無料ブログはココログ

競艇ネット投票会員申し込み

« 競艇ブログ 2007ネット競艇日記 柾田敏行選手 今後の斡旋予定 | トップページ | 競艇ブログ 2007ネット競艇日記 峰竜太選手Today G1九州地区選手権4日目 »

2007年2月13日 (火)

競艇ブログ 2007ネット競艇日記 森岡満郎選手 G1中国地区選手権 最終日(2/13)

勝率28%台のエンジンに泣かされて、準優突破ならなかった森岡選手でしたが、今日の5レース根性のコンマ02スタートを決めイン戦の責任を果たしてくれました。

5R 一  般 H1800m  電話投票締切予定12:36

1 3815森岡満郎30岡山50A1 7.15 116 2 S26   10
2 3920正木聖賢32広島53A1 5.23 5 1 164 12   9
3 3933山地正樹30岡山55A1 6.53 455 2 1S44   
4 4108吉村正明27山口50A1 6.85 143 143 23   
5 3737上平真二33広島51A1 7.32 311 215 3   11
6 3930岸本  隆30岡山56A1 6.24 6 665 526    1

ここはイン守ってスタートいくだけ。

1対2対3の枠なり進入となりスタート。森岡選手は今節トップのコンマ02スタートを決め一気にスリットを通過。1マークを独占先まい。BSでイン戦押しきります。おとといから何かもやもやしてたんがすっ飛ぶ気持ちのいいイン逃げでした。

2番手には1号艇について回った2号艇正木聖賢選手と、4カド発進で内から切り込み突入を成功させた4号艇吉村正明選手が激しく争います。2マークではそれに距離を縮めた3号艇6号艇も絡んで予断を許さない2番手争いとなりました。しかし2周1マーク2・3号艇を先に行かせ角度よく内から切り込んだ4号艇吉村選手が突き放します。

3番手争いはゴール直前まで決着のつかない激闘になりますが、3周2マークを「握る。握る。握る。」とアナウンサーの方に吼えさせた2号艇正木選手が鼻の差で交わし決着。

結果 3連単 1-4-2 14.3倍  2連単 1-4 6.6倍

My choice 1-4-2 3ポイント 1-5-2 3ポイント前売り投票で42.9ポイントゲット。(手持ち残は528.1+42.9=571.0ポイント)

でも児島競艇場のアナウンサーの方、お名前存知あげませんが、迫力あるアナウンス最高でした。競艇を盛り上げるためには的確でエキサイティングなアナウンスは不可欠。これからも頑張ってくださいね。

10R 特別選抜B戦 H1800m  電話投票締切予定15:08

1 3731高濱芳久33広島51A1 7.05 4 121 615    7
2 3334角ひとみ38広島47A1 6.88 242 115 5    6
3 4111奥田  誠26広島54A2 5.93 2 6 214 5    4
4 3300川崎智幸39岡山52A1 7.23 1 244 146    7
5 3552片山竜輔35岡山56A2 6.59 2 3 332 6    6
6 3815森岡満郎30岡山50A1 7.15 116 2 S26    5

このレースライブ生で見れないし艇番も悪かったんで、プライベート投票もしませんでした。スンマセン。

でリプレイ見ながら書いてます。

昨日はこのレース森岡選手が度肝抜いてくれたらと思ってたんですが、度肝抜いたのは大外発進の5号艇片山竜輔選手でした。

進入は内から1・2・6/3・4・5の3対3。スタートは全艇コンマ2台という水上の談合(もち冗談やよ)っぽいスタートとなります。

森岡選手は一応トップスタートとなるコンマ20で1号艇と2号艇の間に突入を試みますが、やっぱ突入してすり抜けるだけの機力が無いんでしょう。1瞬つまったところを2号艇にはられる格好になります。その先手争いの隙を突いて5号艇が内から差しあがります。

BSでは森岡選手を張った2号艇が先頭に踊り出て、差し上がる5号艇が2番手有利な位置をしめます。ここで2-5の体系かと思われました。ところが2マーク先にターンマークを回った2号艇でしたが内から自爆気味に突撃してきた4号艇が目に入ったのか避けようと少し膨れました。そこをまさにズバッと内から切り込んだ5号艇と1号艇が捕らえHS3艇の大激戦となります。

しかし2周1マーク1・2号艇を先に行かせ内から切り込んだ5号艇が先頭に立ちリードを広げます。

2番手争いは2号艇角選手が1号艇高濱選手を制して決着。森岡選手は追撃及ばず4着に終わりました。

結果 3連単 5-2-1 512.1倍  2連単 5-2 201.6倍

My choice パス

度肝抜くW万舟を提供したのは、片山竜輔選手でした。うう浮気したらよかった。

--------------------------------

森岡選手の今節は9走して

1着3本 2着2本 4着1本 6着2本 失格1

という結果でした。

--------------------------------

優勝戦は安芸広島藩の池本輝明選手がイン逃げを決めます。

中国地区の綺羅星の如きスター選手をなぎ倒しての優勝でした。優勝おめでとうございます。

地元備前岡山藩唯一の優勝戦進出者6号艇山本寛久選手は4着に終わります。黒明大先輩は怒ってるかも。

--------------------------------

森岡選手お疲れ様でした。

準優は残念でしたが、6日間ハラハラどきどき楽しませてもらいました。ありがとうございました。

次節は江戸川競艇場。森岡流が貫けずとも勝てるのか真価が問われる時ですね。頑張ってください。

--------------------------------

なお本ブログは予想ブログではないんで、予想及び出走データの確認は御自分でお願いします。

競艇オフィシャルWEBはこちら

児島競艇場オフィシャルページはこちら

すんません。チョコレートはいらんから下の青いのポチッとお願いします。

■Art.Kaede~フリー素材■

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine

« 競艇ブログ 2007ネット競艇日記 柾田敏行選手 今後の斡旋予定 | トップページ | 競艇ブログ 2007ネット競艇日記 峰竜太選手Today G1九州地区選手権4日目 »

トラックバック

« 競艇ブログ 2007ネット競艇日記 柾田敏行選手 今後の斡旋予定 | トップページ | 競艇ブログ 2007ネット競艇日記 峰竜太選手Today G1九州地区選手権4日目 »