無料ブログはココログ

競艇ネット投票会員申し込み

« 森岡満郎選手 下関競艇場Vol-5(4/30) | トップページ | 峰竜太選手 唐津前検(4/30) »

2007年4月30日 (月)

平本真之選手 平和島マクール杯優勝戦(4/30)

今期の最後に果たした優出。アクシデントに巻き込まれながらレースに復帰し、半周回遅れてのゴールになったけど、この経験はきっと来期につながると確信しています。

12R 優勝戦  電話投票締切予定16:25

1 4074柳沢 一26愛知50A1 6.54 32213221      
2 2528新井敏司59栃木52A2 6.01 21321 25      
3 4337平本真之22愛知52B1 5.51 12161 33      
4 4150山田雄太25静岡56B1 4.82 4 222116      
5 4175川尻泰輔24埼玉58A2 4.83 16114252      
6 4086寺本重宣26神奈49A2 5.51 25131 24      

進入は枠なり3対3。

レースは内3艇がいずれもコンマ0台の踏み込んだスタート。その中でもインの柳沢一選手がコンマ06トップスタートから先マイを決めイン戦押しきり態勢。内をそつなく差した2号艇新井敏司選手が2番手有利。平本選手はコンマ07スタートから1号艇と2号艇の間に捲くり差しを入れ、1号艇のスプラッシュをまともに喰らいながらも、3番手位置につけます。BSではチルト1.5で内から直線を伸ばしてくる4号艇山田雄太選手と内外に分かれて2マーク勝負に。

試練は2マークでした。先に回った4号艇山田選手がチルト1.5の影響なのか転覆。それに6号艇寺本重宣選手が乗り上げて転覆4号艇の内へ切り込んだ平本選手は転覆した4号艇と接触し横向きに停止。いい切込みに見えただけに残念なアクシデントでした。そして山田雄太選手・寺本重宣選手に怪我がないことを祈ります。

レースは1-2体系が固まりアクシデントを避けることができた5号艇川尻泰輔選手が3番手を確保しゴール。平本選手はレースに復帰するも4着。

結果 3連単 1-2-5 11倍 2連単 1-2 4.1倍

My choice 3-6-1 3-6-2 で楽しみました(実験日記ポイントは使用せず)。

平本選手はアクシデントに巻き込まれながらもレースに復帰し、約半周回遅れながらも4番手でゴールを迎えます。半周回遅れで走っている時にきっと様々な思いが去来したことでしょう。しかし1マークの攻めもあの局面ではベストの攻めだったと思うし、2マークも果敢な旋回でした。結果は出せなかったけども、ここでの経験はきっと来期に生きてくると思います。健闘に拍手を送ります。

そして今年初Vを飾った愛知の先輩柳沢一選手にも大拍手です。この中ではプレッシャーも一番かかっていたはずで、そのプレッシャーに負けない堂々のイン戦押しきりでした。インタビューで述べられていたように、後4回優勝して来年の総理杯出場を是非掴んでください。優勝おめでとうございました。

--------------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び数値&出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

平和島競艇場オフィシャルページはこちら

SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine

« 森岡満郎選手 下関競艇場Vol-5(4/30) | トップページ | 峰竜太選手 唐津前検(4/30) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平本真之選手 平和島マクール杯優勝戦(4/30):

« 森岡満郎選手 下関競艇場Vol-5(4/30) | トップページ | 峰竜太選手 唐津前検(4/30) »