害のない事を祈っております。

台風対策についてはこちら

気象庁HPはこちら

国土交通省HPはこちら

--------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

若松競艇場オフィシャルページはこちら>

2007年7月12日 (木)

若松ナイター 西山貴浩選手vol-2

今週の注目選手 

若松ナイター・サッポロビール杯争奪戦 西山貴浩選手

昨日の2走は差し技で見せ場を作った西山選手。今日はどういう戦法を見せてくれるのか。

今日は2走。

6R 予  選  電話投票締切予定17:25

1 3382岩谷  真38東京52B1 46            
2 4371西山貴浩20福岡49B1 15           9
3 3485竹村祥司35大阪52A2 41          12
4 3135山口博司48長崎50A1 16          10
5 3536一色雅昭40愛知55A2 11          11
6 2854河津弘司53香川53B1 43    

本日の競艇ライフ(ライブ風)

16:50

若松ライブON。ナイターはやっぱええわ。お仕事と両立可能。

本日の若松情勢→1から4Rは万舟2本(2・3R)中配2本(1・4R)

決まり手は、捲くり差し2本・差し1本・抜き1本      

西山選手の今日の2走。

どちらかというと第6Rのほうがコース取りも含めてきわどそうなレース。人気も分散する傾向にあるやろし。白兵戦の様相で舟券的には難しいレース。どうころんでも中配当は堅そうなレース。

西山選手はへたしたら6コース行きやけど、4カドが欲しい。コース防衛能力や如何。

4カド取れたら強豪選手の格闘戦の隙をついて、一気に差しぬけるチャンスはありそうや。

17:00

と考えているうちに第5Rがスタート。1号艇の松村敏選手が人気に応えてイン戦押しきり。2着には6号艇坂口周選手が2マークで2号艇関口智久選手を捌き1-6-2の人気サイドで決着。

17:07

展示開始。6号艇の河津弘司選手がいち早く回り込みイン奪取。展示進入は613・452。ややこしい並びじゃあーりませんか。

本番でも西山選手は6コース行きは間違いない。ここでガンとして抵抗するためには実績積んでいくしかないんやろな。

人気は2連単でいうと5-2・2-5・1-5あたりが集めてた。しかし17:13表示のオッズでは西山→一色がなんと4.8倍の断トツ一番人気だと。さすが地元。人気してる。3連単人気の穴っぽいのは1号艇岩谷真選手。

悩むのう。電投締め切りまであと10分。

6号艇の前づけで内2艇はしんどそうや。考えてても最終オッズはわかんし、ここは西山選手2着固定で、強豪選手にはさんで投票。

3-2-4・5 4-2-3・5 5-2-3・4の6点で勝負じゃい。

西山選手が6コースからの差しで頭とったら、「あんたは偉い。おみそれしました。以後気をつけます。」と言うしかない。

締め切り直前のオッズは、日頃スロットで鍛え?最近調子上昇の3号艇竹村祥司選手が人気を伸ばし(あんまそんな遊びでプロアスリートが勝負運使ったらあかんで)西山選手は後退。

3-4が6倍台3-5が8倍台。うむ大衆心理的には「しもた3着にしとったらよかった」と弱気に。投票してもうたし、もはや打つ手なし。

17:28

本場締め切り。うまそうなビールのCM始まる。うまいビールが飲みてぇ。頼む西山2着に粘りこんでくださりませぇ。でも最内差しぬけて1着とるのだけはやめてな。

17:29

レース開始時間だが、浮遊物掃海のためちょい待てだと。掃海艇出動。

17:32

ファンファーレ鳴る。

河津やっぱ早々とインを取りきる。進入は614・352

レースは4カドからスロット・プレミア級の捲くり一閃で、バック水面竹村が艇団をリード。西山は捲くり差していくも向き直ってからの加速が一瞬遅れる。

後続は452の3艇による予断を許さない接戦ムード。しかし西山選手は不利な位置。挽回を図って内にコース変更し切り込むも、回りしろの無い分捌かれました。ここで4号艇山口博司選手が2番手抜け出す。

3番手争いは西山VS一色の一騎打ちムード。しかし2周1マーク、音も無く接近してきた1号艇岩谷選手が内を鋭く回ってこの2艇に割り込み、あおりを食った一色選手は後退。

2周バックより開始された西山VS岩谷の3番手争いは、直線で西山必死のムチ入れも叶わず岩谷がじわじわリードを広げる。3周2マーク西山が起死回生の内差し込みで逆転を狙うも残念あと一歩届かず。惜しかった。西山は僅差届かずの4着。

結果 3連単 3-4-1 45倍(18番) 2連単 3-4 6倍(1番)

西山選手の課題はコース主張やな。ピット離れでは十分抵抗できた。これからは強気に自分の有利なコースをガンとして主張し、艇界暗黙の進入序列に挑戦する。若手選手の自己主張の生成過程を見るのも競艇の楽しみの一つやね。

今日の晩メシはサッポロビールで失意の乾杯。いやまだ9Rがあるじゃあーりませんか。

17:47

ここまで書いてBACK TO WORK。30分だけね。便利な世の中になったもんよのう。

しかし今日のブログめちゃ長いし。記事保存しとくのを忘れまじ。何回泣いたことか。

9R 予  選  電話投票締切予定18:58

1 3787天野  誠35岡山54B1  6 2            3
2 4226村田浩司24山口53B1 4 1            1
3 3138椎名政浩47神奈54B1 5 1           2
4 3698小巻良至34埼玉54B1 2            5
5 4371西山貴浩20福岡49B1 15           6
6 3190片山友多45静岡60A2 5            4

18:40

若松ライブON

第7R若松の秋山直之選手強し。3連勝で人気決着。

第8Rはナヌ?地元のエース伊藤宏選手が4着に敗れておる。頭は赤峰のオヤジさん。2万舟と波乱の決着。

で第9Rの展示はと見ると123645

西山選手はまたも6コースへ追い落とされるのか。ここは1号艇天野誠選手が逃げるとみて、もう一回西山選手2着で流し投票。4点で勝負じゃ。3連対率70%越えの威力を見せてくれ

18:41

ここもオッズでは西山選手が人気してる。5-2 5-6 がともに8倍台7倍台や。地元の期待バリ高し。

18:46

なんと5-6が2.8倍だと。白熱する西山人気やな。

18:58

オッズも落ち着き1-2 1-5 5-1 5-6 5-2あたりの人気(8-11倍前後)に収束。それにしても西山選手に対する期待の大きさが伺える。

19:02

YEBISU THE HOP 新発売うまそう。

19:03

ファンファーレ鳴る。

1236・45

当地地区スターの西山選手。大外からでもファンの人気を集めますのナレーションをバックにスタート。

レースはバック水面で捲くり差しから抜け出した3号艇椎名政浩選手が2マーク手前一旦は僅差で先頭に立ちビビリましたが、2マーク1号艇天野選手が好旋回で先頭を奪い、さらに5号艇西山選手が内から椎名選手を張るように回り込み2番手に喰いつきます。

西山選手は3号艇椎名選手と舳先をぶつけ合いながらホーム水面で1-5体制有利に持ち込み、2周1マークで2番手とりきり。3番手争いは2号艇村田浩司選手がうまく捌ききって確保。

結果 3連単 1-5-2 20.3倍(1番) 2連単 1-5 7.1倍(2番)

3連単の1番人気決着にしては20倍台と配当良し。よしよし。

ここは2マークでうまく椎名選手を張り気味に回り、2番手を確保した西山選手殊勲のレースでした。

19:20

自分も今日は1勝1敗とイーブンビールが飲めるわい。もちサッポロで。

あしたこそ頭で張ったろ。現時点では番組わからんけどね。

今日は長々記事書きすぎたんで、ここでうち止めにしますわ。

競艇ライフに栄光あれ。

----------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

若松競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月11日 (水)

若松ナイター 西山貴浩選手

今週の注目選手

今日から若松ナイター・サッポロビール杯に出場している若松地区スター4371西山貴浩選手に注目。

携帯マクールによると、今節のエンジン気配は平凡でも、ペラでパワーアップ必至。差しのうまさは新人離れしていると紹介されている。

西山選手の前期・今期の成績。()は勝利率・2連率・3連率

今期は昨日までのデータ

前期 出走76回 勝率4.87 1着7本(9.21) 2着12本(25.00) 3着18本(48.68) 平均st 0.185

今期 出走38回 勝率6.50 1着6本(15.79) 2着10本(42.11) 3着12本(73.68) 平均st 0.141

今期は成績が急上昇。特に38走して28本が3連に絡んでいる。平均stの向上と、差し技の威力が好成績の原動力なのでしょう。

今節は地元でのレースながら、伊藤宏選手や秋山直之選手をはじめとする強豪選手も参戦しており、どういうレースをするのかじっくりと楽しみたい。配当的には強豪と当たったときが狙い目か。

--------------------------

初日は2走。

第3R

1号艇配分でしたが前づけされ、4コースから01発進。

レースは3コースから捲くり差した4号艇寺本昇平選手がFに散り、決まり手は恵まれながら、01スタートから内を差した西山選手が幸先よく1着スタート。

好スタートをきりながら、外への色気に迷わされず、躊躇なく内を差して行きました。ハンドル捌きに自信あるんやろな。

レース結果はこちら

第12R記者選抜は6号艇の配分

12R 記者選抜  電話投票締切予定20:37

1 3135山口博司48長崎50A1               4
2 3473石川真二37愛知50A1               6
3 3782伊藤  宏31福岡51A1               5
4 3984坂口  周29三重52A1               7
5 3996秋山直之28群馬52A1               8
6 4371西山貴浩20福岡49B1               3

とりあえず3着付で狙ってみたくなるレース。

自分は5号艇秋山直之選手を1着固定・西山選手を3着固定で、2着を流して狙ってみました。配当的にも面白そうやし。

所謂 5-なんじゃら-6の4点で楽しむことに。

3連の人気は1-3-5 3-1-5あたりが集めてる。

レースは5コースから捲くり差した秋山選手がバックでつき抜け艇団をリード。後続は2号艇石川真二選手と内を鋭く差し込んだ6号艇西山貴浩選手。これは5-2-6で行くんかと思い切り喜びかかった2周1マーク、残念ながら振り込んでしまい4号艇坂口周選手が3番手浮上。

結果 3連単 5-2-4 193倍 2連単 5-2 30.1倍

レース結果はこちら

ここも差して一旦は好位置を取った西山選手。2周1マークで振り込んでしまい5着に終わったけど、確かなハンドルワークは楽しみ十分。

---------------------------------

明日の全体出走予定はこちら

西山選手は第6R2号艇・第9R5号艇の配分。

明日も見所たっぷりのレースを期待です。

----------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

若松競艇場オフィシャルページはこちら

ココログ緊急メンテナンス

昨日はココログ緊急メンテナンスのため24時過ぎまでログイン出来ず。待ちくたびれて寝てまいましたわ。昨日の峰竜太選手ラストランは勝利ならず。実験日記のポイント残も300.9。

優勝戦は田中信一郎選手が完勝。見事期待に応えました。

車内なんでモバイルから、思い切り短縮バージョン。

それにしても今節の阿波勝哉選手はカッコ良かった。人気ありすぎて配当思い切り安かったけどね。それだけファンも個性溢れる選手の活躍を待ち望んでいるんやろね。自分も携帯アラーム画面の阿波勝哉選手に毎朝起こしてもらっているのであります。

2007年7月 9日 (月)

峰竜太選手 住之江G1 第5日

住之江G1ダイヤモンドカップ競争 第5日

今日は勝てるか?峰竜太選手。

今日勝たずして何時勝つ。アスリートとしての意地を見せて欲しい。

昨日のコメントは「乗りやすいし中堅の足ある。」

今節初めて前向きなモーター評価。少しは良くなってきたんかな。

1R 一般戦  締切予定14:45

1 3746岡瀬正人32岡山51A1 654 431      7
2 3212亀本勇樹45広島58A1 443 5 32     8
3 3860松本浩貴34埼玉48A1 346 646     12
4 3944山口裕二28長崎52A1 3 6 144      6
5 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2 453      4
6 3771折下寛法33東京52A1 416 556      5

進入は124・563

レースは1号艇岡瀬正人選手が11でスリットを通過し、先マイからイン戦押しきり。後続は2マークでツケマイを決めた4号艇山口裕二選手が抜け出し焦点は3番手争いに。

ホーム水面では5号艇峰選手が僅差で3番手リードを奪うも、2号艇亀本選手6号艇折下選手の猛追を受け3周2マークまで縺れます。

勝負の3周2マークでツケマイ行かんとする峰選手の艇が、煽られ大きく暴れますが何とか制御。

ゴール前直線は5・6号艇の伸び比べとなりましたが峰選手が僅差の3着確保(写真判定)。

結果 3連単 1-4-5 13倍 2連単 1-4 4.9倍

My choice 前売りパス。

このレースも4カドから1号艇の左後方を狙ってまくり差しにいくも、スタートが11と1号艇と同体で、機力的にも突き抜けるだけのパワーはないのか3着争いに終始。

でも2周2マークの旋回直後と、3周2マークの旋回起点で半分キャピリ艇を暴れさせながら、よく態勢を立て直し3着に粘りこむことには成功。

やっぱ身長が173Cmあるだけに旋回時トップヘビー気味になり、艇の制御は難しさがあるんやろね。でもたまに転覆はするものの、運動神経は優れてると思う。

4R 一般戦  電話投票締切予定16:07

1 3574大神康司34福岡52A1 3 4 234      8
2 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2 453      1
3 3300川崎智幸40岡山51A1 4 335 13     7
4 3681山谷  央34東京53A1 4 5 366     12
5 2942瀬尾達也47徳島52A1 4 F 413      
6 2785水野  要52兵庫53A1 2 362 64     7

よっしゃゃああ。長かった遠征G1戦24連敗に終止符。

溜まっていた鬱憤がやっと晴れたわ。

進入は枠なり。

レースは2コース峰選手が12トップスタートを放ち余裕を持った位置から狙いすました差しを放ち先マイの大神康司選手を捕捉。バック中間でリードを奪います。

Mine0709

2番手は先マイの大神選手が安全圏。

3番手争いは混戦模様となりますが、2マークで抜け出しリードを奪った4号艇山谷央選手が3号艇川崎智幸選手の猛追を凌ぎきり3番手確保。

結果 3連単 2-1-4 79.2倍 2連単 2-1 13.7倍

My choice 2-1-3 7P 2-1-6 3P マイナス10(残310.9P)

やっと1着とれたね。2月の浜名湖G1最終走で頭とって以来、戸田G1丸亀G1住之江G1と続いた遠征G1戦の長いトンネル。やっぱ2コースからの差しでトンネルを抜けました。

Mine07092 独走態勢に持ち込み3周2マークを豪快に回る峰選手。

この24レースの苦しい経験はきっと峰選手を大きく成長させる糧になると信じています。住之江G1の後はしばらくG1戦の斡旋から遠ざかるけど、今秋再びG1戦に登場し活躍する日を楽しみにしています。

自分にとっても、このレースは4号艇山谷央選手が3連に喰い込んでくれた事で、2-1ー流では一番の配当。プライベートではSG笹川賞で1着取ってくれて以来、溜まりに溜まったハイグレード戦での峰選手絡みの鬱憤を一気に晴らすことができました。

あと実験日記のポイントUPをどこで計るかという宿題は残ってるけどね。ま少数精鋭投票に徹してるから、どっかで逆転できるやろ。

------------------------------

今日の準優勝戦3個レースはファンの注目も高かったようで、9Rから急にアクセスが増え、ブロードバンドがぶつぎれ状態に。

第9Rでは行ったかと思われた阿波勝哉選手が差してしまい、チルト1.5がマイナスに作用しG1・2度目の優出はならず。一番人気の白井英治選手・湯川浩司選手で決着。

第10Rでは石野貴之選手の捲くりを迎撃に出た井口佳典選手を尻目に魚谷智之選手が差しきり。魚谷智之選手・井口佳典選手で決着。

第11Rでは潜水艦の外郭でも大丈夫そうな硬度の田中信一郎選手が鉄壁の逃げ。田中信一郎選手・山崎智也選手で決着。健闘光った堀本裕也選手もここは相手が悪かった。

------------------------------

住之江G1ダイヤモンドカップ競争 最終日

全体の出走予定はこちら

------------------------------

峰選手は第4R3号艇・第9R4号艇の配分。

4R 一般戦  電話投票締切予定16:06

1 3304烏野賢太39徳島52A1 324 612 5   11
2 2942瀬尾達也47徳島52A1 4 F 413 5    
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2 453 31   9
4 3717立間充宏32岡山55A1 5 4 255 55   7
5 3558山本浩次34岡山51A1 551 2 325   10
6 4075中野次郎26東京53A1 5 56S 6666   

9R 一般戦  電話投票締切予定18:37

1 3552片山竜輔35岡山57A1 5 452 5263   
2 3212亀本勇樹45広島58A1 443 5 3251   3
3 3577向所浩二34兵庫51A1 5 334 5 62   5
4 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2 453 31   4
5 3543福田雅一38香川53A1 333 265 54   2
6 3415松井  繁37大阪50A1 2 112 2F1
    

明日は第9Rに前売り投票。ここは王者松井繁選手も強引な前付けには出ないだろうし、スタートも控え気味になるやろから、王者に一度勝っておく絶好のチャンスかもしれん。

峰選手の外からの差しに期待。

2連単 4-6 7ポイント 3連単 4-6-2 3ポイント 前売り投票(残300.9ポイント)

苦しんだ住之江G1ラストランをバシット決めて次につなげて欲しい。

------------------------------

12R 優勝戦  電話投票締切予定20:21

1 3556田中信一34大阪51A1 141 112 1    
2 3897白井英治30山口53A1 131 451 1    
3 3780魚谷智之31兵庫50A1 1 123 461    
4 4024井口佳典29三重53A1 265 121 2    
5 3622山崎智也33群馬51A1 216 333 2    
6 4044湯川浩司27大阪50A1 333 612 2

優勝戦は田中信一郎選手に人気集中のレースになりますですね。

でも顔ぶれはそうそうたる面々が顔を揃えるG1優勝戦らしいレースです。

9名ものフライングを出した今節。最後に素晴らしいレースを期待します。

------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

住之江競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月 8日 (日)

峰竜太選手 住之江G1 第4日

住之江競艇場G1ダイヤモンドカップ競争 第4日

今節初めてナイターレースを走る峰竜太選手。第12R3号艇の配分。

G1戦ではもう長い間先頭を颯爽と走る峰選手を見てない。ええかげんフラストレーションが溜まってきたぞ。

頼む何とか勝ってくれ。

12R 予選  電話投票締切予定19:21

1 3941池田浩二29愛知53A1 3 F41        4
2 3838伊藤啓三32埼玉51A1 5 455        6
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2 45       
4 4136江夏  満26福岡53A1 6 364        1
5 4075中野次郎26東京53A1 5 56S        5
6 3212亀本勇樹45広島58A1 443 5        8

進入は612・345

レースは07から先マイに出る亀本選手を池田選手の差しが捉え2マークまでにリードを奪う展開。峰選手は4カドから捲くり差して攻めるも1号艇6号艇の間を突き抜ける事は出来ず道中も追い上げならず3着どまり。

結果 3連単 1-6-3 12.6倍 2連単 1-6 5.2倍

My choice 3-1-6 5P 1-3-6 5Pマイナス10P。(残320.9P)

峰選手は好スタートから捲くり差しに入るも、狭い空間をこじ開けるには至らず、実力評価通りの決着。

----------------------------------

今日の住之江は勝負のかかっていた阿波勝哉選手が伸び味鋭い6コース捲くりを2本決め(第1R・第10R)予選を突破

また第9Rでは堀本裕也選手が6コース捲くりで内の艇を一蹴。予選ラストランで勝負駆けをきめ、見事に予選を突破。

しかし第11Rでは予選トップ通過をかけた松井繁選手(F05)と赤岩善生選手(F01)が中岡正彦選手(F03)、深川信二選手(F03)とともに集団Fに散るという残念な結果に。思わず熱くなってしまったのだろうか。この結果田中信一郎選手が予選をトップ通過。

----------------------------------

住之江競艇場G1ダイヤモンドカップ競争 第5日

全体の出走予定はこちら

----------------------------------

峰選手は第1R5号艇・第4R2号艇の配分。

1R 一般戦  電話投票締切予定14:45

1 3746岡瀬正人32岡山51A1 654 431      7
2 3212亀本勇樹45広島58A1 443 5 32     8
3 3860松本浩貴34埼玉48A1 346 646     12
4 3944山口裕二28長崎52A1 3 6 144      6
5 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2 453      4
6 3771折下寛法33東京52A1 416 556      5

4R 一般戦  電話投票締切予定16:07

1 3574大神康司34福岡52A1 3 4 234      8
2 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2 453      1
3 3300川崎智幸40岡山51A1 4 335 13     7
4 3681山谷  央34東京53A1 4 5 366     12
5 2942瀬尾達也47徳島52A1 4 F 413      
6 2785水野  要52兵庫53A1 2 362 64     7

やっぱ勝たなきゃ流れは変えられんちゅう事やな。

やがて再びやって来るであろう遠征G1戦のためにも、残りのレースやれる事は全てやって頭とることに拘って欲しい。

明日は第4Rに前売り投票。

2-1-3 7ポイント 2-1-6 3ポイント。(残310.9ポイント)

今節は峰選手の2.3着でも投票してきましたが、やっぱスカッと頭で買いたいんよね。

峰選手も今年はG1戦やSGの厳しい洗礼を受けて苦しんでいるけれど、これはあたかも日本刀の刀身が鍛えられていく過程を見ているようだ。

若くして体験出来た、この得がたい貴重な経験を、血とし肉として成長を続けていってください。

峰選手のオッズを見ていると、G1戦の成績の割りに支持を集めていると感じる。これは多くのファンが成長を期待して、暖かい声援を送ってくれている事の証だと思う。

ファンの声援を力にして、モーターの整備力の向上を含め、頑張って欲しい。

---------------------------

明日の準優勝戦3個レースは、王者松井繁選手・赤岩善生選手がフライングに散り残念な結果となった反面で、

阿波勝哉選手の優出なるか

G1戦初参戦で2勝を挙げ予選を突破した堀本裕也選手の優出なるか

など興味深い勝負が見れそうです。

----------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

住之江競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月 7日 (土)

峰竜太選手 住之江G1 第3日結果

住之江G1ダイヤモンドカップ競争 第3日

流れを変えることあたわず。残念じゃ。

今日は3連に絡むという意味で、両レースともあと一歩届かず。

モーターの差なのか?腕の差なのか?はたまた執念の差なのか?

本人にとっても悔しい結果となってしまいました。

3R 予選  電話投票締切予定14:39

1 3290倉谷和信43大阪52A1 1 3          9
2 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2          6
3 3159江口晃生42群馬52A1 6 25         
4 3717立間充宏32岡山55A1 5 4          7
5 3576白水勝也34福岡50A1 1 F         12
6 3499市川哲也38広島50A1 212         11

進入は2コースを江口晃生選手に奪取され132・465

スタートは1号艇倉谷和信選手が11と好スタートをきり、貫禄の先マイから堂々のイン戦押しきり。後続は4カドから最内を一呼吸置いて差し上がる4号艇立間充宏選手。

峰選手は20とスタート踏み込めず、捲くり差しの態勢に入るも向きなおった直後は4~5番手位置。しかしそこからうまく加速し2マークでは3番手を争う位置に飛び込む事に成功。

2周1マークでは3番手先にまわる白水勝也選手の外を付け回り、リードを奪い2周ホームでは3番手を確保したかに見えました。しかし白水選手の追撃も執拗を極め3周バックで再び差を詰め、圧力をかけながら3周2マークを内から先マイ。最後はゴール前直線で艇を並べる伸び比べとなりましたが、白水選手が半艇身リードを奪いゴール。峰選手は悔しい4着。

結果 3連単 1-4-5 37.0倍 2連単 1-4 26.4倍

My choice 2-1-3 3P 2-1-6 7P前売り。マイナス10P(残340.9P)

2コース奪取された段階で頭は諦め、何とか3連に絡んで欲しいとギャーギャー騒いだのですが無念。ククク悔しいぞ。

6R 予選  電話投票締切予定16:06

1 3353前田光昭39埼玉53A1 153         11
2 3687花田和明37愛知51A1 665          
3 3681山谷  央34東京53A1 4 5          1
4 2785水野  要52兵庫53A1 2 36         
5 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2          3
6 3556田中信一34大阪51A1 141         12

ここは田中信一郎選手の前づけで6コースに押し出されるかと思いきや、本番では5コースを奪う事に成功。進入は614・253

レースは05と踏み込んだ田中信一郎選手がターンマーク先マイからイン戦圧勝。2番手争いは大混戦の中からホーム水面で4号艇水野要選手が一歩リード。しかし2周1マーク水野選手の外を回した2号艇花田和明選手が水野選手を捉え2番手争いは激戦となるも、3周2マークで水野選手が内から2号艇をうまくブロックしながら回りきり2番手確保。

峰選手も14捲くり差しから良い位置につけ、2周1マークでは2・3番手争いに喰いこむチャンスがありましたが、あと一歩届かず。最後は1号艇前田光昭選手にも逆転を許し5着。

結果 3連単 6-4-2 69.9倍 2連単 6-4 11.7倍

My choice 1-6-5 5P 6-1-5 5P 前売り投票。(残330.9P)

やっぱあと一歩を押し上げる機力がないのか。あと一歩の執念が足りないのか。

ホンマ残念でござる。

本人は今節どうしても準優に乗りたかったようだが、その思いは届かなかった。

こうなったら今日で22連敗となった遠征G1戦で、峰竜太選手がいつ1着を取るかに全興味を集中し残り3日間のレースを見ていくぞ。

----------------------------

なお今日の第5Rで登番3895堀本裕也選手(愛知)が、G1戦初参戦で初勝利を挙げられました(2コースからの差し)。本当におめでとうございます。

---------------------------

住之江G1ダイヤモンドカップ競争 第4日

全体の出走予定はこちら

---------------------------

峰選手は第12R3号艇の配分。1走。

12R 予選  電話投票締切予定19:21

1 3941池田浩二29愛知53A1 3 F41        4
2 3838伊藤啓三32埼玉51A1 5 455        6
3 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2 45       
4 4136江夏  満26福岡53A1 6 364        1
5 4075中野次郎26東京53A1 5 56S        5
6 3212亀本勇樹45広島58A1 443 5        8

詳しいレースデータはこちら

明日は今節初めて暗くなってからのレース。

「レース足なくて厳しい状態」の峰選手が第12Rの1走配分で時間のある明日、どうモーターを整備し1号艇池田浩二選手に挑んでくるかに注目したい。

3-1-6 5ポイント 1-3-6 5ポイント 前売り投票。(残320.9ポイント)。 

-------------------------------------

明日は3日目終了時点でトップに君臨する赤岩善生選手を追う、王者松井繁選手や田中信一郎選手の得点率トップをかけた勝負や、阿波勝哉選手そして堀本裕也選手の予選突破なるかなど興味が尽きない住之江G1シティナイターとなりそうです。

自分は暗い水面を走る峰竜太選手を見るのは初めて。

明日はモーターをとことん整備して、カクテル光線に照らされたキラキラ光る水面を誰にも邪魔されず先頭で走り抜けてくれ。

G1戦で先頭を走る峰竜太が見たいんや。ガンバ!峰竜太選手。

-------------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

住之江競艇場オフィシャルページはこちら

峰竜太選手 天業を既倒に挽回せよ 住之江G1第3日

住之江G1ダイヤモンドカップ競争 第3日

自分は昨日の第6レースで勝負の流れが変わったような気がする。

でも反論はあるやろな。

Aさん「アフォか。腕がまだまだや。」

Bさん「どどど素人が。モーターが出てまへんがな。中堅あるかないかや。やる気だけでは勝たれへんのが競艇じゃ。ブォケが。」

みたいな。

本人のコメントも「出足最悪で伸びも落ち気味。」やしね。

でもモーターが勝負してる訳やないし、自分は敢えて人間同士の勝負の流れに拘ってみたい。

------------------------------

第3日全体の出走予定はこちら

峰選手は第3R2号艇・第6R5号艇の配分。

今回は公平な枠の配分やね。足して7になっとるし。でも何故か住之江第6Rに峰選手は縁があります。

------------------------------

3R 予選  電話投票締切予定14:39

1 3290倉谷和信43大阪52A1 1 3          9
2 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2          6
3 3159江口晃生42群馬52A1 6 25         
4 3717立間充宏32岡山55A1 5 4          7
5 3576白水勝也34福岡50A1 1 F         12
6 3499市川哲也38広島50A1 212         11

6R 予選  電話投票締切予定16:06

1 3353前田光昭39埼玉53A1 153         11
2 3687花田和明37愛知51A1 665          
3 3681山谷  央34東京53A1 4 5          1
4 2785水野  要52兵庫53A1 2 36         
5 4320峰  竜太22佐賀54A1 6 2          3
6 3556田中信一34大阪51A1 141         12

今日の2レースも十分すぎるほど厳しい番組。

第3Rではコース守れるかどうかすら厳しいやろし、第6Rでは6コース回りになる確率が絶大。どうすりゃいいのでありますか?

でも昨日の第6R見てる限りでは、住之江勝負の神が「おら何しとんねん。しっかりせんかい。ちょっと手伝ったるわ。」とばかりにケツを押してくれたような気もする。

今日の2個レースは、この運を見方に劣勢を挽回できるか否かの、大事なターニングポイントになるように思う。

第3Rは豪腕倉谷和信選手が圧倒的に人気するやろ。しかしもう随分と前のような気もするが、福岡G1で上瀧先輩を差しで沈めたレースの再現を期待したい。そのためには2コース死守する事が絶対条件やけどな。

2-1-3 3ポイント 2-1-6 7ポイント前売り投票。(残340.9ポイント)

第6Rは田中信一郎選手の前付けで6コースに押し出されるやろけど、ここは最内狙いすました、これしかないっちゅう差し技で3着を狙って欲しい。

1-6-5 5ポイント 6-1-5 5ポイント前売り投票。(残330.9ポイント)

今日は早朝という事もあって冷静に突き放して考えれるかと思いきや、考えているうちにやっぱ熱くなってしまうファンの性なのであります。

本日のミッション

運も、そしてファンの声援も味方につけ

   天業を既倒に挽回せよ! 峰竜太選手

------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

住之江競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月 6日 (金)

峰竜太選手 住之江G1ダイヤモンドカップ競争 第2日

昨日の第6R6号艇配分レースは6着。

これで4節目を迎える九州地区を離れた遠征G1戦では、頭を取るという意味で19連敗となってしまった峰竜太選手。

流れを変える事はできるのか。

今日はSG笹川賞で先に攻められた挙句、山崎智也選手に追突され転覆しイン戦を失い、良い流れを変えてしまったあの日と同じ、因縁めいた第6R1号艇の配分。

6R 予選  電話投票締切予定17:06

1 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.24 40.63 6            
2 3300川崎智幸40岡山51A1 6.95 42.98 4            3
3 3576白水勝也34福岡50A1 7.52 58.95 1            
4 3343齊藤寛人41福井52A1 6.82 54.10 64            
5 3942寺田  祥28山口54A1 7.50 56.19 42            
6 3415松井  繁37大阪50A1 8.57 66.36 2           12

レース前の人気は2連単で王者松井選手から白水選手の裏表が人気を集める情勢。

峰選手はリング2本とペラを交換してレースに臨みます。

進入は展示と同じく1234・56

スタート峰選手も10と好スタートを放つも、3コースから外がいずれも踏み込み際どいスタート。

1マーク戦は3コースの白水勝也選手が捲くりに出るところを、4コースの齊藤寛人選手(02)が捲くり差して突き抜け、僅差で先頭に踊り出る展開。

しかしここで白水選手に無常のフライングコール(F02)。峰選手は3号艇4号艇の攻勢をまともに浴び1マーク旋回直後は5番手の位置。Mine07061

白水選手のフライングにより、齋藤選手が先頭リードを確保しながら2マークへ。2番手には最内から差しあがって、伸ばしてきた王者松井繁選手(02)という展開。

ところが2マーク楽に先マイ出来る体制だった齋藤選手が何と大きく振り込み、直後に5号艇に突っ込まれて転覆。Mine07062

ここで齋藤艇の外を回って難を避けた松井選手が2マークを先まい。峰選手は齋藤艇に激突した5号艇寺田祥選手の艇に引っかかりそうな所を、軽業っぽく艇を浮かしながら避けてターンマークすれすれを切り込み2番手位置に浮上します。Mine07063

ホーム水面で6-1体制。3番手は松井選手と同じく転覆艇の外を回して難を避ける事ができた2号艇川崎智幸選手が取り6-1-2の体系が固まります。

結果 3連単 6-1-2 24.2倍 2連単 6-1 7.8倍

My choice 1-6-3 5ポイント 1-3-6 5ポイント前売り投票。返還10(残350.9ポイント)

ここは白水選手のフライングで80%強が返還となる残念なレースとなりました。

しかし峰選手にとっては、バック水面で1着2着を争っていた2艇がフライングと転覆で失格するという、誰も予想出来なかった展開により完全着外から2着に浮上。

峰選手もただのラッキーだった訳ではなく、転覆艇に突っ込んだ5号艇とターンマークの狭い間をまるで軽業のようにすり抜けた咄嗟のハンドルワークが引き寄せた幸運だった。

勝負事に流れがあるとしたら、峰選手にとって因縁の住之江第6レースは流れを変えたかもしれん。

明日のレース、流れが変わったかどうか。

とにかくこれで2走。6号艇で6着、1号艇で2着と普通にありそうな成績に持ち込んだ峰竜太選手。明日はたぶん2走の配分になるだろうが、流れが変わったとしたら楽しみです。

遠征G1勝負の神も、ここへ来てやっといたずらっぽく微笑み始めたのかもしれん。

明日のレース幸運を見方につけて、実力で運命を切り拓いて欲しい。

阿波選手の第9R見た後外出するので、峰選手の第3日目のレースは明日早朝に清々しい気分で考えてみますわ。

--------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

住之江競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月 5日 (木)

峰竜太 住之江G1ダイヤモンドカップ競争 初日

初日は第6R6号艇の配分。

第5Rまでは差しが1本(1R前田光昭2コース)逃げが2本(3R松本博昭・5R市川哲也 前付け)捲くりが2本(2R赤岩善生3コース・4R田中信一郎4コース)という情勢

配当的には第2R3コースまで入り捲くりきった赤岩選手頭の6-5-4が221.6倍というのが最高配当。前評判の高かった田中信一郎選手頭でも33.0倍と、前半戦の傾向としては3連単中配当トレンド。

-----------------------------------

6R 予選  電話投票締切予定17:06

1 3838伊藤啓三32埼玉51A1 6.08 44.76             
2 3290倉谷和信43大阪52A1 7.05 49.11             
3 3942寺田  祥28山口54A1 7.50 56.19             12
4 3200熊谷直樹42北海50A1 7.33 64.29             10
5 3622山崎智也33群馬51A1 7.76 55.91              9
6 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.24 40.63               

直前の人気は、17号機を手にするも気配が平凡と評価された3号艇寺田祥選手を抑えて、地元倉谷和信選手が頭の人気を集める状況。峰選手も6号艇にしては3番手に期待する投票を集めます。

進入は枠なり。3対3。

峰選手は久しぶりにコンマ03と踏み込み、攻めの姿勢を見せます。しかし他の5艇もスタート07から14までの好スタートをきっており、内に攻め込む隙が無くスリット攻めきれず外へ艇を向けるしかない状況。

1マーク戦はインから先マイに出る伊藤啓三選手に対して、3号艇寺田選手が捲くり、2号艇倉谷選手が差しで攻め込むという1マーク戦の情勢。更に最内からは山崎智也選手が差し上がってきます。

峰選手は1マーク旋回の起点も遠くなり、また旋回後の加速も鋭さを欠き艇団後方へ脱落。

レースはバック中間で先頭僅かにリードする1号艇伊藤選手に2号艇倉谷選手が艇を並べかけ、内からは5号艇山崎選手も艇を伸ばして3つ巴の様相を呈しながら2マークへ突入。

ここで倉谷選手が豪腕を発揮し1号艇を押さえ込み、更に先に回った山崎選手の内懐に差し込んで先頭を奪取。ここで伊藤選手は遅れをとりホーム水面では2-5体制。3番手は2マーク倉谷選手の更に内を差した3号艇寺田選手が伊藤選手を捉え、2周1マークでリードを広げます。レースはこのまま2-5-3で決着かと思われましたが、4艇身は離されていたはずの4号艇熊谷直樹選手が、3周2マークで内から寺田選手に突進を仕掛け軽く弾いて逆転。

峰選手は1マーク戦で脱落したまま浮上出来ず6着。

結果 3連単 2-5-4 54.4倍 2連単 2-5 9.9倍

My choice 3-2-6 5ポイント 3-5-6 5ポイント前売り投票。マイナス10(残350.9ポイント)

峰選手も今期2回目のコンマ0台、今期最高となる03とスリット踏み込みましたが、内に捲くり差す隙がなく、艇を外へ向けたのが響き、歴戦の兵 記念・SGレーサーの壁を打ち破る事はできませんでした。

でも少なくとも03を放ったというところに攻めの気持ちを見たように思います。初日試練の第6R6号艇となってまいましたが、攻めの姿勢を崩す事なく挑戦して欲しい。

----------------------------------

住之江G1ダイヤモンドカップ競争 第2日

全体の出走予定はこちら

----------------------------------

峰選手は第6R1号艇の配分。1走。

6R 予選  電話投票締切予定17:06

1 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.24 40.63 6            
2 3300川崎智幸40岡山51A1 6.95 42.98 4            3
3 3576白水勝也34福岡50A1 7.52 58.95 1            
4 3343齊藤寛人41福井52A1 6.82 54.10 64            
5 3942寺田  祥28山口54A1 7.50 56.19 42            
6 3415松井  繁37大阪50A1 8.57 66.36 2           12

詳しいレースデータはこちら

明日のイン戦も厳しい。でも今日の6着で遠征G1戦で、1着から遠ざかる事19レース。

思いおこせば、住之江SG笹川賞で初日・2日目に1着・2着をとった良い流れを、3日目のイン戦を失格で落とし流れが変わってしまった。あのレースも第6R1号艇の配分だった。

因縁の住之江第6R1号艇配分。

今回はここで良い方に流れを変えて欲しい。明日は進入も微妙だが、インを守り集中してスリット踏み込みターンマークを先に回って無我夢中で逃げて欲しい。

各予測とも峰のイン戦に対して厳しい評価。しかし今日のように0台踏み込んで先に回る事ができたらチャンスが生まれてくるかもしれん。相手は松井選手と気合の入った走りを見せた白水選手で。

 1-6-3 5ポイント 1-3-6 5ポイント前売り投票。(残340.9ポイント)。

熱き心でモーターに挑みレースに挑み、流れを変えろ。峰竜太選手。

-------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

住之江競艇場オフィシャルページはこちら

柾田敏行選手 芦屋 前検

柾田敏行選手が今日7月5日より芦屋競艇場西スポ杯争奪七夕特選レースに登場です。

F休み明け直後の5月の平和島京浜急行社長杯で目覚しい活躍をされてからは一進一退。最近の津・蒲郡のレースも目を放さず見ていましたが、前半戦レースでは思い切った捲くりや捲くり差しも決まるかと思うと、後半レースでは惨敗と、まだまだ体調も含めて調整がひつような状態である事が推測できます

今節は寺田千恵選手も参戦する男女混合レース。レースとしては面白そう。

モーターは今節より新モーター。前検タイムランキングはこちら

昨日の前検日は天候も悪く、皆手探り状態での機力調整・ペラとの整合という事になるのでしょう。

--------------------------------

芦屋競艇場西スポ杯争奪七夕特選レース 初日

全体の出走予定はこちら

--------------------------------

柾田選手は第1R5号艇・第6R2号艇の配分

第1R 詳しいレースデータはこちら

第6R 詳しいレースデータはこちら

柾田選手はこの芦屋のレースが終了すると1ヶ月のF休みに入られる予定

自分としては次のフライング休みで心身ともにリフレッシュされ、F休み明けのレースから本格復活が始まるのではないかと期待しています。

で今シリーズはF休み前という事もあり、様子をみながらのゲリラ戦に徹する事にします。

何とか頑張って好成績を残して欲しいっす。

----------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

芦屋競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月 4日 (水)

峰竜太選手 住之江G1ダイヤモンドカップ 前検

明日5日より峰竜太選手が住之江G1ダイヤモンドカップ競争に登場。

モーター抽選結果はこちら

峰選手はモーター64号機(4.77 30.4% 1着9回 2着9回 3着9回 優出0 優勝0)ボート63番(38.3%)

またもなんか微妙なモーターやし。峰選手のコメントは「伸び型も出足はサッパリで。」

前検タイムは松井繁選手と並び6.71で5位。トップは6.62の阿波勝哉選手。いつもと一味違う住之江になるのか?

----------------------------

住之江G1ダイヤモンドカップ競争 初日

全体の出走予定はこちら

----------------------------

峰選手は第6R6号艇の配分。1走。

また厳しい番組から始まるじゃあーりませんか。

6R 予選  電話投票締切予定17:06

1 3838伊藤啓三32埼玉51A1 6.08 44.76             
2 3290倉谷和信43大阪52A1 7.05 49.11             
3 3942寺田  祥28山口54A1 7.50 56.19             12
4 3200熊谷直樹42北海50A1 7.33 64.29             10
5 3622山崎智也33群馬51A1 7.76 55.91              9
6 4320峰  竜太22佐賀54A1 6.24 40.63      

詳しいレースデータはこちら       

なんか見送りたい気分ですけど。

まあ6コースやから、出足が悪くても展開を突くチャンスはあるかも試練。もとえ、しれん。

峰選手はずっと頭でしか買わんかったけど、今回からはG1戦以上に関しては2・3着でも投票する。でないと面白くないし。

明日は3着狙い。頭は61%の好モーターを操る寺田選手の差しに期待。3-2-6 5ポイント 3-5-6 5ポイント前売り投票。(残350.9ポイント)。

モーター問題ありそうやけど、何とか納得のいく調整をしてベストを尽くして欲しい。

期待してまっせ。遠征G1戦シーズン4。どんなストーリが展開されるのか。LOSTシーズン3に負けない展開を期待してまっせ。

--------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

住之江競艇場オフィシャルページはこちら

佐藤旭選手 尼崎 最終日

尼崎競艇場 第18回伊丹選手権競争 最終日

惜しくも準優敗退の佐藤旭選手。最終日きちんと成績を纏めて帰れるか。最終日はシリーズの復習みたいなもの。

復習なくして進歩なし。復習なくして復讐なし。(そらお前の事やろって突っ込まれそうやけど)

5R 一  般  電話投票締切予定12:27

1 3190片山友多45静岡61B1 1 355 6412   9
2 4273佐藤  旭24静岡52B1 122 263 4   10
3 3725向  達哉36大阪51A2 S 521 3113   9
4 3861岩永高弘33長崎56B1 651 662 43   
5 2554佐久間理59佐賀50A2 3 236 224   10
6 3911鈴木  猛33東京54A2 6 535 2514   8

鬱陶しい雨の中、進入は135・426

イン片山友多加選手が先マイ。3号艇向達哉選手が差し。5号艇佐久間理選手が最内から差すという1マークの攻防。レースはスロー3艇が先頭艇団を構成し綺麗に2つに分かれてしまいます。

先頭艇団では3号艇向選手の差しが抜け先頭リードを広げます。2番手争いは一旦はリードした片山選手を佐久間選手が捉え3周バックでは完全に逆転。

佐藤選手は展示では6コース、本番5コースから捲くり差しを狙うも差し込めず、第2艇団での着争いに終始し5着。

結果 3連単 3-5-1 17.5倍 2連単 3-5 5.5倍

My choice パス。

佐藤選手の2号艇配分。コース取りからしてなんか迷いがあるような気がする。それが尾をひいて中途半端なレースになったような印象がある。

10R 選 抜 戦  電話投票締切予定14:57

1 3463乙津康志39神奈51A1 114 12255    6
2 2554佐久間理59佐賀50A2 3 236 224    5
3 3482金子猛志36群馬59A2 332 24533    7
4 3918深井利寿32滋賀51A1 324 14545    7
5 4273佐藤  旭24静岡52B1 122 263 4    5
6 4344新田雄史22三重54A2 5 334 1322   4

進入は124・356

スタートは内3艇がいずれも1台後半・外3艇が2台前半と内3艇が主導権を握ります。

レースは1号艇乙津康志選手が先マイにでるも、その内に切り込む4号艇深井利寿選手と鍔迫り合い。その間にいぶし銀の差しで主導権を握ったのは、今シリーズの間に還暦を迎えた2号艇佐久間理選手。バック水面後半で艇団をリード。後続は先マイの1号艇乙津選手。

3番手争いは混迷を極め、4号艇深井選手・6号艇新田雄史選手・5号艇佐藤選手の激闘となりましたが、3周2マーク内から切り込む佐藤選手外付け回らんとする新田選手を交わし深井選手が取りきります。佐藤選手は前半レースに続き5着。

結果 3連単 2-1-4 44.9倍 2連単 2-1 15.7倍

My choice 2連単 1-5 5ポイント 3連単 1-5-6 5ポイント前売り投票。マイナス10(残360.9ポイント)

今シリーズ中盤にかけてライジングサンの輝きを放ちかかった佐藤旭選手でしたが、終盤3走は4・5・5着。昇りかかった旭日にどんよりと雲がかかって輝きを隠してしまう結果に終わりました。

準優で敗退した次の日のレース。ここを大事に取れるか、はたまた落とすかは選手自身にとって大きな違いとなって跳ね返ってくるはず。

ベテランの好成績の選手は確実に取りに行く。反して若手選手は集中力を欠くようなレースをしている印象がある。佐藤選手がA級を目指して頑張るのであれば、たとえ敗者戦といえども集中力を切らす事無く、貪欲にレースを取りにいって欲しかった。

佐藤選手の魅力と課題が双方浮き彫りになった今シリーズ。次のシリーズに向けて良い面を伸ばし課題を克服していって欲しいと念願します。そしていつの日かライジングサン佐藤旭になってください。

次節は07/18~07/22 蒲郡競艇場 蒲郡スピード王座決定戦に出場予定。

--------------------------------

12R 優 勝 戦  電話投票締切予定16:05

1 4055吉田俊彦29兵庫53A1 3 1111311    
2 3257田頭  実40福岡52A1 1 1521121    
3 4236松村  敏23熊本52B1 164 124 1    
4 3322山口浩司40佐賀50A1 2 1553122    
5 3070山室展弘46岡山51A1 4 3141632    
6 4261岡  祐臣23三重55B1 4 136 162    

優勝戦はインからコンマ18先マイに出る吉田俊彦選手を、コンマ13田頭実選手の差しが捉え貫禄の通算37回目の優勝。3番手は松村敏選手が守り2-1-3でゴール。

結果 2-1-3 3連単 30.7倍 2連単 5.9倍

---------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

尼崎競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月 3日 (火)

峰竜太選手 遠征G1戦シーズン4 住之江ダイヤモンドカップ

峰竜太選手が7月5日より住之江G1ダイヤモンドカップ競争に登場。

丸亀G1京極賞からしばらく休養もとれ、体力気力共充実してレースに臨んでくれると期待しています。

九州地区を離れた遠征G1戦では苦戦が続く峰竜太選手。

遠征G1戦シーズン4となる住之江ダイヤモンドカップ競争で壁を打ち破る事ができるのか。

-------------------------------

住之江G1ダイヤモンドカップ・出場予定選手はこちら

うわーまたも艇界を代表する綺羅星の如き実力者が勢揃い。しかも今回は阿波勝哉選手も参戦。競艇の楽しさ全開のシリーズになりそうです。(ターンマーク55cmほどホーム側に振っておいて欲しいなぁ。あかんかなぁ??)

--------------------------------

峰竜太選手 遠征G1戦の軌跡

シーズン1 浜名湖ダイヤモンドカップ 

5 3 3 4 4 3 6 3 1

シーズン2 戸田グランプリ

4 6 失 6 6 5 2 2 4 4

シーズン3 丸亀京極賞

4 6 6 3 5 3 6 6

九州地区で開催されたG1戦、唐津・福岡・大村(新鋭王座)と比べて苦戦に陥っているのは明らか。それだけ遠征新鋭勢力に「負けてられねぇ」という先輩レーサーの圧力が強力なんだと思います。

でもSG戸田グラチャンを制した湯川浩司選手だってほんの何年か前までは同じ立場だった。その壁を一つ一つ撃破しての栄光。

峰選手も今そこにある壁・遠征G1戦を、峰選手らしい大きなレース振りで戦って、少しずつでいいから成績を上げていって欲しい。住之江は最近SG笹川賞も含めて3回目やし期待できるかも。

厚い壁に負けるな峰竜太選手。

------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

住之江競艇場オフィシャルページはこちら

佐藤旭選手 尼崎第5日 準優

尼崎競艇場 第18回伊丹選手権競争 第5日 準優勝戦

------------------------------

F休み明けにもかかわらず、果敢なレース振りで準優勝戦に進出した佐藤旭選手。第12R3号艇で登場。

ここで今日の尼崎のレースをみておくと、1Rから7Rは堅い堅い決着の連発。今日は銀行レースで終始するのかと思いきや第8Rではいきなり925.1倍ついてるし。

誰が何をやらかしたんか気になってリプレイ見てみると、主役はここまで565415着という成績の登録番号4353下出秀明選手。なんと5コース発進01スタートからの差しで人気を集めていた1号艇高山哲也選手を沈めていたのでありました。

競艇ファンの裾野が拡大しにくい理由については、諸意見があるけれども、競馬と比較しても配当にロマンが無いというのが最大の原因だと自分は思う。配当にロマンが無いという事はとりもなおさず個々のレースにロマンが無いという事になる。強い選手を倒してのし上がっていく選手が増えれば増えるほど、その挑戦にロマンを感じる競艇ファンの層が厚みを増していくのではないだろうか。

でないといつか競艇のマーケットは、固定ファンが皆んな仲良しミクシィ状態の中、縮小下降していくしかないように思う。

若手選手の皆さん、強い先輩の厚い壁にひるまず、素晴らしいレースを見せて欲しい。それが競艇の新しいファンを増やす事に直結すると堅く信じて頑張って欲しい。

今日の尼崎競艇場 準優勝戦3個レース

第10Rでは4号艇松村敏選手5号艇中越博紀選手。そして若手とは言えないけれど、携帯マクールの記事に「同じ人間とは思えない」と言わしめた、自己改革進行中の岩津徹郎選手。

第11Rでは6号艇岡祐臣選手。

第12Rでは3号艇佐藤旭選手5号艇藤川利文選手。のレース振りに大いに注目です。

最近思うのですが、少し前なら準優まで届かなかった若手選手の面々が頑張って準優や優勝戦に乗ってくるケースが増えてきた。多彩な顔ぶれで楽しめるレースが増えてきた。すでに新たな胎動が始まっているのかもしれません。そしてそれに負けじと中堅選手やベテラン選手が自己改革で力を伸ばして行ったら。

競艇はますます楽しく、面白くなると思う。

-----------------------------

いろんな意見はあるけれど、競艇は普通に考えて楽しむもんや。

さて尼崎競艇・準優勝戦を楽しもう。

まず10R。いきました5コースから4号艇松村敏選手の捲くり炸裂。2番手はベテランの冷静なレース運びで道中浮上の山口浩司選手。岩津徹郎選手は残念ながら道中捌き損ね後退しての3着。残念。頭しか合わんかった。 

結果 4-3-1 117.2倍 4-3 43.6倍

次11R本番ではインを守った1号艇吉田俊彦選手が期待に応えてのイン戦押しきり。2番手は大外から捲くり差して展開をこじ開けた6号艇岡祐臣選手が2番手取りきって優勝戦進出。よっしゃー。サンクス吉田選手&岡選手。

結果 1-6-5 124.2倍 1-6 28.2倍

でいよいよ12R。佐藤選手は田頭閣下と山室閣下に挟まれながらの、非常に難しい準優勝戦。ライジングサン佐藤旭になれるかどうか?

12R 準優勝戦  電話投票締切予定16:05

1 3257田頭  実40福岡52A1 1 152112      
2 3283窪田好弘39福井50A1 1 213 16      
3 4273佐藤  旭24静岡52B1 122 263      
4 3070山室展弘46岡山51A1 4 314163      
5 4250藤川利文24福岡53B1 424 134      
6 3918深井利寿32滋賀51A1 324 1454
      

インタビューでは「スタートは大体勘どおり。モーターは行き足伸びがいい。後は回転合わせるだけ。コースは展開次第。ダッシュでもいいと思ってる。後は出てから。」と答えていた佐藤選手。

展示では枠なり進入。3コースからどか遅れに見えたぞ。山室閣下を内に入れた、ダッシュ戦のほうが絶対ええって。

直前のオッズは艇界暗黙の序列どおり、1-2-4 5.7倍 1-4-2 8.0倍という人気の情勢。臆せず打ち破り、実況アナの言う「日はまた昇るライジングサン佐藤旭」になれるかどうか。

いよいよ本番。佐藤選手は3コース突っ張りよる。苦手コースに敢えて挑戦か。やめれって。内に山室選手に入ってもらえって。

進入は123・456

1マーク戦は4カドから好スタート仕掛けた山室閣下とインから伸び返し先マイの田頭閣下の文字通りの一騎打ち。佐藤選手は1号艇の内に切り込もうとするもターンがずるずるっと流れ向き直った直後は5番手位置。

レースはバック中間で田頭実選手がイン戦押しきり。後続は2番手仕掛けた山室展弘選手。3番手2号艇窪田好弘選手。やっぱこのレースは艇界の序列どおりの決着か。

しかし2マーク旋回後、5号艇藤川利文選手と2号艇窪田選手がやり合う隙に、佐藤選手が差を詰め3番手争いの圏内に。2周1マークでは急角度旋回が決まり一気に3番手浮上。優勝戦進出はならずとも序列の一角を崩す期待が膨らみました。2周ホームでは3番手取りきったかに思われました。

しかし3周バックでは猛然と追撃に出た窪田選手が差を詰め、3周2マーク内に窪田・外に佐藤の全速握り合い決戦から、艇をぶつけあいながらのゴール前直線・伸ばし合い決戦となりましたが、窪田選手の執念が勝って僅差の逆転。佐藤は4着。

結果 3連単 1-4-2 7.9倍 2連単 1-4 3.4倍

My choice 2連単 1-3 5ポイント 3連単 1-3-2 5ポイント前売り投票。マイナス10(残370.9ポイント)

数値的にはともかく、気分的には苦手っぽい3コースから艇界の序列に勝負を挑んだ佐藤選手。ここで日は昇る事は出来なかったけれど、日は昇りつつある事だけは確かや。この4着という結果、本人はメッチャ悔しいと思う。そのパドスを次のレースに生かして欲しい。必ず日は昇るのだ。

でもひつこいけど、「ここはダッシュ戦で行って欲しかった」と思うのは俺だけではないはず。

-----------------------------

尼崎競艇場 第18回伊丹選手権競争 最終日 

全体の出走予定はこちら

-----------------------------

5R 一  般  電話投票締切予定12:27

1 3190片山友多45静岡61B1 1 355 6412   9
2 4273佐藤  旭24静岡52B1 122 263 4   10
3 3725向  達哉36大阪51A2 S 521 3113   9
4 3861岩永高弘33長崎56B1 651 662 43   
5 2554佐久間理59佐賀50A2 3 236 224   10
6 3911鈴木  猛33東京54A2 6 535 2514   8

10R 選 抜 戦  電話投票締切予定14:57

1 3463乙津康志39神奈51A1 114 12255    6
2 2554佐久間理59佐賀50A2 3 236 224    5
3 3482金子猛志36群馬59A2 332 24533    7
4 3918深井利寿32滋賀51A1 324 14545    7
5 4273佐藤  旭24静岡52B1 122 263 4    5
6 4344新田雄史22三重54A2 5 334 1322   4

明日は優出ならずの悔しさを第10R選抜戦で晴らして欲しい。ここは佐藤選手の2着狙いで。

2連単 1-5 5ポイント 3連単 1-5-6 5ポイント前売り投票。(残360.9ポイント)。

最後に必殺捲くり差して仕留めて欲しいけど、ごめん2着で狙います。次節に繋がる良い仕掛けを期待っす。

------------------------------

12R 優 勝 戦  電話投票締切予定16:05

1 4055吉田俊彦29兵庫53A1 3 1111311    
2 3257田頭  実40福岡52A1 1 1521121    
3 4236松村  敏23熊本52B1 164 124 1    
4 3322山口浩司40佐賀50A1 2 1553122    
5 3070山室展弘46岡山51A1 4 3141632    
6 4261岡  祐臣23三重55B1 4 136 162
   

ここも艇界の序列をベースとした人気に若手2選手が挑むという構図で見ると楽しそうな優勝戦。

明日の優勝戦もリアルタイムで楽しみたいぞ。何とかするのじゃ。

----------------------------- 

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

尼崎競艇場オフィシャルページはこちら

2007年7月 2日 (月)

佐藤旭選手 尼崎 第4日

尼崎競艇場 第18回伊丹選手権競争 第4日

F休み明けにもかかわらず、旭日が昇るように輝きを増す佐藤旭選手。昨日の12Rではちょいまずいレースしてしまいましたが、予選最終日のレースに注目です。

10R 予選特賞  電話投票締切予定14:57

1 3231吉田隆義41愛知58A1 5 453        5
2 4138中井俊祐26大阪52B1 443 24       
3 4273佐藤  旭24静岡52B1 122 26       
4 4250藤川利文24福岡53B1 424 13       
5 3935岩津徹郎29岡山56B1 121 13       6
6 3911鈴木  猛33東京54A2 6 535        4

進入は125・436

スタートは全艇が21から26の間に収まる揃ったスタート。

1マーク戦はインの吉田隆義選手が先マイに出た内を、5号艇岩津徹郎選手が捲くり差す展開。この捲くり差しは向き直ってからの加速も鋭く一気に艇団をリード。バック中間で5-1体制。

佐藤選手は5コースから、岩津選手の左後方を狙い捲くり差し突入を計りますが、2号艇中井俊祐選手に進路を塞がれ外へ進路を変更。バック水面では3番手を争う位置。2マークでも外全速握ってその位置をキープ。

2周1マークが3番手勝負の分かれ目でした。先に回る2号艇中井選手、外ぶん回す4号艇藤川利文選手の間に、キレの良い差しを放ちリードを奪い、直線伸ばして徐々にリードを広げることに成功。2周ホームで5-1-3の体制が固まります。

結果 3連単 5-1-3 14.6倍 2連単 5-1 6.7倍

My choice 5-3-4 5ポイント 3-5-4 5ポイント前売り投票。マイナス10(残380.9ポイント)

ここは4カド取って欲しかったけど、5コース発進で進路を塞がれながらも外へ艇を向け挽回に成功しての3番手確保。展開の中で最善の結果だったと思います。

尼崎競艇場 第18回伊丹選手権競争 第5日

全体の出走予定はこちら

佐藤選手は得点率7.2の第9位で予選突破。準優勝戦は第12R3号艇。

さすが尼崎競艇場さま。一般戦でも準優2回乗りなんてことはありません。

12R 準優勝戦  電話投票締切予定16:05

1 3257田頭  実40福岡52A1 1 152112      
2 3283窪田好弘39福井50A1 1 213 16      
3 4273佐藤  旭24静岡52B1 122 263      
4 3070山室展弘46岡山51A1 4 314163      
5 4250藤川利文24福岡53B1 424 134      
6 3918深井利寿32滋賀51A1 324 1454
 

詳しいレースデータはこちら

また何ちゅう難しいレースに組み込まれてしまったのでありましょうか。艇界暗黙の序列をこのレースに当てはめると、佐藤選手は5着がええとこやん。それでは皆様さようなら。

ってそれでは全然おもんないし。

マジな話、上を目指す若手はこういう一般戦の難しい登竜門を一個一個撃破し乗り越えていくしかないんよね。

2着以内に喰い込める可能性はあるか?ここは5コース戦の可能性が大。苦手な3コースよりもええやん。

実力者意地の1マーク戦激突の間隙をついて、外から一撃離脱の捲くり差しを山室閣下を迎撃しながら先マイに出る田頭閣下と、内差し込む窪田選手の間に放つ。これしかないやろ。前をふさがれんようにスタートは出来るだけ行ってな。

頭はコース有利な、水上の根性の塊・ 田頭実閣下に決め。

2連単1-3 5ポイント 3連単 1-3-2 5ポイント前売り(残370.9ポイント)

期待値は薄いけど、何とか展開をこじ開けて、この準優バトル生き残って欲しい。

アキラをアキラメへんぞぉ。

----------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

尼崎競艇場オフィシャルページはこちら

戸田SGグラチャン優勝戦

移動中なんで、モブログで。まずは湯川浩司選手の優勝を心から祝福します。以前から友人達と「湯川は長者の相しとるから、いずれどえらい選手になるやろな」と話しあっておりました。
その第一歩を遂に踏み出しましたね。
王者松井繁選手にとっては今年は後一歩の悔しさが続きますが、その結果としてのSG10回制覇宣言。松井選手のプロ魂はますます燃え盛り、必ずや有言実行される事と思います。その日を楽しみに競艇ファン魂を磨いていきますよ。

2007年7月 1日 (日)

佐藤旭選手 尼崎 第3日 

尼崎競艇場 第18回伊丹選手権競争 第3日

フライング休み明けの今節オーラが光る佐藤旭選手。いよいよ予選突破に向けてレースは佳境に入っていきます。

7R 予  選  電話投票締切予定13:44

1 3884豊田  聡33徳島51B1 5S2          2
2 3322山口浩司40佐賀50A1 2 15        10
3 3005板谷茂樹50岡山51B1 3 35         
4 3725向  達哉36大阪51A2 S 52         
5 4273佐藤  旭24静岡52B1 122         12
6 3070山室展弘46岡山51A1 4 31        11

「佐藤あさひと書いて佐藤あきらと読みます。旭日が昇ります。ライジングサン佐藤旭」と紹介されてレースに臨んだ佐藤選手。

進入は山室閣下がインを窺うも、山口浩司選手がインを取りきり263・415。

ライジングサン佐藤選手が大外07トップスタートからの捲くり差しで1マークに突入。飛び道具炸裂の期待がぐぐっと膨らみました。

1マーク回った直後は4カドから捲くって仕掛けた4号艇向達哉選手をも下すかと思わせました。しかし向き直った直後に艇が2度3度と細かく暴れます。これが艇の推進力を奪い、バック直線の伸び比べで向選手を捉える事ができません。レースは伸び勝った向選手が先頭独走態勢に持ち込みます。

佐藤は1号艇豊田聡選手との激しい2番手争いを、2周バックから2周2マークの攻防をうまく捌いて2番手確保。

結果 3連単 4-5-1 231.6倍 2連単 4-5 22倍

My choice 5-6-2 5ポイント 5-2-6 5ポイント前売り投票。マイナス10(残常滑マイナス10を合わせ引いて390.9ポイント)。

ここは不気味な感じがしていた向選手にやられちゃいました。しかし1マーク大外からの捲くり差し突入は見せ場十分。魅力全開の佐藤旭なのであります。

12R 予選特選  電話投票締切予定16:19

1 3482金子猛志36群馬59A2 332          5
2 4273佐藤  旭24静岡52B1 122          7
3 4260中越博紀23愛媛52B1 2 13         
4 4055吉田俊彦29兵庫53A1 3 11         8
5 3362間嶋仁志37三重52A1 1 12         9
6 3935岩津徹郎29岡山56B1 121          6

このレースは失礼ながら、佐藤選手の苦手とするコースが予想され投票はパス。また携帯マクールの昨日の記事で紹介されていた岩津徹郎選手のレース振りも気になり、じっくりとレースを観戦することに。

進入は1523・46

スタート攻勢に出たのは5カドから捲くり差した吉田俊彦選手。バック水面後半でリードを広げ艇団をリード。2番手は2マーク握って回り決着をつけたスピードスター中越博紀選手が確保。3番手争いは一旦は5号艇間嶋仁志選手が安全圏かと思われましたが、リアルタイムで自己改革進行中の岩津徹郎選手があきらめずに徐々に差を詰め、3周バックで遂に舳先を並べかけ3周2マークで外握って逆転。

佐藤選手は苦手とする3コース戦。1マークまでに完全に抑えこまれ、なす術なく6着大敗。

結果 3連単 4-3-6 135.7倍 2連単 35.8倍

My choice 前売りパス。

岩津選手29歳の改革にも見られるように、競艇選手も自己への挑戦という気持ちの占める部分が大きいはず。技術もペラも気持ちあっての事。佐藤選手も一日も早く苦手を克服し本当の意味でライジングサン佐藤旭として名を馳せて欲しい。がんばれ佐藤旭。

尼崎競艇場 第18回伊丹選手権競争 第4日

全体の出走予定はこちら

佐藤選手は第10R3号艇の配分。1走。

10R 予選特賞  電話投票締切予定14:57

1 3231吉田隆義41愛知58A1 5 453        5
2 4138中井俊祐26大阪52B1 443 24       
3 4273佐藤  旭24静岡52B1 122 26       
4 4250藤川利文24福岡53B1 424 13       
5 3935岩津徹郎29岡山56B1 121 13       6
6 3911鈴木  猛33東京54A2 6 535        4

予選突破に向けて王手の佐藤旭選手。現時点では詳しい得点状況が不明ですが、でも今日の12Rのようなレースをしてしまうとやっぱまずいでしょう。明日のセンター枠配分。どこからレースするか。どんな仕掛けでレースするかに注目です。

明日は4カド戦を狙って欲しい。

明日は 5-3-4 5ポイント 3-5-4 5ポイント前売り投票(残380.9ポイント)

--------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

尼崎競艇場オフィシャルページはこちら

平本真之選手 常滑 最終日

常滑 サマーカップ 最終日

7R 一般  電話投票締切予定14:16

1 4337平本真之23愛知51B1 131 333324  11
2 3610木内敏幸34静岡52B1 345 132 26  10
3 3839川合理司31静岡61B1 5 15645 24   3
4 4160浅野由将25愛知54B1 451 16563    4
5 4392石田剛大21群馬54B1 235 456 35   3
6 3743林  美憲32徳島51A1 16124 3435  11

進入は林美憲選手が2コースまで進入し、162・345

スタートは3コースから外がいずれも0台中盤の早いスタート(5号艇はフライング失格)。

しかし平本選手は17でスリット通過後、伸び返しながら外からの攻撃を牽制しながらの先マイ。これが決まりバック中間でイン戦押しきり独走態勢。

後続は2マークで6号艇林選手が外をまわって2番手取りきります。3番手争いは一旦は3号艇川合理司選手がリードするも、2周2マークで4号艇浅野由将選手がうまく切り込んで逆転確保。

結果 3連単 1-6-4 11.6倍 2連単 1-6 2.7倍

My choice 前売りはパス。林選手の進入意思確認後1-6-流でモバイル投票。

ここはセンターから外の艇にスリット踏み込まれるもうまく牽制先マイを決め、イン戦をきちんとものにした平本選手の集中力が光りました。

11R 選抜戦  電話投票締切予定16:14

1 3743林  美憲32徳島51A1 16124 3435   7
2 3708岡部貴司33岡山55A2 144 453216   5
3 3331新美恵一39愛知54A1 14111 1513   8
4 3372加藤雅之40広島49B1 441 222443   6
5 3471赤峰和也37佐賀53B1 2 22521 34   8
6 4337平本真之23愛知51B1 131 333324   7

進入は123・456

ここはインの林美憲選手が10とトップスタートから先マイ。3号艇新美恵一選手が17発進から1・2号艇の間へ飛び込み追撃する展開。平本選手は大外から34とスタート後手を踏み少しあせったかスリット後伸ばそうとしたときにバランスを崩して転覆。

レースはバック水面では1-3体制となるも、2マークで新美選手が内好旋回からホーム直線で舳先を並べかけ、転覆艇を避ける2周1マーク旋回で内に位置を占めた新美選手が位置取り有利に先行し3-1体制に。

3番手は4号艇加藤雅之選手が取りきります。

結果 3連単 3-1-4 17.5倍 2連単 3-1 3.5倍

My choice 3-1-6 5ポイント 3-6-1 5ポイント前売り投票。マイナス10(残390.9ポイント)

平本はスタート後手を挽回しようとバランスを崩しての転覆だったような気がします。シリーズ最終走でもなんとかファンの期待に応えたいという気持ちがあったからこその転覆だったと思います。残念な結果でしたが無事であることを祈ります。

1ヶ月のフライング休み明け、一回り大きく逞しくなって、元気な姿を見せてくれる事を楽しみにしています。

-------------------------------

12R 優勝戦  電話投票締切予定16:45

1 3623深川真二33佐賀48A1 111 111211   
2 3388今垣光太37石川50A1 5 21111121   
3 3574大神康司34福岡52A1 213 321511   
4 3233小畑実成40岡山52A1 221 122142   
5 4019笠原  亮27静岡53A2 1 22233322   
6 3406中里英夫38栃木53A1 32251 1422

常滑サマーカップを制したのは笠原亮選手でありました。

進入からして難解なレースでした。進入は134・25・6の3対2対1。

スリット後艇を伸ばし攻勢に出たのは2号艇今垣光太郎選手でしたが、その攻防で空いた空間にここ一発の差しを放ったのは5号艇笠原亮選手。バック水面でつきぬけトップに立ちます。後続は仕掛けた今垣選手。深川選手は1マーク迎撃に出て一旦は遅れをとるも意地の挽回から3着は確保したレースとなりました。

結果 3連単 5-2-1 108.3倍 2連単 57.8倍

笠原亮選手優勝おめでとうございます。全出場選手の皆さんお疲れ様でした。これからますます暑くなりますが、体調を維持して良いレースを見せてください。

なんか暑中見舞いみたいやな。

-------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

常滑競艇場オフィシャルページはこちら 

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »