無料ブログはココログ

競艇ネット投票会員申し込み

« 柾田敏行選手 森岡満郎選手 今日のレース | トップページ | 1月8日 柾田選手・森岡選手レース展望 »

2007年1月 7日 (日)

ドラゴン捲くり炸裂(蒲郡11R 森岡満郎選手)

インターネットでの競艇 第14回

1月7日 結果報告

◎僕のヒーロ・ベテラン編・柾田敏行選手(戸田競艇場)

戸田1R6号艇で登場です。ピット離れに注目してましたが、どうも今回のモーター重そうっすね。ピストンリング交換されましたが、ピット離れて1マークに行く途中であかんなぁこら。みたいな感じで阿波勝哉選手のピット離れみたく、悠然とまわっていかれましたね。スタートタイミングもコンマ35で、起こすのもしんどそうですね。レースは結局3コースから捲くった3号艇中谷有希選手が1着で、柾田選手5着に終わりました。今節は苦戦しそうですけど、何とか機力整備して戦える足にしてください。

こちらは昨日から見学応援に徹すると決めてたので収支関係なしでした。

◎僕のヒーロー・中堅強豪編・森岡満郎選手(蒲郡競艇場ナイター)

強風の中、1Rから安定板装着のレースが続きます。真冬のナイター。寒い中選手や関係者の皆様大変なご苦労があると思いますが、ネット競艇ファンのためにも頑張ってください。

まず6R5号艇で登場。今朝書いたようにコース取りが鍵になりました。

森岡選手果敢にインを奪取。ただ不安定な強風の中で進入は深くなり100メートル起こしとなりました。進入は5・1・6/3・4・2となりましたが、スタートはコンマ32と6艇の中で最低のスタートで、完全に後手を踏む形になりました。1マークは全体的にスタート遅い中コンマ10のトップスタートを放った好モーターを手にした3号艇奥平拓也選手の捲くりが決まりました。森岡選手完全につぶされたかと思いましたが、ターンマークに食らいつくように、回って何とか2着追走の竹村明選手に続き、BS3着の位置に踏み留まりました。ワンツーは既に決して焦点は3着争いになったのですが、2周1マークで全速ターンを決めた若手の2号艇加藤翔選手に抜かれ、2周BSでは4着に落ちましたが激闘の末3周2マークでけりをつけて3着を確保しました。

僕はこのレース、今朝から見学と決めていたので、収支関係なし。でもあの展開でつぶされなかった森岡選手やっぱ粘りもでてきましたね。

次に11R2号艇で登場。

1号艇に金子良昭選手がいる以上、2コースからどう戦うかが焦点になると予測してました。で鋭く差すとみて2-1それに最近進境著しく見える市川美宏選手をからめた3連単 2-1-6 1点張り5ポイントで投票してました。

結果はいかに?                                            進入は枠なり3対3。コンマ26と少しスタート遅れた金子選手に対し森岡選手は捲くりにでました。STはコンマ15でコンマ11の4号艇石田一吉選手のほうが早かったのですが、捲くりに出ようとした石田選手は3号艇滝沢芳行選手にあっさり止められ、その間に2コースドラゴン捲くりが炸裂しました。BSでトップ確立。鋭くターンマークを回った滝沢選手とワンツー体制が確立しました。人気を背負った金子選手はBS5番手から1周2マークで3番手まで位置を上げましたが、進境著しい6号艇市川選手との死闘状態になり、結局市川選手が3周2マークでけりをつけた形になりました。

結果2-3-6 380.1倍 2-3 38.1倍

森岡選手の戦法を事前予測で差しに決め込んだ僕は2-1-6 1点に5ポイント。でマイナス5ポイント。戦法を読み違えたオイラの失敗っす。

それにしても2-1-6でも160倍前後のオッズがついていた。結局こういう万券って、選手の現在力量の評価に対する偏りが生む万券っていうことなんでしょうね。アナウンスでも森岡選手は主力選手としては紹介されず、着をまとめてると紹介されていた。

怒れ森岡選手。実力はリアルタイムで進化していくのだ。ジャック・バウワーもなんかそんなこと言っていた気がする。で僕のリアルタイム手持ちは、431.2-5=426.2ポイントさて明日をどう戦うか。明日も休みやしじっくり検討しよう。

なお結果は戸田競艇場および蒲郡競艇場のオフィシャルページで確認してね。

« 柾田敏行選手 森岡満郎選手 今日のレース | トップページ | 1月8日 柾田選手・森岡選手レース展望 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン捲くり炸裂(蒲郡11R 森岡満郎選手):

« 柾田敏行選手 森岡満郎選手 今日のレース | トップページ | 1月8日 柾田選手・森岡選手レース展望 »